Hatena::Groupmanabiai

越後屋の『学び合い』帳

東京の高校教員(国語科)です。
ご連絡はimakiy☆yahoo.co.jp(☆→@に変えてください)にメールしてください。

20130625200505

2016年04月26日(火)

弁当

| 20:07

委員会指導やら何やらで、昼休みに弁当をそびれてしまった。午前中もフルで授業だったのに、そのまま5校時に突入。

授業冒頭で、昼食抜きである旨を宣言。新しい単元に入ったのでプリントを配り、簡単な説明をして活動の時間へ。少なからぬ生徒が「先生、いま食べてくれば?」と言う。「どうせ何もしてないんだから」とまで言う生徒もいる。ご挨拶だなと思ったが、言っていることは正しい。さすがに揉めた時に言い訳のしようがないから教室にいたけれど、人として非常にシンプルなやり取りができて、嬉しかった。

授業は文章を書くトレーニングだったが、生徒に「とても書ききれません」と言われて、指定字数の設定を誤ったことに気づいた。指定した構成と内容に対して、指定字数が少なすぎたのだ。ちょっと考えればわかりそうなものだが、昨日の僕にはちょっと考える余裕もなかったのだ。

「あー、間違えたなぁ」と謝っていたところ、先ほどのご挨拶な生徒が「また間違えてる。前も間違えてたよね」と前の席の生徒に言っている。前の席の生徒も「これで学んで、次に間違えなけれけばいいよ」などと言っている。

いくら「学校は間違えるところだ」などと言ったところで、教師自身が間違いを怖れ、間違えるまいと虚勢を張っていたら、やはり「間違えてはいけないのだ」というメッセージとして生徒に受信されてしまう。だとすれば、僕の言動は非常に重要なモデルとして機能するのではないか。

せっかくなので、最後に全体に話して、5校時の授業は終わった。