Hatena::Groupmanabiai

1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! このページをアンテナに追加 RSSフィード


クラスのみんなが伸びる(成長する)ために日頃から悩まれている先生方!?
みんなが伸びる(成長する)授業を目指したい方
すべての子ども達のために一緒に学びましょう!
上越教育大学の西川先生が提唱する『学び合い』の考え方を中心に
みんなが伸びる(成長する)学習の場づくりを共に考えています!


長野市で不定期に学習会や情報交換会を行っています。
この会には、教員(大学、短大、高校、中学校、小学校)
一般社会人、保護者、学生(大学院、大学、短大)、塾の先生
などなど実に多様なメンバーが集まって互いに高めあっています。


2009-12-02

英語でできるとは…

22:31 | 英語でできるとは… - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 英語でできるとは… - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

思っていませんでした。でも、できたんですよ。しかも100%」

今日、英語の授業の構想を話し合っているときに出た話です。nativeの先生とJapaneseの先生を相手に半分英語での話し合いです。そこで、すごいと思ったのが、Japaneseの先生がnativeの先生を洗脳していたことです。表現がまずいですね…nativeの先生に伝えていたのです。ですから話が早い。子どもに考えさせたい。子どもを信じる。という言葉が頻繁に登場します。明日も授業があります。是非見に来て!とリクエストされました。見に行くのが楽しみです。

余談ですが、自分の語りが長嶋さんやルー大柴のようになっていました…

o4dao4da2009/12/02 22:42もう少し課題を教えていただけないでしょうか。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/12/02 22:56o4daさん コメントありがとうございます。
うちの学校は1年から週3時間、英語の授業があります。その4学年の授業です。100パーセント達成した課題は「会話の中でdoとdoesを正しく使うことができる」です。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/12/02 23:00ちなみに、今日話し合ったのは、写真をみてそこからnegative sentenceとquestionがある会話をつくる。さらにそこでdoとdoesを正しく使えているかチェックする。という課題です。子どもたちが教えられずに学ぶだけの情報は用意してあるからチャレンジすると言っているので見に行きたいと思います。ちなみにnativeの先生初の情報ボードとしての板書計画を作ってきました!驚きました。

masakichi-3masakichi-32009/12/02 23:42私も少し質問させてください。
情報ボートとしての板書計画とはどのようなものでしょうか。黒板を情報交換に用いるということでしょうか。

iku-nakaiku-naka2009/12/03 07:26すみません。私も英語の『学び合い』について、もう少しくわしく教えて欲しいです。嫁さん(中学校英語科)を説き伏せる「ネタ」にしたいので・・・。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/12/03 08:27masakichi-3さん iku-nakaさん コメントありがとうございます。
おはようございます。今日の授業を参観した報告を書かせてもらいます!
※子どもの学年が学年閉鎖のため子守に帰りますのでアップが遅くなります。お許しを。かみさんは懇談期間中で休めないので・・・

tm43919tm439192009/12/03 21:51私もとても興味がありますので、授業記録を楽しみにしております!

1月の3連休中に、ミナトちゃんに会いに山梨に行きます!
その頃に何か動きがあるようでしたら、教えてください!

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/12/04 22:43tm43919さん コメントありがとうございます。
読みにくい授業記録をアップしました。どうすれば読みやすくなるのかな?考えなければいけませんね。
1月の3連休ですか!大月まで来られるのですね。県内に来られるようでしたら動きたいですね!ytkさんと連絡でもとってみようかな!Tさんにもよろしくお伝え下さい。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/12/04 23:35情報ボードとしてというのは、子どもが必要になるであろう情報を掲示しておくのとリアルタイムで追加していくということです。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20091202