Hatena::Groupmanabiai

ここに たどりついた このページをアンテナに追加 RSSフィード

仙台市の中学校で数学を担当しているhiraku44です。
『学び合い』に出会って3年と数か月がたちました。
『学び合い』も2校目。今年は,持ち上がりで2年生を担当します。
なお,メールはsuigen44mezasite☆yahoo.co.jpの☆を@に換えてください。

ジオターゲティング

2012-08-09

次に向かう方向は

00:52 | 次に向かう方向は - ここに たどりついた を含むブックマーク はてなブックマーク - 次に向かう方向は - ここに たどりついた 次に向かう方向は - ここに たどりついた のブックマークコメント

 今年はここ3年参加していた,『学び合い』フォーラムにどうしても参加できない事情もあり,夏休みに入り,どう仕切り直したらいいのかを考えていました。

 地元で西川先生の話を伺うことができることを知り,『ステップアップ』を手にしながら,この3か月を振り返り,書き残す作業をしていました。

 そして今日(日付が変わったので昨日),1年ぶりに生で『学び合い』の考え方に触れることができました。なんと東京都や福島県からも参加されていた方があって,驚きました。

 講演が終わってから,控え室でその皆さんとお話しすることができて,やはりつながることは大切だと知りました。エネルギーをもらいました。

 そして,次に向かう方向は,異学年の『学び合い』だと思い始めています。まずは,イベント的な『学び合い』になりますが,トライしてみようと思います。

 本校では,一人一授業といって,略案を準備して,授業を公開する取組をしています。今年は,近隣の小学校にも日時をお知らせすることになっています。

 これを利用して,担当学年の2年生1クラスと1年生1クラスの合同授業をやってみようと思います。思いついただけで,相手のあることなのでどう進めるかは,ゆっくり準備します。その準備を進めることによって,自分の日常の『学び合い』の改善点も見えてくるのではと思います。

 子どもにとっての学びやすさ,より多くの人と折り合いをつけた方が「得」であることを考えていきたいと思います。

 まずは,この夏『ステップアップ』をしっかり読みます。

jun24kawajun24kawa2012/08/10 05:12ご参集ご苦労様でした。タフにやりましょう。大義は我にアリですから。

hiraku44hiraku442012/08/10 07:34jun24kawa先生。コメントありがとうございます。
昨日の参加者の中に,他の中学校の校長先生とその職員もいらしたと聞きました。
つながるチャンスなのだと思います。

tokucyotokucyo2012/08/10 09:24福島から参加していた者です。
hiraku44さんのしっかりとした課題意識をもちながら実践されているご様子に、学ぶべきことは多いと感じました。私は4月からの実践で、まだ本当のすばらしさと怖さを経験していないのだと感じています。これからも勉強させていただければと思います。

g5o0t9o9g5o0t9o92012/08/10 21:30hiraku44さん。昨日は本当にありがとうございました。
身近にこれほど長く実践されている方がいて,アドバイスをいただけるツナガリができたことはどれほど大きな支えになることか。
このつながりを何か生かして,定期的に?お茶会などができればうれしいです。DVDなどを持ち寄って見合ったりなんかできれば最高ではないかと思います。西川先生のスーパーバイズの結果もシェアし合えれば,より『学び合い』に込められた精神を実現する道しるべになると感じています。
ともあれ今後ともご相談申し上げます。

g5o0t9o9g5o0t9o92012/08/10 21:31hiraku44さん。昨日は本当にありがとうございました。
身近にこれほど長く実践されている方がいて,アドバイスをいただけるツナガリができたことはどれほど大きな支えになることか。
このつながりを何か生かして,定期的に?お茶会などができればうれしいです。各自の授業の様子を記録したDVDなどを持ち寄って見合ったりなんかできれば最高ではないかと思います。西川先生のスーパーバイズの結果もシェアし合えれば,より『学び合い』に込められた精神を実現する道しるべになると感じています。
ともあれ今後ともご相談申し上げます。

hiraku44hiraku442012/08/11 02:19tokucyoさん・g5o0t9o9さん。コメントありがとうございます。
お二人ともブログは読ませていただいていましたが,お会いできてよかったです。
過去3年間は,TTでの実践で,常に「授業者同士のかかわりあい」ができていたのですが,今年は初めて一人で取り組んでいるためか,悩んでいる日が多いです。
ぜひ,これから顔をつきあわせて語り合う機会ができればうれしいです。よろしくお願いします。

2012-04-09

今日は始業式でした

22:10 | 今日は始業式でした - ここに たどりついた を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日は始業式でした - ここに たどりついた 今日は始業式でした - ここに たどりついた のブックマークコメント

 新年度が始まりました。

 始業式の後に,学年集会を開きました。

 次の3点について話しました。

   ①なぜ学校に来るのか。

   ②当たり前を積み重ねると,「特別」になること。

   ③新しいクラスでは,どうしても欠点が目につくが,折り合いをつけることから始めようということ。

 また,話の途中に,年度末に全員に書いてもらった授業の振り返りを3人分だけ引用して聞いてもらいました。

 集会後に二人の生徒に,今年も『学び合い』ですか? と尋ねられ,「もちろん」そうだよと答えました。

 今年は,昨年のようにTTではなく,少人数指導をしなければならないので,どの程度少人数指導で実施するか。また,どのように子供たちに学習集団を選んでもらうか思案中です。

 相手の方は,習熟度別を前年度やっていた方なので,これからわたしも折り合いをつけなければなりません。

 今週のわたしの課題です。授業は月曜からです。

motoryoumotoryou2012/04/10 21:53先日は,T中のK先生が石巻の会に参加してくださいました。宮城もじわじわ動いているのかな?という感じをもちました。おもしろくなりそうです。

hiraku44hiraku442012/04/11 00:13motoryouさん コメントありがとうございます。
わたしも連絡を取り合っている仲間です。
今回は,わたしの方が都合がつかず参加できませんでした。
自分のできることを広げていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

2012-03-06

一人一授業(校内で授業公開をしました)

23:07 | 一人一授業(校内で授業公開をしました) - ここに たどりついた を含むブックマーク はてなブックマーク - 一人一授業(校内で授業公開をしました) - ここに たどりついた 一人一授業(校内で授業公開をしました) - ここに たどりついた のブックマークコメント

 中一。数学。教科書は東書。7章「資料の散らばりと代表値」。

 10時間目を2クラス。3項「いろいろな問題」

 11時間目を1クラス。2節 1項「近似値」 2項「有効数字」

 A41枚(両面)の略案を前日配布。1枚で両時間分というもの。

 3時間公開し,参観者(校長1・研究主任1・同教科1・同学年他教科2・他学年他教科1)。

 手探りですが,「まし」という言葉にも支えられ,「教えて」が言える集団を目指してやっています。

 更新はしていませんでしたが,毎日,皆さんのブログは読ませていただいていました。

 『学び合い』に出会ってまもなく3年。

 4月に標準化された学力検査を受ける機会があります。

 その結果を重視したいと思っています。

 

e_chigoyae_chigoya2012/03/06 23:17更新ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
お互いに頑張りましょう。

hiraku44hiraku442012/03/07 00:01e_chigoyaさんへ。
コメントありがとうございます。
先月,東大附属の公開研に行ってきました。
3年生の統計の授業を参観してきましたが,
やはり,私は今の自分の授業を高めていく道でいいと思い帰ってきました。
これからもよろしくお願いします。

2011-09-17

久しぶりの更新です

21:37 | 久しぶりの更新です - ここに たどりついた を含むブックマーク はてなブックマーク - 久しぶりの更新です - ここに たどりついた 久しぶりの更新です - ここに たどりついた のブックマークコメント

 4ヶ月以上,間が開いてしまいました。

 これまで,「正負の数」「文字と式」「方程式」と,5学級でTTで実践してきました。(うち3学級はT1,2学級はT2)

 課題の提示の仕方も,当初は1コマに2~3,徐々に1コマに1,複数コマに1という具合になってきています。

 ただ,子どもたちが教科書を資料として頼りながら,なおかつ先行学習している他の情報を持っている子どもと話し合いながら,知識や技能を身に付けていく際に,この教科書の書き方では「難しい」「無理だな」と感じることが,何回かありました。

 特に新しい章に入ったときの導入時に,これまで従来指導型でやっていたときに効果があった教材や考え方を提示したり,紹介するという方法を併用してきました。

 教科書にない,あるいは足りない視点を教えることによってこそ,たどり着ける「なるほど」があると思っています。

 夏のフォーラムに参加したときに,Z会の方の講座に参加し,ある教材に関して,小学校の各教科書会社の違いを指摘していただき,自分が感じていたことと重なることが多く,とても参考になりました。

 さて,この考え方は,「従来指導で有効なテクニックを併用すればするほど『学び合い』は崩れてしまう」に当たるのでしょうか。

jun24kawajun24kawa2011/09/17 22:22私はその場にいないので確たることは分かりません。以下の問いにお答え下さい。それで分かるはずです。
1)『この教科書の書き方では「難しい」「無理だな」と感じる』というのは全員ですか?
2)その教材は全員に有効ですか?
3)その教材を使わない、聞かない権利を子どもは持っていますか?
いかがでしょうか?

hiraku44hiraku442011/09/17 22:43早速ありがとうございます。
1)全員ではありませんが,その当事者も他へ正しく伝えられないことが多いです。
2)ほぼ全員に有効だと思いますが,残念ながら全員ではありません。
3)使わない権利は認めていますが,話は座席で聞いてもらっています。

2011-04-28

最善の教え手は・・・・

00:06 | 最善の教え手は・・・・ - ここに たどりついた を含むブックマーク はてなブックマーク - 最善の教え手は・・・・ - ここに たどりついた 最善の教え手は・・・・ - ここに たどりついた のブックマークコメント

 言葉を出すことが困難な生徒がいます。

 自らSOSを発信できずにいます。

 私が「みんなでみんなが」とゴールを示すと,クラスの中でも明らかに優れた子供が動きます。

 この繰り返しが,固定化してきてしまっています。

 このパターンが最善とはいえないことが見えてきています。

 どう語りかけようか・・・・。