Hatena::Groupmanabiai

★☆横浜発!ghjalジーン☆★ このページをアンテナに追加 RSSフィード

横浜市郊外の小学校で5年生を担任。2009年に革新的学習 『学び合い』に出会う。ただいま『学び合い』実践中。連絡先は、ghjaljpとgmail.comを@でつなげて。次回『学び合い』神奈川定例会は、7月1日にかながわ労働プラザ(予定)で。みなさんぜひお越しを。

2012-05-05

臆病だから遭難しないのか 07:31 臆病だから遭難しないのか - ★☆横浜発!ghjalジーン☆★ を含むブックマーク はてなブックマーク - 臆病だから遭難しないのか - ★☆横浜発!ghjalジーン☆★ 臆病だから遭難しないのか - ★☆横浜発!ghjalジーン☆★ のブックマークコメント

ずっとブログがアップされない時期に、越後屋さんが、ヒマラヤで遭難したんではないか?と危惧されていた。今年の冬は、エベレスト近くのカラパタール5550mに到達してちゃんと戻ってきている。

この時の、手記を読み返しても、なんて、臆病なんだろうと思う。怖い。次の遭難者は自分か?などと何度も書いている。

北アルプスでどうも6人が遭難したようだ。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120504/k10014897721000.html

実は同じ日の昨日。私も北アルプスに登っていた。事件は白馬岳だが、私は穂高に登ろうと計画していた。奥穂高岳標高3190m。日本で3番目に高い山である。2996mにある穂高岳山荘でおととい宿泊した。昨日の朝。当然奥穂高岳に登ろうとした。が、諦めた。

理由①天候が悪い。(雪混じりの小雨で、岐阜県からの風がやや強い。仮に登ったとしても、見晴らしはゼロ。)

理由②体調が悪い。(前の日に少し吐きそうになっている。高山病?)

理由③帰りがギリギリ。(帰りのバスは午後2時。仮に登ったとしてもかなり急いで下山しないとバスに間に合わない。)

百数十人が奥穂高を目指して登ってくる急峻な雪原を、下っていく。一人ひとりに挨拶を交わす。雪の中を半分走りながら。穂高登山の起点である涸沢まで降りて仰ぐ。なぜか晴れていた。断念は間違っていた?でも奥穂高岳はずっと雲の中にある。まあ、次があるさ。そう思って、上高地まで下山していく。ヘリコプターが何度も北の方へ向かっていた。もしかすると、遭難者救助に向かっていたのかもしれない。穂高岳山荘の図書室(3000mの山小屋に図書室がある!)で読んだ「岳」

岳 みんなの山 14 (ビッグコミックス)

岳 みんなの山 14 (ビッグコミックス)

を思い起こす。

帰りのバスには余裕で間に合う。温泉にまでつかる。臆病だなあ。軟弱だなあ。今を思えば、登ろうと決意していれば、おそらく登れたに違いない。2996mまで登っておいて、あとわずか200mを断念した。でももしかすると、そうした、臆病だから遭難しないのかもしれない。そう思い直すこととした。

maya-1maya-12012/05/05 08:03それにしても、あなたの行動力には恐れ入ります。

ghjalghjal2012/05/05 21:15maya先生。
昨日。白馬岳で6人死亡。私が泊まった穂高岳山荘付近で1人死亡。あの時の判断は間違っていなかったと。あの後は吹雪になったと。下山してよかったと。胸を撫で下ろしています。

sumi-chansumi-chan2012/05/05 21:21「撤退する勇気」はとても大切だと思います。

前に進むだけが勇気ではないと思います。

FlipperKFlipperK2012/05/05 21:40臆病というのは、大切なことだと思います。
臆病というのは、決して侮られるものではないと思います。
臆病というのは、生き物が生きていく上で必要不可欠な要素だと思うのです。

 …ちなみに私は、臆病というよりは「へたれ」ですけど。

ghjalghjal2012/05/06 09:13スミちゃんへ
「撤退する勇気」というか人生撤退ばかりなのですが…
このブログを書いているときより、今の時点での方が「撤退する勇気」を噛み締めています。

ghjalghjal2012/05/06 09:15FlipperK さんへ
「臆病」とか、ほかの感情「憤怒」「嫉妬」などの性質も、負に捉えてしまいがちだけれども、きっと必要だから人間という生物に備わっているのでしょうね。決して「へたれ」だなんて思いませんが…

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/ghjal/20120505