Hatena::Groupmanabiai

1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! このページをアンテナに追加 RSSフィード


クラスのみんなが伸びる(成長する)ために日頃から悩まれている先生方!?
みんなが伸びる(成長する)授業を目指したい方
すべての子ども達のために一緒に学びましょう!
上越教育大学の西川先生が提唱する『学び合い』の考え方を中心に
みんなが伸びる(成長する)学習の場づくりを共に考えています!


長野市で不定期に学習会や情報交換会を行っています。
この会には、教員(大学、短大、高校、中学校、小学校)
一般社会人、保護者、学生(大学院、大学、短大)、塾の先生
などなど実に多様なメンバーが集まって互いに高めあっています。


2010-07-04

長野の会in松本に参加してきました

11:01 | 長野の会in松本に参加してきました - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 長野の会in松本に参加してきました - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

横浜と長野のどちらにしようかと考えていたのですが、結局、朝、学校へ行って仕事をしてからしか参加できなくなってしまいました。そいうことで選択肢がひとつになり、前日にkanさんに申し込みをしてばたばたと参加しました。

結果的に、いろいろと予定を調整して参加してよかったです。

というのは、今まで、出前授業や信州セミナー、越後の会で行っていた子どもたちを前にした授業というのはとっても楽しく学ばせてもらったのですが、大人を対象にした模擬授業ということに対して う~ん・・・ と煮え切らない思いを感じていたのです。どうしても参加していると、自分がイメージしている『学び合い』になるように演じている自分にちょっと疑問を感じていたからかも知れません。

 しかし、今回は違いました。自分たちで考えた課題についてまともに授業に入っていました。そして、自分ひとりではいかんともしがたい重い空気が流れる中、他の参加者とローカルな会話をしていく中でどんどん自分の考えが広がっていくことを体感できました。一人よりも多数で考えたほうがいい!と実感できたのです。この経験そして、快感こそが『学び合い』を支えるエネルギーになると思ったのです。

 私は国語のグループで行ったのですが、本当によかった。

 それから、会の運営は本当にすばらしかったです。私の今回の参加の大きなねらいは、会の運営の様子を偵察することでした。あまりにすばらしくてびっくりです。8月7日(土)の「山梨の会」はこんなにすばらしくなるか分かりませんが、西川先生、三崎先生、水落先生がそろい踏みです!これは上越、新潟、長野以外でこんなことが実現できるなんてすばらしい!とっても楽しみです。みなさんも楽しみですよね!フォーラムの翌日は山梨へ集まりましょう!

ちなみに、山梨セミナーの午後は理科教育学会で三崎先生を中心に、長野と山梨のメンバーで課題研究発表を行います。そちらもよろしくお願いします!

SNE6149SNE61492010/07/04 14:34昨日はありがとうございました。
>この経験そして、快感こそが『学び合い』を支えるエネルギーになると思った
運営する側としてそう感じていただけたことがとってもうれしいです!
理科教育学会でもよろしくお願いします。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/07/04 14:51こちらこそありがとうございました!本当に、あっという間に終了の時間になってしまった感じがしました。運営の大変だったと思いますがいい会を作っていただき感謝です。
もちろん、夏は山梨でお会いできるのですよね!楽しみにしています!

kan66kan662010/07/05 19:07遅くなりましたが、セミナーにお越しいただきありがとうございました。
ちょっとでしたが、国語の課題について話せ、勉強になりました。
8月は山梨セミナー、理科教育学会でお世話になります!
またお話しできることを楽しみにしています。

maya-1maya-12010/07/06 08:19お忙しい中お越しいただき感謝です。北信の会の発足にきたいしています。8月7日のセミナー参加の方向で検討させて頂きます。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/07/06 10:44kan66さん 長野の会では大変お世話になりました。スケジュール的に厳しかったのですが無理して行ってよかったと思いました!山梨セミナーもそういう会にしたいと思います。
maya-1さん こちらこそ、懇親会にも当日申込で参加させてもらいありがとうございました。懐かしい友人にも会えていろいろと話せてよかったです。北信(飯山)は私も実家があり週末はいつもいます。是非、参加したいと思います。きっと実現すると思います!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20100704