Hatena::Groupmanabiai

1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! このページをアンテナに追加 RSSフィード


クラスのみんなが伸びる(成長する)ために日頃から悩まれている先生方!?
みんなが伸びる(成長する)授業を目指したい方
すべての子ども達のために一緒に学びましょう!
上越教育大学の西川先生が提唱する『学び合い』の考え方を中心に
みんなが伸びる(成長する)学習の場づくりを共に考えています!


長野市で不定期に学習会や情報交換会を行っています。
この会には、教員(大学、短大、高校、中学校、小学校)
一般社会人、保護者、学生(大学院、大学、短大)、塾の先生
などなど実に多様なメンバーが集まって互いに高めあっています。


2009-12-09

打ち合わせ

| 23:04 | 打ち合わせ - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 打ち合わせ - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

授業の打ち合わせを行いました。『学び合い』を行っているA先生が3人のTTで授業を行う予定になっていてその授業の説明を受けました。A先生がぜひとも3人そろったところで話をしたいというので時間を作りました。私は、考え方として『学び合い』を伝わっているか?という一点に絞って話を聞きました。聞いてみて、ちょっと不安が残ったのでいろいろと聞きました。一緒に授業をするB先生には理想の子ども像があります。そして、理想の子ども像に迫るための方法を語るのです。「一人で考えなさいって言ってから自由に…」「まず立ち歩かないで自分の考えを持たせてから学び合うように…」う~ん。まさに『学び合い』ではなく学び合いをさせる状態になっているのです。心配な点についてB先生に何度か質問しました。とくに「全員ができるようになることを目指しているのか?」という点について何度も質問しました。方法を示すことをすると子どもの学びの多様性に対応しきれなくなります。全員が目標を達成するためには一人一人に応じた学び方を補償する必要があると考えます。『学び合い』を行っているA先生は簡単に理解してくれました。「全員が目標を達成できる授業を考えてください」と言ったら、授業を担当する3人でもっと突っ込んだ打ち合わせをするというので任せました。A先生に「授業、期待しているよ!」と言い残して任せました。どんな授業になるか楽しみです。授業は金曜に行われます。授業は先生がみつけた支援が必要な子どものためだけではなく全員のものだということ、そして先生は授業中に支援が必要な子どものことをすべてわかるわけではないということを肝に銘じておきたいと思います。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20091209