Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2016-08-16

お伝えした(つもりの)こと⑦ 続々々 教師の仕事は?「子ども達の考えを教師が把握し、繋げるべきではないか?」 14:34

続き。

子ども達の考え」

について。


子ども達に自由に話させると、よい考えが全体のものにならなくて埋もれてしまう」

と言われる。

「よい考えは、よく分かっている教師が見つけてあげて全体のものにしてあげなければならない」

と。


ここでさらに、

「よい考え」

という言葉について考えてみる。


まず、「よい考え」というのが「高度な考え」という意味なら…。

ある子のその「高度な考え」を教師が拾う。

それが分かる子に教師が繋げ…。

と、教師の力量によってうまく繋がっていって全体のものになることもあるのかもしれない。

でも、私は、より深く理解しようと思えば個々に幾度も対話を重ねていくことが大事だと思っている。

子ども達の主体性を育てるためにも。

また、高度な考えであれば、しっかり聞いているようでいて実はそこについていけてない子ども達が何人もいるのではないかという心配が私にはどうしてもぬぐいきれない。

子ども達に自由に話させたとき、高度な意見が全く埋もれてしまうものでもない。

それが理解できる子に子ども達の力で繋げ、その子の言葉を理解できる次の子に繋げ…という活動の機会を保障したい。

もちろん、埋もれたままになる可能性はある。

でも、教師が拾えていない可能性とではどちらが多いのだろう?



または、「よい考え」というのが「みんなにとって有益な考え」という意味なら…。

それならば、もしそれが個人や一部の子の中に埋もれてしまっていたのなら、

「なぜそんなに有益な考えがみんなのものにならなかったのだろう?」

と、子ども達の繋がり方を再考するよい材料になり、次へのステップにすることができるだろう。



または、「よい考え」というのを「誰にとって?」という視点から見てみれば…。

それこそ、個々によって違うだろう。

それは「高度な考え」ではなく、もっと「低次元の考え(疑問や勘違いも含めて)」かもしれない。

例えば、既習のことについて「この字、なんて読むんだっけ?」「半径ってどこだっけ?」「センチメートルってどう書くんだっけ?」…等々。

だが、それは高度ではないかもしれないが、個々にとって最も「よい(有用な)」考えだ。


「みんな」に最低限の理解を保障することを大切にするならば、むしろそんな「低次元」の対話を無数に重ねる自由のある場を保障するべきではないか。

それは、決して「高度」な対話をしたい子の活動を止めることにはならないと思う。

FlipperKFlipperK2016/08/18 18:20 まぁ、結局は教師側がどうとらえるかなのかな、と思います。繋げることも教えることも。
繋げることについては、大半が可視化ですむ場合だと思いはするのですけどね。子どもの動きの(イコール情報の広がりの)流動性の高い集団であればあるほど「よい情報」は広がっていくでしょうし…。よい情報が広がっても、必要感がなければ入っていかないのは、発信元が教師でも子どもでも同じでしょう。情報の受けては、教師だからとりわけ聞いてくれるわけではないでしょうしね。
 だから、結局授業者がどうとらえるかなんでしょうね。
 私は、「教えたい、教えるべき」と思ったら、教えればいいじゃん、と思う方です。授業者がそれで納得できるのなら。です。

daitouirukadaitouiruka2016/08/19 02:56FlipperKさん、ありがとうございます。
私もそうです。
『学び合い』を知る以前との違いは何かと考えてみると、それを選択するかどうかを決めるのが教師であると思っていたのが、子どもに移ったということだろうと思います。
教える(というか伝えるという感覚かな?)ときも、
「先生が伝えるのは、あくまでも選択肢の1つとしてとらえてね」という姿勢。
「教えたい、教えるべき」と思うことがあれば、私も「ちょっと言わせて」と言うこともあります。
特に他の人に『学び合い』について伝えるときも、「がまんし過ぎて精神衛生上悪いと思ったら教えてください」と言っています。
いらいらして別のところに弊害が出るといけませんからね(笑)。

まあ、「教えたい、教えるべき」と思うものがあれば、たいていはあらかじめ課題の中や資料のプリントに入れるようにしています。
どのタイミングでそれが必要か個々でちがいますから。
ただ、「教えたい、教えるべき」と思ったとき、以前より、「本当に?」とか、「教師じゃなくちゃできない?」と立ち止まるようになりました。
そして、教えた後も、「教えたから正確に伝わっているとは限らない」と以前以上に思うようになりました。