Hatena::Groupmanabiai

   g-chanの日記

中学校保健体育科教員です。 大学院で長期研修中です。 「開発的生徒指導につながる教科学習」をテーマに『学び合い』を学んでいます。 多様な校種で『学び合い』の実践を重ねたいと思っています。 メールは gchangchan555とgmail.comを「@」でつないでください。

2016-01-10

感謝と活力

| 22:29

今日、学会発表を終えました。

一通のメッセージを頂きました。

「今日は興味深い結果を聞けて参考になりました。この結果の詳細を知りたいのですが、どこかへ投稿する予定はありますか?もしあればプレプリントか何かをいただきたいのですが。今後の進展も楽しみにしています。」

発表を聞いて下さったこととメッセージを下さったことへの感謝、そして、今日に間に合わせることが精一杯で投稿など考えも及ばない状態であること、見て頂けそうな資料を送るのでご指導頂きたいことを返信しました。

そうして、急にこみ上げてくるものがありました。

研究計画の甘さからくる 作業の遅れ、分析のブレ、自分で集めたはずなのにデータの使い方がわからなくなって停滞...

自分の不甲斐なさを認めることが前に進む術でした。できることしかできない、と。

そんな自分の発表に、こんな嬉しいメッセージを頂けたのは、家族のおかげであることに気づきました。

元旦に数十分、一緒に凧揚げをしただけで、研究の遅れを理由に実家に家族をおいて一人で家に戻る私に、我が子はもっと遊んでくれよ、といってワガママを言うことはしませんでした。その分妻が子供の相手をしてくれていました。正直なところワガママを言って引き止めて欲しい自分がいました。そうすれば家族を理由に研究から逃げられる...。

西川研究室の目標は、

自分の心に響き、多くの人の心に響く教育研究を通して、

自らを高め、一人も見捨てない教育・社会を実現する

です。

家族に感謝することに気づけたことだけは、自らの高まり、としてこの目標に近づけたでしょうか。

研究の節目に頂いた一通のメッセージは、どんな酒や休息よりも、清涼で活力を与えてくれるものでした。

感謝です。

2015-03-30

嬉しくて 嬉しくて。

| 01:35

28日に続いて

息子とスキーに行き、目標達成できました。

12月に、信頼しているオガサカというスキーメーカーのサービスマンに子どもにどうやってスキーを好きにさせるか、を相談しました。最初に「今シーズン何回行きます?」と聞かれ「うーん、10回?」と答えると簡単なコツを教えてくれて「10回行けば必ずうまくなるよ」と励ましてくれました。

これが目標設定のエピソードです。

10回目の奇跡?!

滑り初める前に息子「今日、くまもんはいらねぇ」

くまもん、とは「トライスキー」という名前の練習具でスキーのトップをつないでハの字を保てるもの。くまもんのイラストがついているのでそう呼んでいます。

トライスキーを使うと安全で転びにくいのですがスピードがでない。緩斜面だと止まってしまうのです。止まった時に私が息子を押したり引いたりするのが面倒で前日「もうくまもんなしでいいでしょ。」と言ったのを覚えていたようです。

トライスキーをはずしてもハの字で滑れていて、自由度が増して楽しそうです。

そして何度教えてもできなかった、転んだときに自分で立ち上がる事が初めてできました。その時息子は「やったー。立てたー!」と大声で叫びました。これには私がびっくりしました。いつも当たり前に手をかしていたけどそんなに嬉しいのかと。

支えられて

10回のうち7回「休暇村妙高」のスキー場に行きました。子ども向けの緩斜面であることとスタッフの方がすごく親切なのが魅力です。リフトに乗り降りするたびに必ず二人以上のスタッフが子どもを安全に乗り降りさせるために手伝ってくれます。そして息子に笑顔で「行ってらっしゃい」と言って送り出してくれる。毎回必ず。息子が、私が促さなくても「行ってきまーす!」と返事ができるようになったのも嬉しいことです。

今日は

スイミングで、やや停滞ぎみだった級が久しぶりに合格してペンギン1級!。次はイルカ5級に挑戦。まだ「魚」への道のりはあるようで、親子ともどもの楽しみです。

ここでも落ち着きのない我が子に全てのコーチが声をかけて下さる。自分の番をじっと待てず、わざとプールサイドから落ちてみたり、よそ見をして順番を逃しそうな息子をよく見て、「見てるよ」のサインを送ってくれている。時にかまってくれる。それが嬉しいようで終わったときいつも機嫌がよく興奮ぎみで戻ってきます。

スキー場もスイミングスクールも営利企業とはいえ、志を感じます。我が家の子育てに必要な方々です。子どもへの対応、保護者への信頼、結果を出して喜ばせる、という点で勉強になります。

覚悟

自分の子どもがこれからどんな教育を受けるのか、私が教員としてどうあるのか、これは表裏一体です、というのは言い過ぎでしょうがそんな覚悟で頑張ろうと思います。

スキー場でもスイミングでも感じた「うちの子育てに必要」と思われるものとして、『学び合い』の考え方による教育は合致するはず。

そのことをひろめていくことも、来年度は力を入れたいと思いました。

ただっちただっち2015/04/03 16:23福島さん
先日はありがとうございました!

同じ志の方と、繋がっていく不思議さと面白さを体験しています。

子供達の未来のために、『学び合い』と夢新聞を一緒に取り組ませて頂けると幸いです。

今後とも末永くよろしくお願い致します。

g-chanDAYg-chanDAY2015/04/03 19:31ただっちさん
コメントありがとうございました。
夢新聞のこと,とこれからの活動にとても興味を持ちました。
またご一緒させてください。

2015-03-28

| 00:49

男旅

4歳の息子と二人でスキーに行きました。

車のCMで「男旅」なんてのがありましたが、なかなかいいものです。

スキー場のイベントでそりレースがあったので、やるか?と聞くと「一位になってやる!」と威勢のいい返事。

なんと!

本当に一位に!。タイムレースで息子は総合優勝、私も大人の部優勝!(出たんかい!?)。

それぞれに商品は妙高特産コシヒカリ。

よほど嬉しかったようで「一位になると思った?」「父ちゃんも一位でよかったね」「母ちゃんお米ないって言ってたよね」などと何度も話題にしたがりました。

初めて

初めてだと思います。息子が勝つ経験をできたのは。

幼稚園の運動会当日に担任の先生から「テントにいられれば100点です。」と言われました。集団の中で動くのが苦手な事が親から見てもわかりました。

以来、体を動かす事や挑戦する事を楽しんでほしい、小中高12年週3回ある体育で、仲間と体を動かす事を楽しめる子になってほしいと願い、仕事中心でいた自分の考えをあらためました。休日は子供と体を動かして過ごす事を最優先するようにしました。生き方が変わりました。

目標達成なるか!?

泳ぐこと、ストライダーに乗ること、スキーをする事が好きな子になってくれました。好きなだけで決して上手くはないのですが。

スキーについては、私の目標であった「スキーを好きにさせて、今シーズン10回スキーにつれていく」が、明日達成できるかもしれません。9回目の今日、スキー場をあとにするとき「明日も来ようよ」と(涙)。

「よし!来よう」というと「じゃ、どうせならお泊まりしない?」というのでそれは却下(ホントはそうしたい。無念!)。

子供を家族を大事に

考えて、暮らしをデザインすることを上司から学びました。幸せとはなにかを学んだと言っても過言ではありません。

私もそこをきちんと伝えられる教師でありたい。きちんとというのは生きざまとして。


うまくまとまりませんが、嬉しい一日だったということであります。

そりレースですから実力がどーのこーのというものではありません。神様からのプレゼントでしょう。

全てに感謝です。

2015-03-25

嬉しい

| 19:16

3日間妻と子供が実家に行っていました。逃げられたわけではありません。(たぶん)

ここぞとばかり,思いつきで出かけて人に会ったり,だらだら本を読んだり,酒を飲んだりして,ちょっと研究構想も浮かんで,有意義な3日間でした。

でもさみしい3日間でもありました。

今日は家に帰れば家族がいる。

甘いものでも買って帰ろうかな。

2015-03-18

g-chan

| 07:11

ブログを見た方から「なぜg-chanなの?。名前のどこにもgはないのに。」と尋ねられました。「爺ちゃん?」とも。

年は食っていますがまだ孫はいません。子どもが二人いるのですが,下の1歳の子どもが私のことを「じーちゃん」と呼ぶのです。上の子が「とうちゃん」と呼ぶのを聞いて真似しているのですが,なぜ「とうちゃん」をインプットして「じーちゃん」というアウトプットになるのか,不思議です。子どもの言葉の獲得とか,詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

以前,上司が話してくれたことです。「強面で勢いのある言動で有名な保護者がいたんだよ。そのお子さんが友人関係でつまづいて学校へ行くのを渋った時,別人のようにおろおろと動揺して学校に相談に来てね。親ってさ,子どもがかわいくてしょうがねんだよな。俺もそうだけど。親御さんと話をするとき,そこんとこ知っててね。」

それから10年後,自分にも子どもができ,そのことに心底共感しました。かわいくてしょうがない。でんぐり返しの真似事をしているのを「じょうずだねー」とほめると「じーちゃん,みれれー(見てて)」と何度でもやってみせる。かわいくてしょうがない。きっと忘れないでしょう。

親が子を思う気持ちを忘れずに,子ども,保護者と接する教師でありたい,そんな思いから「g-chan」というネームです。親ばかもいいところですが。

世は卒業式シーズン。かわいくてしょうがない子どもの成長が嬉しくてしょうがない親御さんであふれていることでしょう。そんな場面に関われる仕事に誇りを持っています。