Hatena::Groupmanabiai

1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! このページをアンテナに追加 RSSフィード


クラスのみんなが伸びる(成長する)ために日頃から悩まれている先生方!?
みんなが伸びる(成長する)授業を目指したい方
すべての子ども達のために一緒に学びましょう!
上越教育大学の西川先生が提唱する『学び合い』の考え方を中心に
みんなが伸びる(成長する)学習の場づくりを共に考えています!


長野市で不定期に学習会や情報交換会を行っています。
この会には、教員(大学、短大、高校、中学校、小学校)
一般社会人、保護者、学生(大学院、大学、短大)、塾の先生
などなど実に多様なメンバーが集まって互いに高めあっています。


2011-01-02

朝日新聞2

| 17:52 | 朝日新聞2 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 朝日新聞2 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

昨日、大急ぎでブログを書いたら、コメントにいろいろと意見をいただいて、それに対する返事を書いていてこっちにも!と思いました。

正直、参ったな・・・と思いました。このようなケースはいった者勝ちの面が多分にあり、いくら反論したところで深みにはまるケースが多いのかと思いました。それだけ意識されるようになったと思うことにしましたが、これからが正念場だと思いました。露出が多くなり注目されてくると、さまざまな面で、今までのようにはいかないかと思います。実践の世界、学術の世界の両面で地に足をつけた実践を重ねることしかないと思うのですが、発信の方法が大切になってくるな。と思います。多くの人に理解してもらえるような方法を考えないと。インターフェイスの部分が大変重要になると思いました。力を終結していかないといけないなと思います。

新聞の実践は教師が仕組んだレールの上を歩ませるという点では今までの考え方と、あまり変わらないのですね。子どもの力を信じるレベルの違いでしょうか?それとももっと根本的な違いなのでしょうか?私には記事の真意ははかりかねますが・・・都合よく読み解けば、今までの指導に疑問を持ち始める機運は高まったのかな?とも思えるかな?と考えるようにしています。

でも、子ども任せにしてはいけない。あくまでも授業時間における学びの流れを作り、教師にとって意味のあると考えられる方向に誘導するという意味での、コンダクターとしての役割は教師だ。というようにも読み取れたりして・・・というか読めちゃうなぁ・・・これは我々の主張との大きな相違点かな?とも思います。この方が多くの先生には受けはよさそうですが・・・

こんなことを書くと、私のは『学び合い』かな?とか『学び合い』は難しい。わからない。教師の役割は?放任と何が違うの?といわれちゃいそうですが・・・

う~ん。考えちゃいますね。

やっぱり、私たちもしっかりと勉強をしていきたいな!と思います。山梨の会のあり方も、授業のビデオを持ち寄り、ディスカッションする時間が欲しいな!と思いました。3つの教育観がぶれていないかについてしっかりと見極めないと。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20110102