Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2016-08-27

「自力解決」って 03:40

この言葉、人によって違った意味付けがなされているように思う。

私としては「1人だけで考える」のと「自力解決」というのはイクオールではないイメージがある。


きちんと学んだわけでもなく、よく分からないので、とりあえずネットの授業関係の記事を見てみたら、必ずしも誰とも会話しないという意味ではないように書いているものがあった。

メタ認知的支援」なら「自力解決」に含まれるとか。


学校という枠をとっぱらって考えたとき、社会生活をする中で自分の課題にあたるときに「自力解決できた」というのは、どんな場合を指すのだろう?

誰にも少しも相談しないこと?

書籍やインターネット他者の力を借りていることになるよね?

自分の頭の中だけって言っても、それ以前に誰かからいただいた考え方や知識・ヒントを活用することになるのでは?

…などと、あれこれ考えているうちに、「自力」か「他力」かの境目も分からなくなってきて、そもそも分けることに意味があるのか?と思えてきた。

「自力」か「他力」かということと、課題解決した結果のクオリティは別物だし。


そんな境目のよく分からないものを、時間配分することはさらに困難になる。

授業の場合、設定された「自力解決」の時間に子どもどうしで「メタ認知的支援」をしていると、ついつい「練り上げ」という活動の範囲に入ってしまったら(これも線引きが難しそう)、そこでストップしておかなければならないのだろうか?

「自力解決」や「練り上げ」と言われるものは、実際の問題解決場面では線引きや時間配分関係なしに混在しているもので、初めから全員一律に決められないものではないだろうか?

大きな組織などの場合、スケジュールの関係もあって大枠では個別と全体の時間を設けなければならないこともあるかもしれないが、その場合でもミクロで見ればそれらは混在しているだろう。


そういった線引きをどこにするかを考えたり、時間を思うように配分できなかったりすることに悩むくらいなら、はじめから各自の責任において自由に交流した方が結局合理的だと思う。



「1人でできる力」をつける必要はないと言っているのではない。

何らかの状況で、本当に誰にも頼れない事態になったときは、当然「1人でできる力」が必要だ。

ただ、その「1人でできる力」をつけるために、まずは借りられるときに他者の力を借りることもできる。


「問題解決能力」というのは「1人でできる力」と「他者と協力できる力」を総合したものだろうと思う。

「1人でしかできない」とか「他者がいないとできない」ではなく、「1人でも、他者とでもできる」。


教育界の研究の用語にあっているかどうかを考えず、自分のイメージとして「自力解決できた」というのは、「1人だけで解決できた」というより、とにかく人であれ物であれ、活用できるリソースを最大限に活用して「自分の責任において解決できた」という感じだ。

「自分の責任において」というのは、それが自分の課題であれば、借りた力が不十分であったり、もらった情報が正しくなかったとしても相手のせいにせず結果を引き受けるということ。


ふと、

会社の先輩「1人でできたじゃないか!」

新入社員「いえ、先輩方のアドバイスのおかげッスよ!」

という、ありがちなドラマのシーンが浮かんできてしまったが…(笑)。


自己責任解決」とか「自立解決」の方が自分の感覚的にはぴったりくるかも。

その中には、授業で言う「練り上げ」にあたるものも含めて。



とは言え、自分も含め、誰もがそんな力を全ての分野において十分に持つことは難しい。

だから、不足しているところは互いに支え合おうとする心も同時に育てたい。

motoryoumotoryou2016/08/28 08:22>「1人だけで解決できた」というより、とにかく人であれ物であれ、活用できるリソースを最大限に活用して「自分の責任において解決できた」という感じだ。

自分の責任において,というのがまさにだなあ,と思いました。

daitouirukadaitouiruka2016/08/28 12:44motoryouさん、ありがとうござます。
自分の責任を自覚できるようにするためには、自由さを保障しなければならないと思います。
『学び合い』の考え方に自分は賛同しています。
でも、それを他者に押しつけたらアウトだと思います。
子どもであれ、大人であれ。
また、「方法」についても、いくらよかれと思っても押しつけたらアウトだと思います(即座に命などに関わる重要なことは別)。
どちらも「自分の責任において」解決しなくなってしまうから。