Hatena::Groupmanabiai

越後屋の『学び合い』帳

東京の高校教員(国語科)です。
ご連絡はimakiy☆yahoo.co.jp(☆→@に変えてください)にメールしてください。

20130625200505

2012年01月15日(日)

親の顔

| 17:59

かつて「月刊国語教育」で、志の輔の新作『親の顔』の教材化実践が報告されていた。

たしか恩師の町田守弘先生の研究室の方だったと記憶している。

何年も志の輔ファンをやっているのになかなか聞けないなーと思っていたが、何のことはない、YouTubeにアップされていた。

大工の父親が息子の成績のことで学校に呼び出される噺である。

私はこの噺を聴いて「等しく」の意味が変わった。

どうぞご覧ください(動画はマクラなしです)。

sumi-channsumi-chann2012/01/15 17:47フラット制…ww

bunbun-hbunbun-h2012/01/15 23:19いやー、笑いました。志の輔落語。

jun24kawajun24kawa2012/01/16 07:05親の顔、ipodに入れて通勤でよく聞きます。お気に入りの一つです。

e_chigoyae_chigoya2012/01/16 21:45すみちゃん
勢いで命名しましたが、実際に意味も合ってるよね。

bunbunさん
今年も、恒例の「志の輔らくごinPARCO」に行ってきました。3席やった後で故師匠の話をしていました。胸を打ちました。

24kawa先生
CD化されていない音源は持っていなかったのですが、これからはYouTubeもチェックすることにします。