Hatena::Groupmanabiai

いのっちの落書き帳 by hideki55

カウンター
217941
山梨の公立中学校につとめているいのっちです。気ままに「落書き帳」のような形で、書き込みたいと思います。
国語の学び合いについて情報交換できればと思っています。

hdk55inoとgmail.comを@マークでつなぐと、私の連絡先になります。

学び合いに関係する授業案や資料などを、やり取りできる 「manabiaifilebank1  学び合い共有ファイル保管箱1」 というサイトを試みに作成しました。ヤフーグループの無料サービスを利用しています。

下記の説明をお読みいただき、多くの方に参加いただければありがたいです。

グループの説明:西川純氏の「学び合い」に関係する資料や授業案などを、誰でもやりもらいできるスペースとして活用します。主にファイル共有のためのグループです。参加希望者は、管理人まで、次の内容をメールでお知らせください。

1 氏名(よみがな)

2 お住まいの県名

3 勤務先

4 学び合いのグループ(はてなの『学び合い』)に参加なさっていらっしゃる場合は、そのIDとご自身のブログ名

5 登録メールアドレス(このアドレスに共有ファイルがアップロードされたときなどのアナウンスメールが送信されます)

ヤフーグループ「学び合い共有ファイル保管箱1」のサイトは [http://groups.yahoo.co.jp/group/manabiaifilebank1] です。

ブログ開設 2009/12/14 (月)

2010/08/14 (土)

[国語]春の日 高田敏子 の教材分析について

| 21:08

みなさん、小学校3年の詩の教材分析が難しく、お知恵をお貸しください。

詩の教材文は、以下のとおりです。改行しても、連分けができないので、連の最後の行に 』 を付けておきます。

春の日   高田敏子

お母さん 』

しっしっ しずかに

しずかに来てごらんなさい

生まれたばかりのちょうがいる  』

やまぶきの葉のかげに

ちょうがはねをひらこうとしている  』

しっしっ しずかに しずかに

見てごらんなさい   』

二まいのはねが ほら ひらいた

もうすぐ とぶわ

とぶわ        』

『音読練習プリント 高学年』荒木茂著 ひまわり社刊

によると、

子どもが、お母さんに、ひそひそ声で、そっと、ささやいています。子どもになったつもりで、お母さんに語りかけているように音読しましょう。

と読み方のアドバイスが書かれています。

このアドバイスによると、この詩全体が、子どもがお母さんにささやいたセリフという読みをしています。

しかし、わたしには、

お母さん と、何かを見ている母親に子どもが大きな声で呼びかけた。

しっしっ しずかに

しずかに来てごらんなさい と、母親が子どもに呼びかけて近くに越させた。

というようなひそひそ会話を母親と子どもがしている詩に思えるのです。

ただ、母親の言葉と確定できるセリフは、あと

しっしっ しずかに しずかに

見てごらんなさい

の部分だと思うのですが、その他のセリフは、母親なのか、それとも子どもなのか決めかねています。

みなさんは、どう読み取るのか

ご意見をいただけますか。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/hideki55/20100814