Hatena::Groupmanabiai

1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! このページをアンテナに追加 RSSフィード


クラスのみんなが伸びる(成長する)ために日頃から悩まれている先生方!?
みんなが伸びる(成長する)授業を目指したい方
すべての子ども達のために一緒に学びましょう!
上越教育大学の西川先生が提唱する『学び合い』の考え方を中心に
みんなが伸びる(成長する)学習の場づくりを共に考えています!


長野市で不定期に学習会や情報交換会を行っています。
この会には、教員(大学、短大、高校、中学校、小学校)
一般社会人、保護者、学生(大学院、大学、短大)、塾の先生
などなど実に多様なメンバーが集まって互いに高めあっています。


2009-11-14

昨夜、プレ「山梨の会」の準備???

| 21:57 | 昨夜、プレ「山梨の会」の準備??? - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 昨夜、プレ「山梨の会」の準備??? - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

昨夜、同僚の一人と飲みました。ただそれだけですが、『学び合い』談義で心地よく飲みました。沖縄料理の店で二人であっという間に泡盛を1本あけてしまいました。ビールを飲んだ後の泡盛1本はなかなかでした。「山梨の会」ということを意識したわけではないのですが、次回はもう少し輪を広げると楽しいな!と話したりもしました。

題名がまどろっこしいですが、そのままの雰囲気です。山梨の会と言うより、校内の同僚と話していただけの事です。

このブログをみた山梨の教育に関心をお持ちの方からアクションがあることを祈りつつ・・・

大事な1日でした。

21:43 | 大事な1日でした。 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を! を含むブックマーク はてなブックマーク - 大事な1日でした。 - 1Kawaの日記 北信濃で『学び合い』を!

今日は、私の学校にとって大事な1日でした。今までいた学校では無いことです。そう。入学試験の日だったのです。入ってもらってなんぼの世界です。結構大変です。少子化、不景気、はたまた高校無料化・・・私学にとっては大逆風。でもおかげさまでそんな中でもがんばって健闘しています!手前味噌ですが、私の勤務する学校はハード面もさることながら質の高い先生、プログラムが用意されていると思います。先生が必死になって授業を流すと言うより、子どもの学びに目を向けて実践が行われています。子どもの有能性を信じ、最大限に引き出せる『学び合い』が溢れる授業がもっともっと行われたら、入学者全員が幸せになって卒業できる学校になると思います。そしてそのことを子ども達、保護者、先生などなど関係者全員で理解し、実感で切れば、もっともっと支持されると思います。

始めまして始めまして2009/11/15 11:14子どもを持つ親として『学び合い』に興味を持ち、いつも拝見させていただいております。
私は教育者でも何でもない一介の保護者に過ぎず、専門的な知識は持っていませんが、こちらのブログを知り、読ませていただく中で『学び合い』に興味を持ち、実際に先生が実践されておられる学校の説明会及び公開授業を見学させていただきました。特に一年生の数の授業、三角形と四角形の違いの授業を興味深く拝見し、教師が問題を提起し、それを子どもたちが友達と様々な道具を使ってお互いに考え合う姿を通じ、ほんの少しですが『学び合い』の一端を見せていただくことが出来ました。子供たちの自然な生き生きとした笑顔が印象的で是非我が子にも、この環境で学ばせたいことを強く思いました。
実は昨日、その強い思いを抱いて面接に望ませていただきましたが、口下手なのと極度の緊張で思いを伝えることが上手に出来なかったことが悔やまれます。
先生の提言される『学び合い』は学校教育だけでなく保護者の認識も深めることで家庭での子どもとの接し方にプラスになることと私は信じております。
今後も一介の読者として、興味深いお話を読ませて頂きたいと思っております。
いきなりの乱筆乱文、失礼いたしました。

ytk0820ytk08202009/11/15 12:16横から失礼いたします。
私は県内の公立校で非常勤講師をしております。私も『学び合い』に共感した一人です。新潟の上越教育大学で産声をあげた『学び合い』は今や全国に実践家がおります。しかし、県内の状況としては、このブログのi-Kawa-nakajima先生の学校で『学び合い』が行われている他は、ほとんど実践されていません。むしろ、知られていないのかもしれません。そのような中で、このコメントを読ませて頂きまして、とても嬉しく思います。
おっしゃる通り『学び合い』は学校教育だけのものではありません(全国各地の『学び合い』の会には保護者のかたも多く参加されています)。また、私立校一校の実践だけでは県や国レベルで見ると、焼け石に水であるかもしれません。私立公立に限らず、また学校の内外に限らず『学び合い』が広がることがこれからの社会にとって大きなプラスになるはずです。保護者のかたに『学び合い』を知っているかたがおられるというのは、非常に心強い限りです。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/11/15 14:35コメントありがとうございます。
そして、本校を受験していただきありがとうございました。緊張されたとのことですが、おそらく皆さんも緊張されていたと思います。子ども達もよく頑張りました。4月からお子様と一緒に学習できることを楽しみにしています。

身の引き締まる思いです。保護者の方も読んで下さっていることを知り、そして本校に興味を持っていただいて本当にありがたいと思います。事情があって私のいる学校の名前を堂々と出していませんが読む方が読むと分かるかな?と思ったりしています。ただ、このブログは個人の資格で書いていることを承知して下さい。学校を代表して書いているわけではありません。ある程度自由な立場で書きたいと思っています。本校では『学び合い』の精神が強く根づいているかはまだ自信をもって「yes」といえない状況です。でも読んでいただいているとおり賛同している先生が増えてきています。ともすれば放任、先生は何もしていない!と思われがちです。見かけ上、一人一人に寄り添い丁寧な指導をすることがよいと思われることもあります。でも公立学校での勤務、上越教育大での2年間の学び、そして本校での勤務を経て、『学び合い』こそが究極の『一人ひとりに応じた教育だ!』と確信しています。そして見える学力だけは当然、他には得られないものが子ども達に残っていくことを確信しています。日本を世界を変える可能性があると思っています。是非是非、ご指示いただけたら嬉しいです。
ytkさんからも援護射撃がありました。山梨ではあまり一般的ではないようですが、このことに気づいている先生は多くいます。なんとなく近いかな?と思う先生、考え方の研究校、研究者もいるようです。お互いに輪を広げましょう!私も山梨に人脈が全くないので四苦八苦していますが、このような保護者の方がいらっしゃることはものすごく心強いことです。
ちょっと震えています。しっかりやらねば!

一児の父親一児の父親2009/11/15 14:58>ykt0820様、
>kawa-nakajima様
午前中に投稿させていただいた者です。ありがとうございます。
>『学び合い』が広がることがこれからの社会にとって大きなプラスになるはずです。
全く同感です。子を持つ父親として切実に望むのは、他人とのコミュニケーションを通じて自分自身も成長して欲しい、という事です。
他人の意見も真摯に応答し、共に考える事が社会に出てから本当の生きる力の源になると思うからです。
『学び合い』の概念を私は聞きかじっただけで、軽々しく語ることは、おこがましく思いますが、『学び合い』の考え方は、子を愛する親にとって、非常に魅力的かつ有意義な事に思えます。ただ、言葉で言うのは簡単ですが、これを実際に行うことは、実践される先生方の準備や労力といった仕事量が通常の教育の数倍あるのだろうと、素人考えで恐縮ですが推測できます。
『学び合い』の素晴らしさを広めるのには、やはり実践あるのみなのではないでしょうか?
一保護者として微力ながら『学び合い』の考え方を周囲に広める事は私でも出来そうな気がします。
生意気な事を言わせていただきましたが、全ては子どもを愛するが故、『学び合い』を考えられる先生方も子どもの未来を思い真剣に考えてくださっている事と思っております。
まだ結果は分かりませんが、私たち夫婦も我が子と共に『学び合い』を通じ成長できる事を楽しみにしております。
ありがとうございました。

bunbun-hbunbun-h2009/11/15 16:17おじゃまします。

一児の父親さん。

>『学び合い』は学校教育だけでなく保護者の認識も深めることで家庭での子どもとの接し方にプラスになること

私も、まったくそのとおりだと思っています。
教師ではなく、『学び合い』に取り組んでいる(取り組もうとしている?)者としても、心強く有り難いコメントでした。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/11/15 17:08一児の父親さま bunbun-hさま
コメントありがとうございます。
学校でお会いしても私は分からずにいることになるので失礼してしまうかも知れません。ここでは、『学び合い』を通して意見交換するものとして交流させていただけることを大変嬉しく思います。
私も教師として、そして父親として両方でとってもプラスになると考えています。『学び合い』の考え方に対する理解が子どもはもちろん、保護者の方にも広がってくれたら百人力です。
後は、実践あるのみ。うかうかしていられません。これからも、よろしくお願いします!

bunbun-hbunbun-h2009/11/15 19:19大切なことだから追記としてコメントします。
『学び合い』の考え方をだれよりも必要としているのは、実は保護者なのだ、と思いました。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/11/16 10:36bunbun-hさん またまたコメントありがとうございます。
そうですよね。私も、思ったことがあります。かなうことならば自分の子どもがこんな教室で学べたらいいな!と。

一児の父親一児の父親2009/11/17 18:43先日投稿させていただきました一児の父親です。
kawa-nakajima先生の学校からの入学試験結果通知が先程届きました。おかげさまで合格通知をいただきました。
今、親子で喜びを、噛締めております。
ありがとうございます。

こちらのブログを通じ『学び合い』を知り、そして親子で学べる事は、この上ない喜びであります。
また、こちらのブログがkawa-nakajima先生の個人的ブログである事は重々承知しており、私もハンドル名『一児の父親』として今後も『学び合い』に関して意見交換をさせていただければ幸いです。
4月から息子が伸び伸びと『学び合い』を通じて成長することを楽しみにしております。
今後も、どうぞ宜しくお願い致します。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/11/17 19:42おめでとうございます。私も、『学び合い』を求めて入学していただき本当にうれしい限りです。と共に責任の重さを感じています。一緒に、学校の歴史をつくっていけたら嬉しいです。是非、お力をお貸しください。
4月の入学を楽しみにしております。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/i-Kawa-nakajima/20091114