Hatena::Groupmanabiai

furutatsuの日記

2010-03-31

[]一年前の明日 23:37

一年前の明日、初めての一人暮らしに胸を膨らませつつも

不安を拭いきれない思いで上越の地にやってきました。

初めての一人暮らしのため、何をどうしていいか分からず

無駄に片づけに時間がかかったのを覚えてます。

そして、棚を作るために上越大通り沿いの100円均一に

ドライバーセットを買いに行きました。

帰って棚を作り終えて、暇だったため、ゲオに行ったのも思い出されます。


そんな日からもう一年経ちました。

ホント早いですね。

この一年は今まで生きてきた中で一番濃い一年だったように思います。


多くの人との出会いがあり、目まぐるしい日々を必死に過ごした印象です。

(必死には言い過ぎだな…笑)

来年度は少し心にゆとりを持って臨めそうです。

心のゆとりがたるみの原因にならぬよう、明日からまた気を引き締めていきます。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/furutatsuuu/20100331

2009-12-02

[]消えない記憶 23:13

小学校低学年の時の担任の先生。

初めての「学校」という場所で出会ったI先生。

「学校」は楽しい所なんだと教えてくれた先生。

そんな先生と出会ってから今年で早16年が過ぎて

今年も一緒に飲む時期が迫ってきました。

僕らが成人を迎えて以降毎年1月2日に小学校の同窓会を開いています。

そこで毎年言ってくれる一言。



「今でも忘れられないのは、小学校の入学式の後の教室で

 最前列に社長座りしているfurutatsuだけが私の「入学おめでとうございます」

 に対して「ありがとうございます」と言えた事なんだよ」



正直自分では毎年言われているけど、事実についての記憶はありません。

でもI先生は退職されてもなお、このことを覚えてくれています。

他にも本人の記憶にない事も覚えてくれています。

ここまで自分の事を話してくれる先生はいません。

正直I先生は千人以上もの子供たちを教えてきたと思います。

でも自分の思いでも忘れないでいてくれる。

自分にとってこれほど幸せな事はありません。

自分もI先生のように

子どもたちとの思い出をいつまでたっても大切にする先生になりたいなと思います。



そんなI先生はいつまでたっても、自分にとっては「先生」なのですが

先日、そのI先生からお電話があり一つのプロジェクトを話してくれました。

それは中国からの留学生に向けての日本語授業や

日本の事について知ってもらう授業を手伝ってほしいというもの。

そして、furutatsuも先生として私と共に授業して欲しいと言っていただけました。

正直涙が出るほど嬉しかったです。

なんだかI先生に認めて貰えるような気がして…

年末帰った時にその具体的な打ち合わせをして

1月以降の日で行ける時に参加することになりそうです。


I先生に今の自分ができる最大限の恩返しをしたいと思います。

そのためには今ある仕事を片付けよう!!

ima-kiyima-kiy2009/12/02 23:16やっぱり「恩師」って特別な存在ですよね。
furutatsuさんがうらやましいです。

furutatsuuufurutatsuuu2009/12/03 20:08ima-kiyさん

コメントありがとうございます。
うらやましいと言ってもらえて何だか嬉しいです。

恩師には本当に感謝しきれてもしきれないです。
自分もそんな先生になりたいです。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/furutatsuuu/20091202

2009-07-15

[]多くを語らないこと。 23:09

私が高校受験の時に出会った本にある言葉。

星野冨弘さんの言葉


暗く長い

土の時代があった

いのちがけで

芽生えた時もあった

しかし草は

そういった昔を

一言も語らず

もっとも美しい今を見せている




大学の時に出会った詩集


自分が出来ん事を

出来る人は「すごい」

と思うけど、その

すごい人との差なんて

やるかやらんかの

違いだけなんや

        きむ




自分がいっぱいいっぱいになった時

言葉からもパワーを貰える。

自分もそういう言葉を使えるようにならなきゃ。

まさに「ふわふわ言葉」ですね。笑

自分がきつい時こそ本性が出る。

まさに今日は本性が出てしまった。

反省です。

D902iD902i2009/07/15 23:23tatsuuuの背景を十分理解しているわけじゃないから,安易なことは言ってはいけないと思うんだけど,今回の記事に共感しました。
自覚がないのは困ったことだけど,自覚があるならまだ自分でなんとかしようとできるしね。魂のこもった記事をありがとう。

furutatsuuufurutatsuuu2009/07/16 21:41D902iさん

コメントありがとうございます。
また励ましの言葉を頂き感謝申し上げます。

困ったときがあったら是非よろしくお願いします。
自分も何か役に立てることがあれば是非お手伝いいたしますので、その時はなんなりと言ってください。

shinji-ashinji-a2009/07/18 11:54 私も失敗をたくさんしました。言葉が人生をつくると言う人もいます。深い日記ですね。これからもよろしく。

furutatsuuufurutatsuuu2009/07/18 22:16shinji-aさん

言葉が人生を作る。
深いお言葉をありがとうございます。
失敗を恐れて何もしないより、失敗しても何かを学んで、失敗とは言えないくらいの出来事を増やしていきたいです。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/furutatsuuu/20090715

2009-06-23

[]教師を目指したきっかけ。 22:17

本日、共通臨床科目という授業で私達のグループが

プレゼンをしました。

テーマは「子ども理解の内容と方法」

トマス・ゴードンとノーマン・ブルの学術理論を引っ張り

そこに現場の状況・現職院生の実践を加え

プレゼンしました。

そのプレゼンでの中に私の過去の話が入れられました。



私は中学生時代、問題児でした。

授業崩壊の張本人で

目をつけられる生徒でした。

正直ひどいことばっかりして

当時、女性英語教師を追い込みました。

そんな事をやっていました。

この課題の探究活動をする中で

昔を思い返すことが出来

反省することと同時に

教師を目指したきっかけも改めて思い出させてくれました。




私が中学生の頃。

ラグビーを1年生の頃からやってたわけですが

その先生は私をとにかく厳しく指導してくれて

中学2年の頃の状況も知っていました。

その先生は私を見捨てることをせず

むしろラグビー部の中心として扱ってくれて

一生懸命関わってくれました。



そんな私が3年生の頃、

秋の最後の大会で引退となる私達。

その大会のために今までやってきたところもあった。

でも・・・

大会の前の夏の終わりの練習試合で・・・

まさかの・・・


上腕骨骨折&肩関節亜脱臼&鎖骨末端部乖離骨折。


目の前が真っ暗になった。

手術だし2ヶ月ラグビーを離れることとなった。

日程的には大会には間に合う感じだったけど

空白の2ヶ月はあまりにも長すぎた。


プレーはかみ合わない・・・

みんなとは明らかに差が出ていた。


居場所がなくなった気がした。

部に居る必要はあるのだろうか

俺は何をしてるんだろう

毎日自分に問いかけていた。。。


そんな時監督である先生から告げられた一言。





「大会ではお前は使わない。」





目の前が真っ暗になった。

ホントに辞めたいと思った。

自分の必要性が感じられなくなった。

授業中も涙があふれる。

クラスのみんなに迷惑をかけた。

何にたいしてもやる気が無くなった。



そして退部を決意し

      監督に気持ちを伝えたところ

「お前のためにチームがあるんか??」

「チームのことをお前は考えられないのか??」

「俺は絶対にお前を辞めさせない。」


この言葉にホントに考えさせられ

悩んだ結果ラグビーを続けることに…

でも今だから言えるけど

ホントに辞めないでよかった。


僕が出られないと知った時

チームメイトは絶対に優勝して関東大会に行こう。

と決意してくれていた。

そして僕が出られないことを知った日に

キャプテン&FWリーダーだったやつが電話で…

「必ず優勝してお前を関東大会につれってってやるから。」

と一言だけ言って電話を切った。



僕はホントにチームメイト&監督に恵まれていました。





結果は見事優勝&関東大会出場。

しかも決勝戦当日は監督の誕生日。

恩返しということで監督に優勝旗をプレゼント。

そして監督が泣きながら言った一言…

「お前ら最高の生徒だよ…今日は忘れられない誕生日だな…」

この言葉にみんな涙…

今でも忘れられない

みんなで歌った北中校歌。

最高の思い出です。



関東大会は見事にやられたけど

最後の5分でも出場できた僕は幸せでした。。。




そんな先生と会えたからこそ教師を目指し

新潟へ引っ越す前にいただいた手紙に

「絶対に大きくなって帰ってこい」

「必ず教師になれ」

「俺のチームとお前のチームで

    ラグビーの熱い試合が出来るのを楽しみにしてる」

「待ってるからな」

と書いてあった。

この思い出を思い返した今日一日。

熱い思いを思い出しました。

頑張って教師になるぞ!!!!

F-KatagiriF-Katagiri2009/06/27 16:07片桐です。
今日はお疲れ様でした。お若い皆さんにお会いできてエネルギーをもらえた感じがします。
これからもよろしくお願いします。

o4dao4da2009/06/27 17:36はじめまして。今日の自分の記事にアップしたことと重なりました。根性という言葉だけで片づけられない、ドラマが生まれるのがスポーツの魅力!成功体験はもちのろん。失敗をいつか乗り越える成功体験を想像するだけでなんか切なくも、わくわくしています。よい記事ありがとうございました。

furutatsuuufurutatsuuu2009/06/27 21:33F-katagiriさん

コメントありがとうございます。
本日はお会いできて私も、とても嬉しかったです。
これから幾度となくお会いする機会があると思いますので
これからもよろしくお願いします。

furutatsuuufurutatsuuu2009/06/27 21:36o4daさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

スポーツの魅力…本当にたまらないですね。
仲間がいたからこそ得られる喜び。
本当に人とつながることの幸せを改めて感じました。
幸せの前に失敗があることも大事なんですよね。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/furutatsuuu/20090623