Hatena::Groupmanabiai

いのっちの落書き帳 by hideki55

カウンター
220554
山梨の公立中学校につとめているいのっちです。気ままに「落書き帳」のような形で、書き込みたいと思います。
国語の学び合いについて情報交換できればと思っています。

hdk55inoとgmail.comを@マークでつなぐと、私の連絡先になります。

学び合いに関係する授業案や資料などを、やり取りできる 「manabiaifilebank1  学び合い共有ファイル保管箱1」 というサイトを試みに作成しました。ヤフーグループの無料サービスを利用しています。

下記の説明をお読みいただき、多くの方に参加いただければありがたいです。

グループの説明:西川純氏の「学び合い」に関係する資料や授業案などを、誰でもやりもらいできるスペースとして活用します。主にファイル共有のためのグループです。参加希望者は、管理人まで、次の内容をメールでお知らせください。

1 氏名(よみがな)

2 お住まいの県名

3 勤務先

4 学び合いのグループ(はてなの『学び合い』)に参加なさっていらっしゃる場合は、そのIDとご自身のブログ名

5 登録メールアドレス(このアドレスに共有ファイルがアップロードされたときなどのアナウンスメールが送信されます)

ヤフーグループ「学び合い共有ファイル保管箱1」のサイトは [http://groups.yahoo.co.jp/group/manabiaifilebank1] です。

ブログ開設 2009/12/14 (月)

2011/10/19 (水)

大西忠治『授業と学習集団の理論』(明治図書 教育技術著作集6)より

| 03:02

2005年に、大西忠治氏の『授業と学習集団の理論』の最初の部分のよみを、ケロログというサイトにアップロードしていたことを思い出したので、ここにメモしておきます。

学び合い』における語りの大事さは、みなさん語られているで、大西忠治という先人の語りがふんだんにでてくる本なので、もし、ご興味がありましたら、お読みください。

私の肉声で、下のサイトで大西さんの著作を読んでいます。

私が大西さんの語りでいいなあと思っていることは、生徒たちにどんな力をつけたいのか具体的に語り、生徒たちとその力を育てていくその粘り強さと計画性の高さです。

大西忠治/授業における集団指導(1)学級担任になれなかった時

http://www.voiceblog.jp/inotti/1725.html

大西忠治/授業における集団指導(2)学級によって授業における集団も変わる2回目

http://www.voiceblog.jp/inotti/2071.html

大西忠治/授業における集団指導(3)他人の学級での指導、学習集団の指導を始める

http://www.voiceblog.jp/inotti/2898.html

2011/09/23 (金)

maya-1さんの記事への補足情報

| 18:14

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/maya-1/20110919

2011-09-19 - ★ maya-1のつぶやき ★ - 『学び合い』:

にて、大竹市立大竹中学校の取り組みが紹介されていました。

ベネッセのVIEWという冊子の該当のバックナンバーが下のところで閲覧できますので、ご活用ください。

http://benesse.jp/berd/center/open/chu/view21/2010/09/pdf/2010_vol2.pdf

2011/09/20 (火)

『学び合い』の紹介…まだまだ『学び合い』は知られていませんね。

| 06:26

私は、教育関係のいくつかのメーリングリストに参加しています。

その中で、「授業中立ち歩く生徒に困っている」というような先生の悩みに、多くの方が、アドバイスをなさっていました。

しかしながら、『学び合い』の考えによる授業の紹介をする方がいらっしゃらなかったので、下のような簡単なコメントを投稿しました。まだまだ、『学び合い』は、知られていないんだなあと思ったところです。

下のコメントは、『学び合い』の皆さんに読んでいただけるような内容にはなっていませんが、とりあえず、こんな紹介をしたということです。もしかすると、新しい方が『学び合い』に興味を持っていただけるかもしれません。

……………

山梨のいのっちです。先生のご報告に、コメントさせていただきます。

私も、少なからず先生と同じように生徒たち自身がコントロールし合うことができなくなってしまう状態を心配しながら日々の授業の準備をしています。

昔の私なら、日々の授業の準備として教師がどのような授業を進めるのか細かなプランを練ることだけ、つまり、教師サイドの準備を充実させることで何とか乗り越えようとしていました。

しかし、現在は、「今日はこういう目標で、こういうことができるようになるのが今日の課題です」と授業の最初に生徒に伝えて、あとは生徒がその課題を一時間かけてやり遂げられるように全体を見ながら声掛けをして、授業の最後に「今日の目標が達成できたか確認するためのまとめを書かせたり、小テストを実施したり」するという形で授業を行っています。

今日の課題を解決することが生徒の学習の内容になるわけですが、わからない所は、誰に聞いても構わないので教室の移動オッケイです。また、グループで学習したければ、誰とでもグループをつくってもオッケイです。ただし、「全員が今日の目標をクリアする」というしばりをいつもつけておきます。

したがって、自分の課題が終わったら、まだできていない生徒のサポートに入ることになります。(教師としては、そういうサポート活動にはいった生徒がでてきたら、それを見逃さず全体に「あー、友達のサポートに動き始めた人が出てきたよ。今のところ、二人くらいかな。こういうサポートのできる人がいるクラスっていいよね。」とか言います。)また、わからないことを友達に尋ねる動きを見せた生徒がいた場合も同様にほめます。(「おー、わからないことを友達に聞いている人がいるね。自らわからない所を解決しようとする人は、伸びる人だよ。どんどん、わからないことは聞いてみようね。」などと言います。)

授業中の教師の役割は、全体を見ていて、いい動きをした生徒を全体に紹介することになります。

上越教育大学の西川純先生の『学び合い』という考え方で授業をしています。

2.ネットブック - 西川純の部屋:

http://jun24kawa.jimdo.com/%E5%AD%A6%E3%81%B3%E5%90%88%E3%81%84-%E3%82%92%E5%AD%A6%E3%81%B3%E3%81%9F%E3%81%84%E6%96%B9%E3%81%B8/%EF%BC%92-%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF/

上のサイトで、授業の進め方などの資料が公開されていますので、お読みください。

2011/09/13 (火)

多久市立西渓中学校『学び合い』公開授業研究会 について

| 06:10

平成23年9月吉日

関係各位

多久市教育委員会 教育長 中川 正博

多久市立西渓中学校 校長 櫻井 俊史

学び合い』公開授業研究会のご案内(第2次)

研究主題

「主体的に学びに向かい、関わり合いながら理解を深める生徒の育成」

~学びと思考を促す効果的な支援を目指して~

初秋の候、皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

標記のことについて、下記の要領で公開授業研究会を開催いたします。

つきましては、多数の方々のご参会を賜りますよう、ご案内申し上げます。

1 期日 平成23年10月13日(木)

2 会場 多久市立西渓中学校

〒846-0031 佐賀県多久市多久町1789-4

3 日程

(1)受付 12時30分~

(2)公開授業Ⅰ 13時~13時50分

学級

1年1組

2年1組

3年1組・2組

教科 単元等

体 育  バスケットボール

英 語  UNIT 5「A Park ora Parking Area?」

数 学  関数 y =ax2

授業者

堤 順二

池田 恵 眞島 孝治 Penny(ALT)

富永 俊則 吉山 里子

(3)公開授業Ⅱ 14時~14時50分

学級 1年1組 2年1組 3年1組 3年2組

教科 単元等

国 語 ハチドリの不思議

社 会 (地理)九州地方

理 科 地球と宇宙

技 術 エネルギー変換

授業者

中島 洋子 牟田久美子

納富 康賞

立川 栄

柴田 精治

国語科は、小中連携を生かした授業を行います。

(4)全体会 15時10分~15時30分

(5)分科会 15時35分~16時45分

教科 本校職員 助言者

国 語 科 中島 洋子 牟田久美子 本村秀一郎(佐賀市立思斉小学校 教頭)

社 会 科 納富 康賞 貞包 浩洋(佐賀市立東与賀中学校 教頭)

数 学 科 富永 俊則 吉山 里子 藤瀬 秀隆(佐城教育事務所 管理主任)

理 科 立川 栄 江浦 伸昌(佐賀市立成章中学校 教頭)

英 語 科 池田 恵 眞島 孝治 諸隈 直子(白石町立福富中学校 教頭)

保健体育科 堤 順二 島 一満(佐城教育事務所 指導主事)

技術・家庭科 柴田 精治 岩井 典子 小森 義美(小城市立芦刈中学校 校長)

(6)閉会 16時45分

4 参加料 無料

5 申込み・問い合わせ先

申込用紙(別紙)を10月4日(火)までに、FAXまたはメールにて送付ください。

西渓中学校 教頭 森 博茂 宛

E-mail mori-hiroshige@taku-sag.ed.jp

FAX 0952-75-2320

℡ 0952-75-2827

hideki55hideki552011/09/15 06:14この研究授業をなさる先生が、私の授業を見に来て下さることになっています。私の授業でいいのだろうかと、いまさらながら不安になってきています。
とはいえ、特別なことはせず、普段の授業の様子を見ていただいて、逆にアドバイスをいただこうというスタンスでいくことになるかと思っています。

2010/12/23 (木)

hideki5520101223

手製のホワイトボード活用法

| 05:38

いつでもホワイトボードの作り方

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/Katokyon/20101123

を参考に私もホワイトボードを作って授業で活用しています。

Katokyonさんは、子どもたちどうしのコミュニケーションツールとしてお使いになっていらっしゃるのですが、私の場合は、もっぱら「課題提示用」(教師用)として活用しています。

中学校の場合、同じ授業を何回かしますので、一度書いておけば、使い回しができて大変便利です。

一時間の授業の流れを、最初にホワイトボードに書いて提示しておくだけでも、生徒が時間を意識した学習ができてよいです。

ぜひ、みなさんもホワイトボードを作ってみてください。

f:id:hideki55:20101129102643j:image

2010/11/28 (日)

ブログの書き手としては交流があるのに、せっかく実際にお会いできたのに気づかなかった。残念!

| 17:27

昨日の山梨の会での出来事です。ブログでは何度か記事を拝見したり、コメントを交換していたのに、実際にお会いしたのに、そのブログの書き手でいらっしゃることに気づかなかった。残念!

自己紹介の時に、ブログの告知をしないと、もったいないなーと自己反省しました。

2010/10/24 (日)

教えてください …関東近辺で『学び合い』をメインにした公開授業研究会は、ありますか。

| 07:54

いのっちです。この『学び合い』ブログのみなさんは、どうぞいつでも授業を見てくださいという方が多くて、本当にありがたいなあと思っています。

そのような個人的なレベルではなく、いわゆる公開授業の形で、いろいろな教科の授業が公式に参観できるような学校が、関東近辺にありますでしょうか。

三崎隆先生に、出前授業をしていただいたので、できれば今度は実際の授業を参観しに、学校を挙げて見に行かせていただけたらいいなあと思っています。何か、関東近辺で、できれば中学校の公開授業などありましたら、お知らせください。

2010/03/26 (金)

未来日記の書き方

| 18:54

常に最初の日記に、未来の日の日記を表示する方法を、ブログタイトル「sakusaku日記◆山口」さんから教えていただきました。

まず、普通に日記を書きます。

次に、詳細編集をクリックして、上部のボックスに未来の日の日付を入力します。

最後に「保存する」ボタンをクリックする。

以上です。

2010/01/28 (木)

QU検査の活用法学習会で考えたこと

| 22:35

本日、勤務校にてQU検査の活用法学習会が開催されました。

講師の先生のお話の中で、なるほどなるほどと思ったことがいくつもあったのですが、学び合いの視点でお話の意味を考えてみると、また違った視点からの活用法があるのではないかと思いました。

例えば、QU検査によって、学級集団の中で自分の活躍の場があると生徒が考えているか、考えていないかの傾向が分かる。

学級集団の中にいることに満足しているか、満足していないかの傾向が分かる。

学級集団の中で、やる気があるか、ないかの傾向が分かる。

学級集団の中で、自分が周りから認められていると思っているか、認められていないと思っているかの傾向が分かる。

講師の先生のお話の中で、友だち同士の人間関係が構築されているか、されていないかが、わかるので、友達関係が構築されていないような場合は、孤立しがちな生徒には配慮してグルーピングの指示などをすることによって、リレーションを支援するとよいというような話がありました。

学び合いでは、子どもが、孤立しがちな子どもへ働きかけたり、孤立しがちな子ども自身が、話しやすい子どもへ働きかけたりするなかで、お互いを高めあうことを「授業の中で」行えることを目ざすわけですから、教師の直接的な支援とは違ったリレーションになるわけです。

また、学級集団の中にいることに満足しているか、していないかについても、「学び合いの成立する学級」では「全員が満足している」傾向になるのではないかと思ったわけです。

学び合いの成熟段階」が、QU検査によっても確認できるように感じました。

まとまりませんが、メモとして書き残しておきます。

2010/01/03 (日)

百人一首のプリントをご活用ください…共有ファイルにアップロード済み

| 07:34

冬休みの課題として百人一首を家の人と楽しむためのプリントを作成しました。二十枚の取り札(画用紙に印刷して切り取る)と二十首の百人一首が記載されています。

「百人一首を楽しむ」あるいは「百人一首を覚える」あるいは「百人一首を歴史的仮名遣いに注意して読める」なとどいった学び合い課題に活用できます。下のサイトからダウンロードできます。

ただし、ファイルをダウンロードしたりアップロードしたりするにはメンバー登録が必要ですので、井上までお知らせください。

ヤフーグループ「学び合い共有ファイル保管箱1」

http://groups.yahoo.co.jp/group/manabiaifilebank1

メンバー登録の方法

011202 ヤフーグループを使ってのファイル共有化大作戦

http://www.geocities.jp/ino_hideki55/manabiai-filebanksakusen.htm

ファイルは、一太郎で作成してあります。

冬休み用の課題になっているので、みなさんには不必要な情報もプリントには書き込んであります。お使いになるときは、一太郎で作り変えてください。

また、一太郎がなくファイルが作り替えられないというような場合は、私にこんな形にして欲しいというリクエストをいただければ、できる範囲でサポートいたします。

もし一太郎がインストールしてなくてどんなプリントなのか分からないという場合は、ジャストシステム社から無料で一太郎のファイルを表示させて印刷までできる「一太郎ビューワー」というソフトが提供されていますので、そちらをダウンロードしてお使いになるとよいかと思います。

一太郎ビューワー

http://www3.justsystem.co.jp/download/viewer/ichitaro/

2010/01/02 (土)

学び合いに関係する授業案や資料などを、やり取りできる「manabiaifilebank1 学び合い共有ファイル保管箱1」

| 20:16

みなさん、いのっちです。明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて、ヤフーグループを利用して、みなさんの作成した指導案や資料などを共有するグループページを作成しました。

ファイルの性格上、全くのセキュリティなしでファイルをやり取りするのはまずいかなということで、登録したメンバーなら誰でもファイルをアップロードできたり、ダウンロードできたりできる設定にしてあります。


参加方法は、私のブログのはじめの部分に書き込んでありますので、ぜひ、みなさんのご参加をお願いします。

詳しい説明は、私のホームページで説明していますので、そちらのページをご覧ください。

011202 ヤフーグループを使ってのファイル共有化大作戦

http://www.geocities.jp/ino_hideki55/manabiai-filebanksakusen.htm

sumi-channsumi-chann2010/01/03 12:17ファイル共有化大作戦、すばらしいアイディアだと思います。是非たくさんの方に参加して頂けるようにしましょう。

私は『学び合い』メールマガジンや、ツイッター、自分のブログ等でお知らせをさせて頂きますね。

また、『学び合い』を多くの方に知って頂くために、下記サイトを作っている方がいらっしゃいますので、連携されるとより広がるかと思います。ご参考までに。

『学び合い』wiki http://www24.atwiki.jp/manabiai/
『学び合い』紹介所 http://ameblo.jp/manabiai/

hideki55hideki552010/01/04 14:01sumi-channさん
PR情報ありがとうございました。
少しずつファイル共有の仲間が広まればいいなあと思っています。
今後ともよろしくお願いします。

2009/12/21 (月)

西川先生の講演などを動画で拝見できるサイトのご紹介をお願いします。

| 19:56

いのっちです。

偶然、西川先生の講演の様子を動画で拝見できるページを発見したのですが、現在公開しているものは、他にもございますでしょうか。

私が偶然拝見したのは、社会の授業作りの講演でした。

指導要領の公開事例不具合報告

| 19:45

いのっちです。

学び合いの玉手箱」

の中の

指導要領の公開事例

の中の

小学校6年国語の事例のプリントをダウンロードしましたが、

アクロバットファイルが破損しているという表示が出て読むことができません。

ぜひ、対処をお願いします。

ytk0820ytk08202009/12/21 23:17西川先生の講演などは、「youtube」というサイトで「学び合い」と検索すると、いくつか視聴することができます。毎年夏に行われる、教室『学び合い』フォーラムの動画が中心です。
「学び合いの玉手箱」のファイルは、偶然にも自分のパソコンに保存しておいたものがあったので、メールで送っておきます。