Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2016-12-05

出張の先生の補充に入った校長先生 06:33

校長先生のことが続くが…(笑)。


昨年度私が担任し、今年度は別の先生が担任しているクラスに補充に入られたときのこと。


現担任の先生は、

「出張があっても、課題を伝えておくと、自分達でしっかり進められるように今までにしてくれているので助かります。」

と言ってくださっている。


現担任の先生は、がっつり『学び合い』をしているというわけではなく、私のしていたことをそのまましているのではない。

良い面を大切に受け継いでくださりながら、その先生の持ち味や力を生かして、私がつけることができていなかった力をぐんぐんと伸ばしていってくださっている。

ただし、「1人も見捨てない」という点においてはしっかり共有できているので、様々な成長を共に喜びあうことができる。


小規模校は、校務分掌が重なってしまい、出張も多くなるので自分達で学習できる力がますます必要になる(今回は校長先生が入ることができたが、出張した人が重なると補充も難しくなる)。


校長先生が5限目に様子を見に行ったときのこと。

終了近くなったとき、

「校長先生、休み時間も通してやっていいですか?」

と言ってきたそうだ。


1人の子が課題が終わりそうになかったので、自主的に申し出てきたそうだ。

時間の管理も自分達の責任でしている。


放課後になって校長先生が見に行ったときも、時々交代しながらその子がわかるように関わっていたとのこと。


その子の帰りのスクールバスの時間も気にしてあげながら。


残念ながらバスの時間に間に合わず、家で続きをすることになったようだが、ぎりぎりまであきらめずに関わっていたそうだ。

校長先生が、そんなことをうれしそうに話してくださるのが、なんともうれしい。


担任がいないときの姿から、本当に身についた力が見えてくる。

個人も集団もいい方向で成長していってくれている。

munehiromunehiro2016/12/05 18:29いい仕事されてますね

daitouirukadaitouiruka2016/12/07 05:19同僚の方々に、本当に支えられているという実感があります。
いい職場です。