Hatena::Groupmanabiai

   g-chanの日記

中学校保健体育科教員です。 大学院で長期研修中です。 「開発的生徒指導につながる教科学習」をテーマに『学び合い』を学んでいます。 多様な校種で『学び合い』の実践を重ねたいと思っています。 メールは gchangchan555とgmail.comを「@」でつないでください。

2016-01-10

感謝と活力

| 22:29

今日、学会発表を終えました。

一通のメッセージを頂きました。

「今日は興味深い結果を聞けて参考になりました。この結果の詳細を知りたいのですが、どこかへ投稿する予定はありますか?もしあればプレプリントか何かをいただきたいのですが。今後の進展も楽しみにしています。」

発表を聞いて下さったこととメッセージを下さったことへの感謝、そして、今日に間に合わせることが精一杯で投稿など考えも及ばない状態であること、見て頂けそうな資料を送るのでご指導頂きたいことを返信しました。

そうして、急にこみ上げてくるものがありました。

研究計画の甘さからくる 作業の遅れ、分析のブレ、自分で集めたはずなのにデータの使い方がわからなくなって停滞...

自分の不甲斐なさを認めることが前に進む術でした。できることしかできない、と。

そんな自分の発表に、こんな嬉しいメッセージを頂けたのは、家族のおかげであることに気づきました。

元旦に数十分、一緒に凧揚げをしただけで、研究の遅れを理由に実家に家族をおいて一人で家に戻る私に、我が子はもっと遊んでくれよ、といってワガママを言うことはしませんでした。その分妻が子供の相手をしてくれていました。正直なところワガママを言って引き止めて欲しい自分がいました。そうすれば家族を理由に研究から逃げられる...。

西川研究室の目標は、

自分の心に響き、多くの人の心に響く教育研究を通して、

自らを高め、一人も見捨てない教育・社会を実現する

です。

家族に感謝することに気づけたことだけは、自らの高まり、としてこの目標に近づけたでしょうか。

研究の節目に頂いた一通のメッセージは、どんな酒や休息よりも、清涼で活力を与えてくれるものでした。

感謝です。