Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2016-10-29

先生がいない。チャンス! 09:50

少し前、私が学校を離れなければならない前日。

予定の連絡をしながら、

「明日は、この時間、先生はいません。」

まで言ったとき、子ども達から、

「チャンスです!」

の声。


「自分達だけになったときの行動で、本当の力を試すことができます。だから、そういう場面になることはいつもチャンスなんです。」

と言っている。

それが浸透してきているのだろう。


しかし、まだまだ「全員が十分」とは言えない。

ふだん、できるだけ子ども達に任せているつもりでも、私がいないときについはめを外した行動が出てしまうことがある。

自治の力をしっかりと育てられていない証拠。

反省すべき点をつきつけられる。

私自身がまだまだ本気でそれを子ども達に求めてないということ。


とはいえ、解決する主体子ども達。

私は子ども達にそれを課題として投げかける。


「何度注意してもちゃんと聞いてくれんかった。」

と言われていたA君。

その次の機会には、

「またふざけよった。でもね、一回注意したら、『あ、ごめんなさい』言うてすぐやめてくれたで。」

ずいぶん進歩!


それを認める仲間もいい。


今回の出張で教室を出るとき、

「先生!」

と呼び止められた。

振り向くと、ニッと笑って、

「チャンスやね。」

と、A君。


「そやね。」

と笑い返した。

期待しちょるで。

FlipperKFlipperK2016/11/05 17:43素敵な姿ですね。
先日は岡山まで来ていただいてありがとうございました。

daitouirukadaitouiruka2016/11/07 06:14ありがとうございます。
A君、行きつ戻りつですが、確実に、確実に成長してきています。
ほほえましいです。

岡山の会、私にとって、とても実り多い会になりました。
自分の立ち位置をもう一度考える機会になったというか、スッキリした!というよりも、逆にまたモヤモヤと考えるようになりました。
これは、いい意味で、です。
では、またお会いできることを楽しみにしています。