Hatena::Groupmanabiai

1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! このページをアンテナに追加 RSSフィード


クラスのみんなが伸びる(成長する)ために日頃から悩まれている先生方!?
みんなが伸びる(成長する)授業を目指したい方
すべての子ども達のために一緒に学びましょう!
上越教育大学の西川先生が提唱する『学び合い』の考え方を中心に
みんなが伸びる(成長する)学習の場づくりを共に考えています!


長野市で不定期に学習会や情報交換会を行っています。
この会には、教員(大学、短大、高校、中学校、小学校)
一般社会人、保護者、学生(大学院、大学、短大)、塾の先生
などなど実に多様なメンバーが集まって互いに高めあっています。


2010-01-31

『学び合い』山梨の会 の参加者を増やすには?

22:53 | 『学び合い』山梨の会 の参加者を増やすには? - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』山梨の会 の参加者を増やすには? - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

どうすればよいのでしょう?目下、Ytkさんと私の悩みです。3年間は悩みもがく予定です。いろいろと試行錯誤する予定です!そのためには核となるメンバーを5人~10人は集めたい。そうしたらなんとでもなりそうな予感がします。山梨大学教育学部、うちの短大の教員志望の学生!などなどいろいろと手を尽くそうと思います。

基幹教育研究会 福島大会 の感想

22:29 | 基幹教育研究会 福島大会 の感想 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 基幹教育研究会 福島大会 の感想 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

授業は見事な筑波流でした。多くの先生たちが憧れているようです。一度見た人なら分かると思いますが、よく練られた素材を子どもにぶつけてそこで返ってくる「つぶやき」を実に見事に拾って授業を構成していく様は職人芸です。先生と子どもたちの関係もとてもよく、見ていて思わずにこにこしてしまう雰囲気がありました。

でもでも???発言できる子どもは先生がコントロールしています。無数にある宝石のような拾われない「つぶやき」がごろごろと転がっています。その中には先生が意図的に拾わないもの、それから気付けなかったものなどがあります。『学び合い』なら・・・全部解決できそうだ!と思ってしまいました。

意図的に拾わなかった「つぶやき」も様々な理由によってそうされたと思います。でもそれが必要かどうかは学習者である子どもが決められることだと思います。『学び合い』なら気付かなかった「つぶやき」も生きるでしょう。それからお客様になっていた児童もそんなわけにはいきません。

なんだか批判的になっていますが、おしいな!と思うのです。あんな職人技がなくてももっとすごいことができるのに!と思ってしまうのです。

筑波の先生は公立学校のプロトモデル、フラッグシップだと思います。私が憧れた先輩先生も筑波の先生でした。でも私たちが目指しているのは従来の考えには収まらないのです。

私は現在、勤務校で授業を担当していません。来年こそは自分も授業担当したい!と強く思いました。そして福島で感じた違和感がない学習の場を作りたいと思いました。筑波の先生をお招きして見てもらいたいと思いました!

大会要項を見ていて一番興味があったのは最後の講演でした。だからきちんと最後までいました!「消えない学力」についてです。この講演は期待を裏切らなかった!

講師の山本先生は先生が『なぜ!』や『なんで!』と子どもに迫るのではなく、子どもたち自らが沸き起こす「『なぜ?』や『なんで?』でなければならない。とおっしゃいました。反復練習などで繰り返し行うことは、子どもたちの興味関心を無視し、手順だけを覚えさせようとすることなので、大人になっていざ思い出そうとしても、思い出せないし、使えない。これは「消えない学力」とは言えないと話していました。

そして「消えない学力(論理的思考力)」を育む条件として、

適度な緊張感、安心感、知的な刺激、できたという感動感、連帯感、自己有能感

と言いました。

そのための教師の役割として

安心して問える・問いたくなる場づくり、教材や友達の考えを照合する活動の充実、

再現する活動の日常化、操作活動の保障、照合したことを書く活動の充実・細分化、定型的な授業展開からの脱却、教師自身が学習することや授業づくりを楽しむ

簡単にいえば「なぜ?と問える子どもを育てること」とのことでした。

従来型の授業のなかで教師の授業技術を高めることに熱心だった参加者の中にあって『学び合い』で起こる出来事を想像しながら大きくうなずきながらこの講演が聞けたことがなんだか新鮮でした。そして近い将来、筑波のような日本の学校教育をリードする学校で『学び合い』が当たり前に行われている姿を想像してしまいました。

あらためて自分の授業の現場に筑波の先生をお呼びしてコメントを聞きたいと思いました。

『学び合い』山梨の会のお知らせ!

21:39 | 『学び合い』山梨の会のお知らせ! - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』山梨の会のお知らせ! - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

いよいよ山梨の会が始まります。いよいよ始動です!!!

記念すべき第1回は 2月11日(木)13:00~15:30

甲府市社会教育センターで行われます。http://www.city.kofu.yamanashi.jp/contents/content/view/3719/210/

駐車場に限りがあります。公共交通機関または乗り合わせてご来場ください。

参加資格は『学び合い』に興味・関心がある人すべてです。

内容としては、授業DVDを見ながら『学び合い』を体験しよう(担当:市川)

引き続き、質疑応答を行います。

その後『学び合い』との出会いと題してYtkさんに日常の悩みを含めて

話題提供してもらいます。

最後にフリートークで終了です。

会費 予定では300円(お茶とお菓子、印刷実費のみ)

申し込み方法 2月9日(火)までに

事務局 1kawanakajima◎gmail.com

    nasnath◎gmail.com までメールにてお願いします。

(※ ◎を@にかえてください。迷惑メール防止のため)

なんだか、すごく小ぢんまりとした会になりそうです。

Ytkさんと二人ならどうしようか…と不安になってます。でも石の上にも3年、

やり方などを工夫して細く長く続けていきたいと思っています。

山梨のみなさん、是非是非ご参加を!

hideki55hideki552010/02/01 23:34いのっちです。微力ながら、私も参加しますので、よろしくお願いします。市川さん、那須野さんにお会いできるのを楽しみにしています。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/02/01 23:46いのっちさん コメントありがとうございます。こちらこそ楽しみにしています。少しでも多くの方に参加してもらえたら嬉しいです!

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20100131