Hatena::Groupmanabiai

1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! このページをアンテナに追加 RSSフィード


クラスのみんなが伸びる(成長する)ために日頃から悩まれている先生方!?
みんなが伸びる(成長する)授業を目指したい方
すべての子ども達のために一緒に学びましょう!
上越教育大学の西川先生が提唱する『学び合い』の考え方を中心に
みんなが伸びる(成長する)学習の場づくりを共に考えています!


長野市で不定期に学習会や情報交換会を行っています。
この会には、教員(大学、短大、高校、中学校、小学校)
一般社会人、保護者、学生(大学院、大学、短大)、塾の先生
などなど実に多様なメンバーが集まって互いに高めあっています。


2009-12-06

「どうして先生に聞くの?」

| 22:23 | 「どうして先生に聞くの?」 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 「どうして先生に聞くの?」 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

という一言を発するのは勇気がいります。tm43919さんもコメントでそのように語っています。私の学校の先生も最初は躊躇しました。「子ども達に冷たい先生って思われそう」「先生は教えるのが仕事なのに・・・」「さぼっている(放任している)と思われそう」「保護者の反応が心配」などなどさまざまな思いが駆けめぐりそうです。

理由は簡単です。「先生に聞かない方が全員が分かるようになるから」です。私たちが目指しているのは、目の前の一人の子どもにじっくりとかかわり分からせてあげることではありません。そこしか見ていない人が見ればマンツーマンで丁寧に指導している姿はすばらしいかも知れません。我が子が先生に大切にされている!と思うかも知れません。でも全員の子どもとなるとどうでしょう?

先生がとなりの子どもに10分間付きっきりで指導しています。その間、我が子が聞きたいのをじっと我慢して机に座って待っています。やっと終わったと思って「先生!」と声をかけたら「ちょっと待ってて」と言われて前の子どものところで10分間丁寧に指導しています。そして「そろそろ時間です!次に進みますね」と・・・待っている子どもが我が子だったらどう思いますか?

私たちは目の前にいる一人の子どもではなく、目の前にいる一人ひとりの集合体である全員を預かっているのです。どの子ども達も学ぶことができる学習の場をつくるために発している言葉なのです!

自信を持って言いましょう。でもコメントの返事として次のように書きました。

「どうして先生にきくの?」と言うよりも「友だちに相談してごらん」「○○くんたち、いま同じところが分かるようになっていたよ」「(みんなに対して)○○さんが~で困っているみたいだよ」などなど肯定的に解決することもできるかと思います。

jun24kawajun24kawa2009/12/06 07:49昨日、来ると思っていました。残念。

ytk0820ytk08202009/12/06 10:28僕も、山梨から2名ということだったので、そうかi-Kawa先生も参加されるんだ~、と思っていました。
最初は残念だなと思ったのですが、その代わり山梨の公立中の先生にお会いすることが出来ました。
山梨にも広がってきているみたいです。昨日から、わくわくしています!!

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/12/06 16:5524kawa先生 本当に行きたかった!ytkさんのコメントにもあるように山梨の公立中学校の先生も参加したとのこと!すごく残念です。さらに、うちの職場の先生も行ける機会に会があるといいな!と思います。返す返すも残念です!!!

Ytkさん その先生とコンタクトとれる状態になっていますか?是非是非、誘いましょう!なんだか広がりが見えてきて嬉しくなってきました。

camel921camel9212009/12/07 00:51僕の知る限りで、山梨の会メンバーは3人そろった様です。今回のセミナーがつなぎ目になってくれたようで嬉しく思っています。今度は僕らが山梨の会にお邪魔する番ですね!

tm43919tm439192009/12/07 22:21アドバイスありがとうございます。
早速、「友達に相談してごらん。」と言ってみました。
とても「楽な気分」で言うことができました。
いつか、私に聞く前に、「友達に相談する」ようになる気がします。
ありがとうございます。

janglejapjanglejap2009/12/08 18:35私も「何で先生に聞くの?」は言えない派です。
質問に来られると「〇ちゃんが困ってるみたいよ~」ってすぐみんなに向かって言うか「お友達には聞いたの?」と答えることが多いです。
多分「何で先生に聞くの?」は私にはこれからも言えないでしょうが
「どの子ども達も学ぶことができる学習の場をつくるために発している言葉なのです!」と言う言葉にすごく納得&勇気付けられました!

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/12/08 22:54camel921さん コメントありがとうございます。セミナーお疲れさまでした!行きたかったのですが残念です。でも山梨の会に希望の光がさしています。今後ともご支援よろしく!

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/12/08 23:03tm43919さん janglejapさん コメントありがとうございます。
いろいろな表現方法がありますがポジティブなそして元気が出る言葉の方がいいな!と思う気持ちはよ~くわかります。私もそう思っていましたし今でもそういった思いに駆られることは多々あります。教師が子どもを信じ、教師は子どもにとって最良の環境をつくることにつながること。しかも教師の精神衛生上負荷がないことを探していきたいと思います。子どもも教師も保護者もそして学校も元気になるのが『学び合い』だと思います!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20091206

2009-12-04

英語の授業

| 22:11 | 英語の授業 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 英語の授業 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

コメントを下さった皆様。お待たせしました。

昨日の英語の授業を簡単に紹介します。

授業開始

当番が英語で挨拶をして本日の学習と関係が深い動詞を復習する。この間3分ほど、先生は日本語の語句が書かれている模造紙を掲示して「in English」と一言だけ。子ども達は日本語で書かれた動詞を英語にして読み上げる。(ここでも???となるがまあ、語彙を増やすためにはいいか・・・と流す。)

学習問題を提示

今日は写真に写っている人物について会話を作ってもらいます。といい、会話を掲示してnative&japaneseで会話を行う。

Do you know him? /Yes,I do./Does he dance?/No,he doesn't dance.He practices manzai.Bcause,he likes Taka&Toshi very much.

子ども達は、口々に「これをつくるんだ」と掲示物を見つめる。さらに、Noを使うために「違うことを言わなきゃいけないんだ!」とつぶやく子もいる。そのとき、nativeの先生は、会話をつくるときの条件を与える。

①疑問文が含まれていること。②否定形があること。③doとdoesが正しく使われていること。

japaneseの先生は今まで学習したdoとdoesの使い分けのシートを掲示しておく。そして、それぞれのグループの会話に3つのポイントが正しく含まれているか評価するように指示する。さらに、最後にグループになって会話をつくること、全部のグループができるようになることを話す。この間8分。

(グループを指定したのでちょっと???となる。また、発表はいるのか?と疑問に思う。反省会で指摘すると、グループ同士で聞き合っていたのでいらないかもとの返答、でも格好がつかないような気がすると本音も出る。これからの授業スタイルを考えると英語の先生方は話していた)

「さあはじめましょう!」

子ども達はグループごとにまず日本語で会話を考え、英語にしていく。英語にする段階ですぐにグループを離れて黒板にいってヒントを探す子ども、他のグループの様子を見る子ども。教科書を見る子ども。ノートを見る子ども。他のグループの子どもと相談する子どもなど活発に動き出す。(そこで、Does she grandmother?/No,she doesn't grandmother.と書く子どもが出現。注意深く観察開始。)3分くらいすると、英語が得意な子どもが来て、何か違うと指摘。でも4年生のレベルでは修正できなかった。他の英語が得意な子が来て、「考えてあげようか?」と言うが「今はいらない。」と断る。しばらくして他の子が、黒板の表を示してこれはBe動詞だと指摘。でも他の子が意味が分かるからあってるかも?と指摘。教科書を見て、やっぱり違うと言われる。そしてそのグループはDoes she ride the bike?と変更。他のグループでも様々な姿が見られるがそろそろ時間。だいたい28分くらい。(後の反省会で④be動詞は使わないこと。を条件にすべきと指摘されるが、そう指摘されるから日本人は英語を話せなくなる。十分通じる。とnativeの先生が話してくれた。)

発表させる

最後に4グループ発表させる。(それぞれの発表で3つのポイントが正しくできているか子ども達が指摘する姿にびっくりする!)

終わりの挨拶。

こんな感じで終わりました。会話をつくり修正しながら練習する28分は子ども達は自由に『学び合い』をしていました。もちろん一人で考え込む姿もありました。途中「先生!」と言う声が聞こえたのですが、「どうして先生に聞くの?友だちに聞いた?」と言われて友だちのところへ行く姿が何度も見られました。また、「あのグループへ行けばいいよ!」「教科書や黒板やノートみた?」など教師が教える姿がほとんどありませんでした。

以上、わかりにくくなってしまいましたが報告です!

masakichi-3masakichi-32009/12/05 00:05授業の報告ありがとうございます。
④be動詞を使わないこと。の条件に対するnativeの先生とのやりとりなど、こどもが学び合う姿を見て、こどもについて考えることで授業検討会が充実しているように感じました。
黒板には先生が用意したヒントが掲示されていたのですね。こどもが自分で調べることができるので便利だなと思いました。ありがとうございます。

tm43919tm439192009/12/06 15:00詳細な授業記録をありがとうございます。
年度始めから、英語の授業をたくさんやろうと思っていたのですが、『学び合い』を知ってから、どうやればいいのか悩んでいたので、すごくすっきりしました。

>>後の反省会で④be動詞は使わないこと。を条件にすべきと指摘されるが、そう指摘されるから日本人は英語を話せなくなる。十分通じる。とnativeの先生が話してくれた。

チャットでも申し上げましたが、nativeの先生が本当に理解のある方ですよね。子どもたちの間でも、「間違えたくない。」という気持ちは強いので、制限は少なければ少ない方がいいと思います。やはり、「通じればいい。」のですから。

>>途中「先生!」と言う声が聞こえたのですが、「どうして先生に聞くの?友だちに聞いた?」と言われて友だちのところへ行く姿が何度も見られました。

「どうして先生に聞くの?」とおっしゃった方はnativeの方でしょうか?Japaneseの方でしょうか?
最近、私はこの発言が冷たい気がして、最初は心を鬼にして冷たくしていましたが、正直でいようと思ってあまり言わなくなっています。一つの壁だと思っています。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/12/06 17:04tm43919さん 英語で『学び合い』の授業報告を楽しみにしています!
be動詞の扱いについては正直分かりません。どちらも正しいような気がするからです。英語については指導要領のような物がありません。中学校にものに基づいて行うとやっぱりなおすべきなのかも知れません。小学校の英語がどんな方向へ進むのかによって変わってくると思います。ただ言えることは、彼のような先生に教えてもらっていれば、私も英語を話せただろうと想像できることです。きっとそうに違いない!
それから「どうして・・・」はjapaneseです。nativeはまだまだアドバイスしたくなっています。でも我慢している様子が見られて目が合うと「good!」と合図を送っています。彼は苦笑いしています。
tm43919さんの悩みですが分かります。でも子ども達はよく分かっています。「どうして先生にきくの?」と言うよりも「友だちに相談してごらん」「○○くんたち、いま同じところが分かるようになっていたよ」「(みんなに対して)○○さんが~で困っているみたいだよ」などなど肯定的に解決することもできるかと思います。参考までに

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20091204

2009-11-27

英語でも!

| 00:14 | 英語でも! - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 英語でも! - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

課題を全員の子どもがクリアしました!100%です!はじめて全員ができました。うれしかった!

という報告をもらいました。英語でも取り組んでもらえています。嬉しかったです。でもでも、まだ実際に見ていません。方法論で実践しているのか?考え方なのか?

ただ少し思うことがあります。話を聞いたり、他の先生が実践しているのをみて、自分でもやってみたらすごい可能性を感じて、そして本気で信じられるようになっていくようです。その段階で考え方が変わってくるのかな?と…

ghjalghjal2009/11/27 19:11校内でも校外でも確実に輪が広がっている隣県の様子がうれしいです。山梨の会。もし、可能ならば参加してみようかな?

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/11/27 22:29ghjalさん コメントありがとうございます。
開催するときにはアナウンスします!是非、参加してください。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20091127

2009-11-26

社会で

| 18:29 | 社会で - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 社会で - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

異学年の『学び合い』が見られました。1年生と4年生が一緒に都道府県を覚える課題に取り組みました。4年生は県庁所在地まで覚えます。社会の先生が自発的に取り組んでくれました。話を聞くと私が紹介した異学年の取り組みをいつかやってみたいと思って実行したようです。1年生に教える4年生の姿や、普段よりも一生懸命取り組む1年生の姿に学年の先生方は驚いていました!とってもいい姿が見られました!

1年生の先生に今度は6年生と一緒にしませんか?と話しておきました。時間割の関係でなかなか難しいのですが何とか実現させたいと思っています。

今日も、まだまだ学校で~す。ふぅ。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20091126

2009-11-24

山梨の同志はいませんか!

| 20:52 | 山梨の同志はいませんか! - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 山梨の同志はいませんか! - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

Ytkさんが知人を当たってくれています。若いのにすごいです!頼りにしています。

他にも他県から参加表明をして下さる方がたくさんいます。直接の面識が無くても声をかけて下さい!楽しみにしています!とかかれると嬉しくなります。今年度中には一度は開きますのでお待ちを!

Ytkさん、宣言してしまいました!

自分で自分の首を絞めるのはN研のメンバーの特徴です。それを見て見ぬふりをして、ふぉふぉふぉと笑っている事も承知でした。修了してまで同じ感覚になるのはなぜでしょうか?でも今回はちょっと違います。保護者や子ども達からのプレッシャーに同じ感覚になっています。のらりくらりと逃げられそうもありません。

ytk0820ytk08202009/11/24 22:47僕は、自分で自分の首を絞めるのは辛いので、心に決めても暫くは固く口を閉ざすようにしています(笑)。口を開くと後には引けないですからね。そして、もう後には引けなくなりました、運命を共にする覚悟です!!
ただ、実はまだ友人には『学び合い』を話してないんです。同じ学校で働いたり、一緒に教採を戦ってそして散っていった仲間です。『学び合い』はとても当たり前なことなのに、受け入れられるまで時間がかかるような気がします。なので、どんな反応が返ってくるのかとても不安になるのです。近いうちに意を決して連絡を取ってみようかなと思っています。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/11/25 12:56お互いにできることをやっていきましょう!その積み重ねしか方法は無いと思います。

janglejapjanglejap2009/11/25 17:34宣言拝見しました!
がんばってください♪

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/11/25 23:25janglejapさん
コメントありがとうございます。力を合わせて前進したいと思います。応援よろしくお願いします。

sumimonsumimon2009/11/25 23:44諏訪市出身です。駆けつけます!

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/11/26 00:01sumimonさん コメントありがとうございます。
是非是非お願いします。諏訪ならこちらまで通っている学生さんがたくさんいます。楽しみにしています!あずさの会に変更しましょうか!

一児の父親一児の父親2009/11/26 14:31こんにちは。
私は教職員ではありませんが、興味があるので、もし(日程的に都合がつけばの話ですが)可能であるなら、参加させていただけないでしょうか?・・・
みなさんの邪魔にならないよう、後ろの方でこっそり(笑)と、お話が聞ければ・・
全国的には保護者の参加とかあるんでしょうか?
すみません、そのへんの情報や知識が無いのですけれど・・

sumi-chansumi-chan2009/11/26 14:55一児の父親さんへ

各地の『学び合い』セミナーで、保護者の方が参加されていると聞いています。

私の知る限りでも、東京と神奈川では保護者の方がセミナーの事務局で活躍されていますし、今年1月の群馬セミナーでは、保護者の方が4名発表されていました。
お子様とご一緒に発表された方もいらっしゃいましたよ。

また、今年6月の埼玉セミナーでは群馬の中学生が発表してくれましたし、神奈川セミナーでも小6で『学び合い』体験をした中2の子たちが『学び合い』について話をしてくれました。

『学び合い』セミナーでは大抵フリートークの時間がたくさんとられていますが、このようにいろんな立場の人が集まってごちゃごちゃと話ができるところが『学び合い』の会の大きな魅力の1つだと思います。

是非ご家族でご参加ください♪

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/11/26 18:20sumi-chanさん ありがとうございます!
一児の父親さん sumi-chanさんの情報の通りです。是非是非参加してください!アナウンスいたします。全国で展開されているセミナーような規模ではないと思います。おそらく『学び合い』を語る茶話会のようなものになる可能性があります。でも次につながるものを積み上げていきたいと思っています。またアナウンスさせてもらいます!

一児の父親一児の父親2009/11/27 10:56sumi-chanさん 
i-Kawa-nakajima先生
ありがとうございます。
お言葉に甘え、都合が合えば参加させていただきたいと思います。
よろしくお願い致します!

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/11/27 18:28こちらこそ!よろしくお願いします。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20091124

2009-11-15

防備録「最初の語り」

| 01:19 | 防備録「最初の語り」 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 防備録「最初の語り」 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

最近の語りを残しておきます。『学び合い』の同士の皆さんの間では、言い尽くされたものですが、自分と山梨の仲間のために。

先生は、ここにいる全員が今日一日、こんなにできるようになった。分かるようになった。と実感できる授業をみんなとつくりたいと思います。一人残らず、全員です。

ちょっと想像してみてください。

一方は先生が言った課題を自分や一部の人たちだけができて、他の友だちはできていない状態を。そしてできる人はどんどん自分のペースで学習を進めます。自分だけはよくできて、後の友だちの多くはできない状態です。できない人は、先生に教えてもらいます。自分の番が回ってくるまで待ちます。先生は一人一人丁寧に教えてくれます。一人3分かけて教えます。問題を解く時間は15分です。5人の分からない友だちが教えてもらいました。でも、残り5人は時間が足りなくて待ったままでした。そして答え合わせをするときに先生の答えを聞いて写してその日の授業が終わりました。

もう一方は、できる人とできない人がいるのですが、できる人はできない人に知恵を絞って教えます。できない人はわかりやすく教えてくれそうな人に分かるようになるまで質問します。そしてみんなできるようになります。どうでしょうか?どっちがいいですか?

<中略>

では、全員ができるようにみんなで協力して課題に挑戦しましょう。

挑戦するについて、いくつかの約束があります。

一つ目は、学習者はみんなです。ですから学習するのはみんなです。先生ではありません。先生に聞く前に友だちに聞いたり、何かで調べたりしてください。

二つ目は、学習する方法は君たちが決めてください。課題を解決するために一番よいと思う方法を選んでください。ただし、先生に聞かないとできない方法もありますので相談してください。

三つ目は、答えを出すことではなく、なぜそうなるのか?どうしてこの方法で解けるのか?という事を考えてください。

この結果、一人残らず全員ができるように、そして分かるようになったと実感できる時間にしましょう。想像できますか?

<中略>

いいですよ。立ち歩いたり、友だちと相談してもいいですよ。それが課題を解決するために一番いい学習方法だと思ったらかまいません。

写してもいいですよ。なぜ、そうなるのか?どうしてこの方法で解けるのか?説明できたらいいですよ。(同じような課題を自分の力で解けるようになっていればいいですよ。)

それでは、課題を言います。時間は○○分間。○時○分までです。では、はじめてください。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20091115

2009-11-13

目的ではなく考え方

| 10:57 | 目的ではなく考え方 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 目的ではなく考え方 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

N先生より指摘をされたことを考えていました。

学び合い』すばらしい!いいことだ。実践している同士もすばらしい成果を上げている。だから、是非とも自分も『学び合い』をさせたい。という考え方はまずいのだと。

学び合い』は子どもの有能性を信じて、そして学校教育の枠組みの中で自然な学びの姿を取り戻すことだと理解しています。このことから、子どもたちは学ぶ方法として自然に『学び合い』をするはずなのです。

きっと、他の先生には、私が『学び合い』はすばらしい!だからだまされたと思ってやってみればいい!と怪しい宣教師のように映っていたのかも???と思ってしまいました。

分かっているつもりだったのですが・・・ついつい、なぜこんなにいいものをやらないんだろう!と思ってしまいます。このことが私を包み込むオーラになってしまうのでしょうね。学び合わせるのはナンセンスだということを、学習方法は学習者が選ぶということを、もう一度確認してまた現場に戻ります。

教員が、自由な雰囲気の中で学び合う集団になれないとだめですね。考え方を語って、授業を見てもらったり一緒にやったりして「これはイイ!」「すごいね!」と思ってくれた先生は、あまり言わなくてもやってくれるようになります。やらせるようではだめなことくらい分かっていたつもりだったのに・・・情けないです。

まだまだ修行中です。

katokiti2003katokiti20032009/11/13 18:33私の学校は、まずは気軽に授業中の教室に入っていける、職員集団の雰囲気作りが必要かも知れません。反省です。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/11/14 08:28katokiti2003さん 
コメントありがとうございます。
私の学校はフルオープンスペースなのでパーテーションで仕切らない限りいつでもどこでも丸見えです。これはかなりのアドバンテージだと思います。

ghjalghjal2009/11/14 22:17>ついつい、なぜこんなにいいものをやらないんだろう!と思ってしまいます
私もそうしたオーラを払拭したいなと思います。『学び合い』は考え方だから…子供も教師も必要を感じて、選び取っていくものでしょうね。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/11/15 00:06ghjalさん コメントありがとうございます。
そうなんですよね!さっき、メールでやりとりした先生が、勉強会をしましょう!と言ってきました。これで3名以上の勉強会ができそうです。1ヶ月後の12月になりそうですが。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20091113