Hatena::Groupmanabiai

越後屋の『学び合い』帳

東京の高校教員(国語科)です。
ご連絡はimakiy☆yahoo.co.jp(☆→@に変えてください)にメールしてください。

20130625200505

2016年10月14日(金)

短歌の授業

| 12:13

高2現代文B、考査直前の単元は短歌。指導事項は「表現を味わう」。「味わう」とは「良さを感じ取る」という意味らしい(大辞林)ので、短歌とそれを散文に書き換えた(つまり台無しにした)ものとを比較して、短歌の表現にフォーカスすることにした。

栗木京子の

鶏卵を割りて五月の陽のもとへ死をひとつづつ流し出したり

という短歌について、「卵を割った、というだけのことを、こんなふうに表現できるなんてすごい!」と言っていた生徒がいた。

さて、この歌にも対比の技法が用いられているが、読解する側にとっても「対比」は文章の種類を問わず有効なツールだ。今回は「対比(ちがうね)」あるいは「類似(同じだね)」の観点で短歌の理解を深めることにした。

【課題3】次の説明は教科書のどの短歌を説明したものか。

《危篤になった母の「静」と、臨終に間に合うよう急いで帰郷する自分が対比されている。》

→●みちのくの母の命を一目見ん一目みんとぞいそぐなりけれ(斎藤茂吉)

この課題は完全に準備運動で、次の課題の解答の型を示すことが目的になっている。

【課題4】次の短歌を〈対比〉もしくは〈類似〉の観点で説明しなさい。

●こんなにも湯呑茶碗はあたたかくしどろもどろに吾はおるなり

●サバンナの象のうんこよ聞いてくれだるいせつないこわいさみしい

他2首

「説明しなさい」という課題なので、授業の最後に実際に説明してもらった(評価)。画像はその説明。

2016年04月26日(火)

弁当

| 20:07

委員会指導やら何やらで、昼休みに弁当をそびれてしまった。午前中もフルで授業だったのに、そのまま5校時に突入。

授業冒頭で、昼食抜きである旨を宣言。新しい単元に入ったのでプリントを配り、簡単な説明をして活動の時間へ。少なからぬ生徒が「先生、いま食べてくれば?」と言う。「どうせ何もしてないんだから」とまで言う生徒もいる。ご挨拶だなと思ったが、言っていることは正しい。さすがに揉めた時に言い訳のしようがないから教室にいたけれど、人として非常にシンプルなやり取りができて、嬉しかった。

授業は文章を書くトレーニングだったが、生徒に「とても書ききれません」と言われて、指定字数の設定を誤ったことに気づいた。指定した構成と内容に対して、指定字数が少なすぎたのだ。ちょっと考えればわかりそうなものだが、昨日の僕にはちょっと考える余裕もなかったのだ。

「あー、間違えたなぁ」と謝っていたところ、先ほどのご挨拶な生徒が「また間違えてる。前も間違えてたよね」と前の席の生徒に言っている。前の席の生徒も「これで学んで、次に間違えなけれけばいいよ」などと言っている。

いくら「学校は間違えるところだ」などと言ったところで、教師自身が間違いを怖れ、間違えるまいと虚勢を張っていたら、やはり「間違えてはいけないのだ」というメッセージとして生徒に受信されてしまう。だとすれば、僕の言動は非常に重要なモデルとして機能するのではないか。

せっかくなので、最後に全体に話して、5校時の授業は終わった。

2016年03月16日(水)

年度末

| 23:23

成績処理はいつも淡々と進んでいく。他動詞の「進める」ではなく、自動詞の「進む」の方が実感に近い。数値化しなければならない以上、淡々とExcelに入力していくより他にない。そこには入力と集計と算出しかない。

感情が動くのは、採点や添削の時だ。その段階はすでに終えている。考査答案を採点しながら、レポートを点検しながら、手帳が真っ黒になるほど反省や発見、アイディアを書き出した。がんばろう、来年度。

明日の答案返却で素点の修正が生じれば、修正する。そして科会を経て教務に提出。この段階で右往左往することはない。

毎年少しずつマシになっているはずなのに、考えなければならないことはどんどん増えていく。手応えは心許ないが、確かに核心に近づいているのを感じている。

2016年03月06日(日)

需要

| 23:53

あれよあれよという間に、30名弱の方がおにぎりの会に参加を表明してくれました。

需要の大きさを感じています。

校種・教科・年齢を越えた多様さという点では、どこにも引けを取りません。

どうぞご参加ください。

http://kokucheese.com/event/index/381793/

2016年03月05日(土)

久しぶりにやります

| 21:05

おにぎりの会を久しぶりに開催します。

28年度はコンスタントにやっていきたいと思います。

http://kokucheese.com/event/index/381793/