Hatena::Groupmanabiai

越後屋の『学び合い』帳

東京の高校教員(国語科)です。
ご連絡はimakiy☆yahoo.co.jp(☆→@に変えてください)にメールしてください。

20130625200505

2012年10月21日(日)

広まり

| 21:40

東京定例会「おにぎりの会」と、高校部会を同時開催しました。

会場を提供してくださるNBT先生に感謝します。

都立高校にも、『学び合い』の波は着々と押し寄せています。

今後にご期待ください。

最大のポイントは「無理して広めない」です。

学び合い』で育った子どもたちを見ていただくしかありません。

sumi-chansumi-chan2012/10/21 22:00全く同感です。
無理して広めると、無理が来ます。

tm43919tm439192012/10/21 22:01そうですね。無理しない。なんだか嬉しいです。

e_chigoyae_chigoya2012/10/21 22:19われら粛々といきましょうね。

tetsu4062tetsu40622012/10/22 00:34こちらの研究室でもそういう結論に達している人が多いです。しかし,それでも『学び合い』メインの「学校支援」せざるを得ないのが,難しいところです。ところで,次回高校部会はおよそいつごろでしょうか。

e_chigoyae_chigoya2012/10/22 23:15STくんから話を聞きました。厳しいことを言うけれど、自縄自縛なのではないかと思います。くれぐれも営業マンにはならずに、支援校の課題解決を最優先に考えてください。

e_chigoyae_chigoya2012/10/22 23:16次回の高校部会は12月の予定です。

makiwarisanmakiwarisan2012/11/01 21:25この変化は、私も感じています。子供たちは、56年の持ち上がりなので、
5年生のころと比べると、明らかに当たり前に勉強しています。
ただ、その内容や全員ができるようになるための心がけ、さらには効率化など、
まだまだ課題はありますが。

e_chigoyae_chigoya2012/11/12 23:27まきわりさん。お返事が遅くなって大変失礼しました。
中原淳先生のブログに「勝負は学習開始前に決まっている」というような内容の記事がありました。モチベーションや目的意識を高く持って、学習に参加する。ここをどれだけ刺激できるか、ですね。小学校の担任は、高校とは違ったやりがいがあるでしょうね。

2012年10月10日(水)

同時開催

| 06:32

10月20日13時より、都立豊島高校にて、おにぎりの会と高校部会を同時開催します。

お知らせが直前になってしまい、申し訳ありません。

ぜひ奮ってご参加ください。

jun24kawajun24kawa2012/10/10 06:41詳細のアップ、まってます。

e_chigoyae_chigoya2012/10/11 06:2524kawa先生
わかりました。ありがとうございます。

2012年05月29日(火)

高校部会7月14日

| 22:13

次回の『学び合い』高校部会は、7月14日に開催します。

ヘッダーにリンクを貼りました。

奮ってご参加ください。

id:sumi-chanは、高校の地歴の先生に小学校社会科の授業の相談をしていました。

こんなふうに、参加者の誰にでもメリットのある会です。

学び合い』ですから。

というわけで、高校教員でない方もぜひご参加ください。

学生さんの参加実績もあります。

お待ちしてます。

sumi-chansumi-chan2012/05/29 22:14「日本学校メンタルヘルス学会」で小野田正利先生の分科会に出たのですが、保護者対応がテーマでした。
お題が出されてロールプレイもやりました。手足口病(伝染病)の子に対して、複数の保護者が規定の日数出席停止した後もその子を登校させないように(うちの子にうつったらどうするの!!的な)という訴えがあった場合どうするか、というお題でした。ロールプレイ後、小野田先生からの解説があり、その病気について公的な機関から出ている資料や、HPを一緒に見るというのがよいというお話がありました。今日の記事を読んで同じだな〜と思い出しました。

e_chigoyae_chigoya2012/05/29 22:32同じですね~。保護者とWEになるのは、本当は大前提なんだよね。

sumi-chansumi-chan2012/05/29 22:49連投失礼しますよっと。
高校部会はすごく面白かったです。
高校の社会の先生が、小学校の社会の教科書を興味深く見てくださって、何気なく発する言葉の1つ1つがとても新鮮でした。
また是非参加したいです☆

2012年05月20日(日)

第2回高校部会終了

| 14:15

第2回の高校部会も無事に終了することができました。

直前の告知および中間考査前後の慌ただしい時期にも関わらず、16名の方に参加して学び合うことができました。

特に、今回は学生さんが2名も参加してくださいました。ありがとうございます。

懇親会には、急遽おすぎさんと汚い白衣さんが来てくださいました。ありがとうございます。

  • 現代文の指導事項について、N髭さんからヒントがもらえました。鍵はTOEFLにありそうです。
  • 会場校の副校長先生がとても興味を持ってくださいました。N髭さんが猛烈に口説いて、野望を前進させる良い悪だくみをしていました。こちらの副校長先生は、昨年度からアンテナを張ってくださっています。
  • 初めて会に参加した、という方がいました。手引書を読みつつ実践を始めているそうですが、やはりリアルにつながりを持つのが一番です。ちなみに、その方はT大のM先生のジグソー法による授業研究を一年間なさっていたそうです。ジグソー法から『学び合い』にシフトした体験を興味深く伺いました。

2012年05月08日(火)

高校部会のお知らせ

| 23:25

急なことで恐縮ながら、告知いたします。

日時:5月19日(土)13〜17時

会場:都立豊島高等学校(東京都豊島区千早4-9-21)

お申し込みは

http://kokucheese.com/event/index/37047/

からお願いします。

kota_02kota_022012/05/10 21:57「わかるまで読め」なのですね。

「説明しなくてはそれがわからんというのは、つまり、どれだけ説明してもわからんということだ」(村上春樹『1Q84 BOOK2』181ページ)
と言う、天吾の父親ならば、
読んでもわからないということは、どれだけ読んでもわからないということだ。
と言うかもしれませんね。

ウィトゲンシュタインさんは、
「語りえないことについては、沈黙せねばならない」
(『論理哲学論考』命題7)
なんて言ってますね。意味はよくわかりませんが。

思いつきです。

ghjalghjal2012/05/10 22:09自分は、ある時期、多分高校生ぐらいから、分かりにくい文章は(古文、漢文、専門書をのぞいて)その文章の書き方が悪いからだ、と決めつけて相手にするのをやめました。

e_chigoyae_chigoya2012/05/10 22:59kotaさん
「わかる」ということがどういうことなのか、正直よくわかりません。
学習理論の本を読むのですが、わかるまで読んでいないのです。

ジーンさん
よくわかります(笑)。
強制的な課題でなければ読まないのが正しい対応かもしれませんね。

FlipperKFlipperK2012/05/11 00:09ずーっと以前に大阪でお話しさせていただいたこととかぶるかもしれませんが、そもそも言語(もしくは文章)というのは分かりにくいものなのだ、と思っています。
人間の脳は基本的に情報を並列処理します。ランダムなのがあたりまえです。対して文章はシーケンシャルな処理をしないといけないものだと考えています私は。
本来の処理方法とは違う処理をするのだから、不自然で難しいのが当たり前。
 教師はもともとその不自然をある程度以上クリアしてきた人種の1つなのでしょうね。
だから、「分かるまで読め」というのはまさにそのとおりと感じます。

kota_02kota_022012/05/11 08:12「分かるまで読め」
こういう言い方、好きです。

「夜眠れないんです。不眠症なんです」
「そんなの、寝れば治る」
こういうの、好きです。

「ランダム」「シーケンシャル」の用語はわかりませんが、
外山滋比古氏が『修辞的残像』から『近代読者論』で考えていることとか、
以前紹介した小松英雄氏が、和歌を「複線構造による多重表現」(『やまとうた』講談社)ととらえて解釈していること、
などから類推すると読書においても並行処理しているように思えるのですが。
思いつきです。

西川先生の5/1のブログに「アフォーダンス」という言葉がありました。
潜在しているローカルな意味(アフォーダンス)を利用して環境と接触していくことが「読む」ということなのかな、とも思います。
これも思いつきです。