Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2016-12-03

校長先生からの報告 10:50

「主体的」とか、「対話のある」とか、「協働」とか、「学力向上」とか、…様々なテーマが掲げられている他校の研究発表や、研修会などの会に参加されて帰校してからの報告。


決まって、

「うん、うちは『学び合い』でそれができちょる。やっぱり、ええ。」

とのこと。


学校のスローガンに、

「一人も見捨てず、最後まで」

という言葉を掲げて、全学級に掲示してくださっている。


先日の県教委とのお話の中で、来年度の学校経営方針を問われた際、

「来年度も、本校は、一人も見捨てず最後までを方針とします。」

と明確に告げてきたと報告してくださった。


それが単なるお題目に終わらず、子ども達の実際の姿に反映されてきていることも、折に触れてうれしそうに話してくださる。


先日、人権標語を子ども達が考えているとき、教室の掲示物を見て、一人の子が、

「スローガン ひとりもみすてず さいごまで」

と、そのまま読んで、

「お、五七五になっちょる!」

と喜んだ。

すると、他の子も、

「ほんまや。それ、ええ!」


盗作は却下(笑)…でも、ふと子ども達の口からその言葉が出る、そして実際にそれに価値を置き行動しているのを見ていられるのが嬉しい。