Hatena::Groupmanabiai

いのっちの落書き帳 by hideki55

カウンター
217939
山梨の公立中学校につとめているいのっちです。気ままに「落書き帳」のような形で、書き込みたいと思います。
国語の学び合いについて情報交換できればと思っています。

hdk55inoとgmail.comを@マークでつなぐと、私の連絡先になります。

学び合いに関係する授業案や資料などを、やり取りできる 「manabiaifilebank1  学び合い共有ファイル保管箱1」 というサイトを試みに作成しました。ヤフーグループの無料サービスを利用しています。

下記の説明をお読みいただき、多くの方に参加いただければありがたいです。

グループの説明:西川純氏の「学び合い」に関係する資料や授業案などを、誰でもやりもらいできるスペースとして活用します。主にファイル共有のためのグループです。参加希望者は、管理人まで、次の内容をメールでお知らせください。

1 氏名(よみがな)

2 お住まいの県名

3 勤務先

4 学び合いのグループ(はてなの『学び合い』)に参加なさっていらっしゃる場合は、そのIDとご自身のブログ名

5 登録メールアドレス(このアドレスに共有ファイルがアップロードされたときなどのアナウンスメールが送信されます)

ヤフーグループ「学び合い共有ファイル保管箱1」のサイトは [http://groups.yahoo.co.jp/group/manabiaifilebank1] です。

ブログ開設 2009/12/14 (月)

2011/09/27 (火)

西川先生…110926…[大事なこと]教科の目指すもの に対するコメント

| 06:14

西川先生の記事に対してのコメントです。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20110926

なんとなく、自分の中でもやもやとしていてはっきりしていなかったことが、西川先生の上の記事を読んではっきりしてきましたので、コメントしておきます。

「『学び合い』の課題は単純です。馬鹿馬鹿しいぐらい。それに対して、教科のことで教材研究を目指している方には、馬鹿馬鹿しいと否定されます。

 ゼミ生から、そのような方も納得できるような『学び合い』は出来るかと聞かれました。私の答えは「集団が成熟すること」です。集団が成熟すれば、『学び合い』の導入段階、充実段階でやっているような単純な課題は、子どもたちが自習してしまいます。そして、その上を目指せるのです。

 教科の教材研究を目指している方の授業を何度も見ています。いつも思うのは、クラスの中のごく数人だけがついて行っているだけです。後の子どもは取り残されている。クラスの全員が、その方々から見れば糞くだらないと思われるものを乗り越えた先に、教科のすばらしさをクラス「全員」で実感する授業があると思うのです。」

「クラスの全員が、その方々から見れば糞くだらないと思われるもの」とは

国語の授業で言えば、教科書がすらすら読める、わからない言葉があったら自分で辞書を引いて意味がわかる、書いてある内容がわかるといった「表層の読み」(大西忠治の言い方では)レベルのことなのでしょう。

西川先生は、その「表層の読み」(大西忠治の言い方では)レベルのことでさえ、生徒に学ばせていない授業が多い。あるいは、生徒はわかっていない。

にもかかわらず、その上の「深層の読み」(いわゆる行間を読む読み)を生徒にいきなり取り組ませて、上位層の生徒しかわからない授業をして平気でいるのが、現状の多くの授業ではないか、とわかりやすく西川先生はおっしゃっていると、私は理解しました。

このような危機感は、かつて大西忠治氏もいろいろな方の国語の授業を見て感じていたようで、「表層の読みの指導がどういうものか、わかっていらっしゃらない先生が多い。この表層の読みの指導なくして、深層の読みは成立しない。」というようなことを晩年におっしゃっていたことを思い出しました。

とするならば、国語では「表層の読み」として生徒にどんなことができなければならないのか明確に提示して、その「表層の読み」レベルの内容は自学自習できる力をつける授業ができた上で、「深層の読み」レベルの課題に取り組ませる『学び合い』の授業をめざしていかねばならないということになりますね。

2011/09/23 (金)

maya-1さんの記事への補足情報

| 18:14

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/maya-1/20110919

2011-09-19 - ★ maya-1のつぶやき ★ - 『学び合い』:

にて、大竹市立大竹中学校の取り組みが紹介されていました。

ベネッセのVIEWという冊子の該当のバックナンバーが下のところで閲覧できますので、ご活用ください。

http://benesse.jp/berd/center/open/chu/view21/2010/09/pdf/2010_vol2.pdf

2010/05/11 (火)

実践的『学び合い』山梨の会の運営方法について 1Kawa- nakajima日記 山梨で『学び合い』を!へのコメント

| 06:33

1Kawa- nakajima日記 山梨で『学び合い』を!のブログに下記の提案を書き込みました。こちらにも転記しておきます。

山梨の会の参加者の方も、私のブログを読んで下さっているということをお聞きしましたので、この記事を読んで、「山梨の会」の運営方法などご意見をいただければ、うれしいです。

[以下 コメント転載]

いのっちです。少し実践的な『学び合い』山梨の会の運営方法について提案します。レポート形式の提案と意見交換というスタイルもいいのですが、例えば次のような模擬授業形式にしてみたらよいではないでしょうか。

30 分×2 の 『学び合い』の模擬授業

30分の模擬授業についてのフリートーキング

実際に、いきなり、模擬授業者が課題を提示して、参加者が生徒としてその課題に取り組む。二人の授業者は、輪番制で行う。

30分で、その二つの模擬授業について語り合う。課題としてはどうか、模擬授業者の働きかけはどうか、環境整備や目標はどうか、などなど。

もし6月にやるのでしたら、私が言いだしっぺですので、国語で 30分模擬授業をやってもかまいませんよ。

山梨の会に参加した方、この提案についてどう思いますか。

では、また。

2010/02/13 (土)

国語の課題づくりについて

| 07:46

みんなでやれば何でもできる~イマキヨ日記

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/ima-kiy/

2010年02月12日(金)記事に、

国語の課題作り(読むこと)の難しさが取り上げられていました。

また、Katagiriさんのコメントも紹介されていました。

「結論(意見)」「理由」「理由を支える事実」と3層構造を押さえるようにと授業をしています。

さらに、読むことの評価にも悩んでいらっしゃるとの書き込みがありました。

私も、学び合いの課題づくりが難しいと思っていますので、どんな課題で授業をしたのかの情報交換ができれば、その課題の適否が検討できるのではないか、また、適している課題ということがわかればその他の教材でもアレンジして課題を設定すればよいので、課題づくりがやりやすくなるのではないかと思います。

そこで、私がこころみた学習課題について自己解説します。

2010/02/10 (水)の記事

中2 五重塔はなぜ倒れないか の 学習課題

参照。

課題は「学習プリントに、「五重塔はなぜ倒れないか」の理由と説明をできるだけ詳しく(しかも できるだけたくさんの理由を見つけて)まとめなさい」というものでした。

このひとつの課題だけで、一時間の授業を構成できるので、自分としては「教科書の書いてあることの整理」という点では、よいのではないかと思います。

教材文の本論は、「五重塔はなぜ倒れないか」について、複数の理由を説明しています。

その複数の理由をいくつ生徒が生徒が見つけられたか、生徒のワークシートから見て取ることができます(読みの評価)。

生徒の側からすると、この学習プリントは、穴埋め式ではないのでどのようにまとめていくのか、自由度が高く・工夫のしがいがあると思います。そこで、生徒のまとめ方(何をキーワードにしているか・どのように理由を記述しているか)を見取れば、また別の観点での読みの評価ができるのではないかと思います。

読みの評価は、シンプルにすることが大事だと思います。なぜなら、生徒にも教師にもわかりやすくしないと「雲をつかむような評価」になってしまい、いわゆるゴールが見えない状態に陥ります。

一つの評価の材料は、生徒の書いたもの。

その生徒の書いたものを、どう評価するのかの客観的基準が必要。

さて、この学習課題の一番の問題点は何か。

それは、いわゆる「表層の読み」レベルにとどまってしまう課題なのではないかという点です。

例えば、筆者の説明のしかたの工夫は何か、わかりにくい記述はないか・なぜ分かりにくいのかの文章評価、理由を説明する順序性の工夫はあるか、文章の構造分析(序論・本論・結論)などなど。

国語の授業の最大の難しさは、何をその教材で学ばせるのか、という点にあります。

ご意見をお寄せください。

ima-kiyima-kiy2010/02/13 23:40山梨の会ではありがとうございました。同じ中学校国語科として、お話しできてとても嬉しかったです。
この教材を実際に読んでいないので質問させてください。複数挙げられている理由は全て同じ次元のものですか? 理由Aより理由Bの方がより核心に近い、というような差異はないのでしょうか?

hideki55hideki552010/02/14 07:12コメントありがとうございます。五重の塔がなぜ倒れないかという複数ある理由のうち、どの理由が核心に近いのかということを、テキストを根拠にして説明できたら、表層の読みのレベルを超えた学習課題となりそうだと直感しました。
そのような核心に近い理由か、そうではない理由かの判別は、この教材文からするのは私の読みの力では難しいと感じています。教材文をima-kiy さんへメールでお送りしますので、その理由の重み比較教材分析ができるようでしたら、ぜひ分析結果をお知らせください。生徒の実際のワークシート例を、私のホームページにアップできたらしますので、そちらを見てのコメントもお願いします。

ima-kiyima-kiy2010/02/14 16:54メールありがとうございました。
思いつきですが、例えばこんな課題はどうでしょうか。
【目標】
「全員が、来年この教材を学習する後輩がわかるように、「免震構造」の説明書を画用紙にまとめる」
【語り】
・この教材を学習する後輩のために作るんだから、教科書に書いてあることが抜けてたらダメだよね~。
・ケータイの説明書やゲームの攻略本と同じで、この文章は免震構造の説明をしているんだよ。だから、これを読んで理解できた人は、わかりやすく人に教えてあげることができるはずだよ。
・免震構造のことをわかりやすく説明するのが目標だから、そのために教科書に載ってないことを入れてもOKだよ。絵や写真を入れてもいいよ。
(絵や写真を想定して、画用紙を指定しました。横浜のジーンさんのアイディアを拝借したものですが、僕の好みでもあります)

hideki55hideki552010/02/16 06:43ima-kiyさん、課題のご提示ありがとうございました。一つの教材をめぐって、どんな課題を設定するかの意見交換ができ、感謝です。

説明書を作るという課題は面白いと感じました。ただ、いきなり「免震構造」という言葉はださないで、「なぜ五重塔は倒れないか」の説明書を作りなさいの方が生徒には分かりやすいと思います。
教科書にないことを説明書に書き込むとしたら、生徒にはそれなりの資料を提供しなければならないとは思いますが、こんな資料が使えるぞというようなものがないといけませんね。そうだ、指導書を見てみますね。

2009/12/29 (火)

授業案や資料をダウンロードできるページを作成しませんか

| 09:50

sumi-channさんから、下記のようなコメントをいただきました。

………………

ご存知かも知れませんが、信州大、三崎先生も出前授業のために作成された指導案を公開されています。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/OB1989/

ヘッダからリンクで飛べるようになっています。

"私たちの『学び合い』研究室"です。

………………

個人的に授業案や資料などをホームページに掲載することは可能なのですが、共有することはなかなか難しいです。どこにどんな指導案や資料があるのか、検索するのが難しいからです。

せっかくみなさんがお作りになった授業案や資料なので、どこかの共有ファイルサービスにファイルとしてダウンロードできるようにしておくと、とても便利です。

学び合い共有ファイルサイト」のようなものを作りたいですね。

tosslandのようなホームページとして授業実践を蓄積していくのは、ホームページ作りが苦手な方にとっては難しいし、ホームページのような形で掲載するのは手間が掛かるのが難点です。

そうではなくて、作った授業案や資料などをファイルとしてアップできるような場所さえ確保できれば、簡単にどなたでもアップできるでしょう。

共有ファイルサービスに詳しい方、いらっしゃいましたら、具体的なアイディアをご提供いただけないでしょうか。

2009/12/23 (水)

kawa-nakajimaさんの「きつねの窓の授業報告」からの学び

| 18:01

いのっちです。

Kawa-nakajimaの日記 山梨で『学び合い』を!

の中で、授業の報告があった「きつねの窓」について学んだこと考えたことを、私のホームページに掲載しました。

Kawa-nakajimaさんの記事を引用させていただきましたが、みなさんからのコメントをお寄せいただければありがたいです。

011201 学び合いの授業レポート「きつねの窓」からの学び

http://www.geocities.jp/ino_hideki55/manabiai-kitunenomado.htm

sumi-channsumi-chann2009/12/24 13:02ご存知かも知れませんが、信州大、三崎先生も出前授業のために作成された指導案を公開されています。
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/OB1989/
ヘッダからリンクで飛べるようになっています。
"私たちの『学び合い』研究室"です。

hideki55hideki552009/12/29 09:29sumi-channさん、コメントありがとうございました。みなさんが実践した授業案(資料も含む)をまとめたホームページなどがあるといいですね。tosslandみたいな形がいいかもしれませんね。

hideki55hideki552009/12/30 06:11Kawa-nakajimaさんへ
子どもたちの読み取り内容については、授業者の先生の許可が取れていないので、内容を伏せる形で、ホームページを更新しました。

011201 学び合いの授業レポート「きつねの窓」からの学び

http://www.geocities.jp/ino_hideki55/manabiai-kitunenomado.htm

2009/12/19 (土)

国語の学び合い授業の報告を分かりやすくするために

| 17:43

いのっちです。みなさんの学び合いの授業の様子をブログでご報告いただいたものを、読ませていただきながら、実際の授業についてまねできるところを勉強させていただいています。

ただ、子どもたちが課題に向かって意欲的に学び合っていることは文面からは推測できるのですが、実際の授業の様子がよくわからないという面があります。これだと、例えば、同じ単元の授業報告をもとに、自分も同じようにやってみようと思っても授業化できません。

そこで、初心者の私が、こんな項目を、授業報告の中で取り上げていただけるといいのではないかと思うことを書き込みます。

1.課題…学び合いの生徒たちに提示する目標

2.問題…実際の授業で生徒たちに取り組ませたい問題

3.答え…問題の答え

(数学のような場合は、答えまで示さなくても分かる場合は、省略可。ただし、国語のような教科の場合、答えが複数ある場合は、その複数の答えは書き込んでおく必要はあると思います)

4.資料…生徒たちに示した資料

5.生徒たちの学び合いの様子

・よい点

・課題点

6.その他…その他必要に応じて

もし、学び合いの授業報告のフォーマットなどについてこれまでの研究の成果などありましたら、お知らせください。

ima-kiyima-kiy2009/12/19 18:002番の意味がよくわかりません。教えてください。
「その授業で生徒に獲得させたい認識」というようなことですか?

hideki55hideki552009/12/19 19:00ima-kiyさん、ご質問ありがとうございました。
課題と問題との違いは何かという質問と受け取りました。

例えば、Kawa-nakajimaの日記 山梨で『学び合い』を! の報告には、次のように記載されていました。

教育実習生

の見事な授業を見ました。

今日(昨日)は実習最終日でした。ですから研究授業が3本もありました。中でも国語の授業は見事でした。先生が教えるのではなく君たちが学ぶことを応援している。みんなができることを望んでいる。そのためには友だちと考えても一人で考えてもいいからね。答えは見てもいいよ、でも最後のテストは一人でできるような力をつけてね。というメッセージを発し、授業中は可視化につながる声かけをしていました。まだまだ足りないことは山ほどあるのですが、授業については驚きました。感激しました。なによりも子ども達が45分間、全く遊ぶことなく実習生の授業に没頭していた姿に感激しました。課題は、熟語をその性質から分類する時の規準を見つけて、例に示されている熟語を分類することができるようになる授業です。授業の仕掛けもすばらしかったので、また忘れなければアップします。指導教員は一緒に『学び合い』に取り組んでくれている国語の先生です。

例えば、上の場合の課題は

課題は、熟語をその性質から分類する時の規準を見つけて、例に示されている熟語を分類することができるようになる

ここまでは、いいのですが、実際の子どもたちに取り組ませた問題が、記載されていないのです。

ですので、問題として
どんな熟語を分類させたのか、その熟語リストが、記載されていないと、授業の様子が分からないのです。
また、答えが、明示されていると、どのように分類させようとしているのか、分かるのでよいのです。

katokiti2003katokiti20032009/12/19 21:48私の場合は、1)をめあてまたは目標、2)を課題という文言で認識しています。
いかがでしょうか?

hideki55hideki552009/12/19 22:18katokiti2003さん、コメントありがとうございました。
例えば、Kawa-nakajimaの日記 山梨で『学び合い』を! の報告の場合の、課題は、めあて あるいは 目標 ということになるのでしょうか。それとも、課題ととらえていいのでしょうか。
学び合いの重要なキーワードの概念規定をしっかりとさせておかないと、まずいなと、改めて感じました。手引書をもう一度読み直してみることにします。