Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の3・4年生の複式学級を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2017-03-20

振り返る 10:46

この1年を振り返る。

子ども達の頑張りで、思った以上に伸びていたことがある。

日々のテスト結果も伸びが見られる。

できることも増えて来た。


が、伸びていなかったこともある。

思うようにいかなかったこともある。

これについては、わかっている。

私の弱い部分が出ているということ。

「ああ、申し訳ない。」

と思う。


少し前、あることで私自身を振り返る機会があった。

まだこんなところで躓いているのか、こんなこともできないのかと、自分自身に愕然とする。

これは、少し前はできていたことじゃないか、むしろ後退じゃないか、と思うこともある。


続けているうちに、初めは丁寧にやっていた基本的な部分を、いつの間にか端折ってもいいと錯覚してしまい、おろそかになっていることがあることも原因の1つだろう。


愕然としたが、落ち込んでいる時間はない。


分かってはいたことだが、その想像をはるかにこえて学ばねばならないことがまだまだあることを思い知らされる。

が、学ばせてもらえる方々がまだまだたくさんいることは幸いだ。


新たに学ぶべきこと。

すでに学んだことで、地道にこつこつと継続していかなければならないこと。

新年度を前にもう一度見直し、行動に移す。


本日午後、来年度の異動が発表される。

私がまだ本校にいるかどうかわからないが、どちらにしろ新しく着任したつもりで始める。

全校『学び合い』参観者 09:46

今年度最後の全校『学び合い』が終わった。

以前「あと2回」とお伝えしたが、2回とも外部からの参観者があった。

県内某小学校から数名の方。

お帰りになってから、課題の出し方などを参考に授業で試されているとか。


近隣の小学校の保護者の方も興味を持っておいでになっていた。


町内の某塾の方々も数名。

町の行政関係の方に紹介され、一緒においでになっていた。

子ども達の関わりのよさに感心しておられた。


その方とは別の行政関係の方が、他の役職の方と、ご自身の大学生の娘さんを連れておいでになっていた。

初めて見えていた行政の方が、

「自分も子どもの頃こんな教育を受けたかった。感激しました。」

とのこと。


また、同行していた大学生の方に、

「あなたも、教師になるの?なるんだったら、こんな授業して、全国に広めてよ。」

とおっしゃっていた。


後で校長先生から伺ったのだが、

「来年度もまた、他の人を連れて来たいがかまわないか?」

とおっしゃていたそうだ。


今回、最もうれしかったのは、授業中、初めておいでになった方々に対して、私が『学び合い』について説明することが、一度もなかったこと。

校長先生や、行政の方が、『学び合い』の良さについてどんどん説明しておられた。


私が赴任してから数年。

それまで本校で積み重ねられてきたことに『学び合い』の文化も加わったんだなぁと思える。

現在の同僚の方々はもちろん、前校長をはじめ、今まで、私が赴任するずっと以前から、本校に関わって来られた内外の方々の力、そして何より、子ども達の力で創り上げてきているなぁと、しみじみ感じることができた時間だった。