世界平和と『学び合い』

佐賀県の小学校で『学び合い』を実践しています。皆さまから様々なことを学び、日々向上していきたいと思います。よろしくお願いします。

2019-01-14

休養2

09:42

今の私の宿題は、毎日ドローンを最低5分飛ばすことです。力を抜くために、最近時間をつくっています。

「何をそんなムダなことを。」と思ったときは、時間を奪われているかもしれません(※「モモ」風、知らない方はすみません)。

こちらに余裕がなければ、『学び合い』もうまくいかないと思うのです。

しかも、同時に空間認識能力もアップです。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190114

2019-01-13

休養

21:22

最近、というか慢性的に学校や家で力が入りすぎてしまっているようです。きちんと休むことが必要ですが、特に趣味のない私はこれまで何をしようにもなかったのです。

でも、今日は適度に休めました!ダイソーのプチブロックはいいですよ。安価で楽しめます。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190113

2019-01-12

実践の中で、相手の立場に立ってわかるところから

23:43

 コミュニティーを広げたいと思い、最近始めたこのブログですが、実は同時に始めたいくつかのSNSがありました。

 そちらを書く際には、『学び合い』という言葉は使わず、多くの方が共感しやすいことを気を付けていました。しかし、学校と同じように、ゆるやかな批判や、こちらの主張とズレたコメントが多く寄せられてしまいました。

 皆さん承知の通り、ズレを修正したり、原理原則を説明して差し上げても意味がありません。とても対応しきれませんし、どうコメントを返すべきか悩み、精神的にも良いことはありませんでした。

 なんでもどこにでも発信すれば良いわけではないですね。どこにどのような情報をどのタイミングで出すか。これも情報発信力の一つなのでしょうね。しばらくは、このブログと実践によって、価値あるものを広げるようにしたいと思います。実践の中では、いくらでもやりようはあると思いますので。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190112

2019-01-11

子どもどうしのつながり

18:31

 本日は午後から出張でした。学級を他の方に任せて学校を出ることになります。仕事に就いたばかりのころは、私(監視の目)がいなくて大丈夫だろうかと、出張中も悩んでいたり、どんなところに行っても必ず戻ってきたりしていました。その頃は、私と子ども一人ひとりがつながっていただけだったので、やはり私がいなくなると、普段通りとはいかないようでした。

 しかし、今は大丈夫。安心して出張へ行き、そのまま帰宅です。何の不安もありません。なぜなら、私以上に素晴らしい監督者がクラスに何人もいて、その子たちと全員の子が緩やかにつながっている。だから、いなくても大きく間違うことはない、と思います。むしろ、私が余計なことを言ってじゃましてしまう時だってあるのです。

 子ども同士のつながりのほうが大切と気づけて良かったと、この時期は特に思います。私は、あと3か月しかこのクラスにはいませんから。気づかせてもらった『学び合い』に感謝です。そろそろ、私とのつながりは薄めていかないといけないなあ。そうしないと、別れがつらい。私が。

とある読者とある読者2019/01/12 21:59はじめまして。読者です。
毎日書き続けることって、とても大変ですよね。
でも、情報発信力が今後問われてくるとのこと。
一読者としてこのブログの更新を楽しみにすると共に、
私も頑張らねばなと思ったりしています。
応援していますので、今後も更新がんばってください。

honisikihonisiki2019/01/12 23:00はじめまして。コメントありがとうございます。とても励みになりました。今後ともよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190111

2019-01-10

賞レース

18:24

 本日、「小学校の先生は、どの教科でも教えられてすごいですね。」と、ある方から言われました。このように言われるたびに私は、全部中途半端なのになあと思います(私はです)。なぜなら、絵なんて大学で8コマ程度習っただけですので、子どもたちが「画家になりたい。」と言っても導くことはできません。私の専門教科の理科でさえも、科学者に習ったことはありますが、習っただけです。なったことはありません。あの方たちの科学に対する見識は次元が違います。ですから、子どもが「科学者になりたい。」と言っても導くことができません。

 では、何のプロなのだろうと考えたときに、正しい心と正しい生き方を教えられるプロでありたいと思います。私の使命が「平和で民主的な国家及び社会の形成者」を育てることならば、それが最も重要なことだと思います。頭がよくても、人を実験台にして殺す医者もいるのですから。

 特に、学校で度々行われる賞レースの時は目指すところを間違えないように気をつけます。勝者と敗者のいる競争社会では、平和は訪れないと思うからです。全員が一生懸命取り組めたか、そのために全員が協力できたかなどが、私としては最も重要です。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/honisiki/20190110