Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2016-01-31

かわいそう 14:58

私の授業を外部から見に来てくださったある方(『学び合い』の授業が目的で見に来られたわけではない方)に、

「みんなが自由に動いていたとき、ポツンと一人でいた子を見て、かわいそうになってきた。教師がなんらかの手だてをしてあげるべきだったのでは?」

とのアドバイスをいただいた。


反論を始めるとついつい熱が入ってしまい、私としては純粋に考えを交流してせっかくの協議の時間を充実させたいという本気の思いとは裏腹に、「攻撃」をしているととられてしまいがちなので、ここは少し控えようと思った。

…のだが、やはり話し始めていた。


せっかくおっしゃってくださった方に対して不誠実だから。

そして、その場にいた他のたくさんの方達にも「そのとおりだ」と思われたまま帰られると、『学び合い』…とは言っていないが、あのような活動をさせることはやはり「かわいそう」なことなのだと確信を深められると、『学び合い』ができる環境が遠退いてしまうと思ったから。


思っていることを言わない訓練よりも、思っていることを曲解されずに伝える訓練をした方が建設的だろう。

子ども達にもそう求めているわけだし。


その方には(だけでなく参加されていた全員に対して)、およそ次のように伝えさせてもらった。


・一人ポツンとした子に対してどう動くか、一人ポツンとしてしまった子自身がそのような状況でどう動けばよいのかを考えていくことの重要さを常に語り、励ましながら、自分(達)で行動に移すことを求めていること。

・個々の格差やつまずきは目立たないように配慮すると、かえって教師の思いとは逆に、理解が遅いことを「隠すべき悪いことだ」と印象付けてしまうので、むしろ、テスト結果等もオープンにして「全員の向上のために自分が何ができるか」を考えることを求めていること。

・この時間のみの知識や課題のためだけではなく、この子達の10年後、20年後、その先のことを考えて、あえて教師が直接手を出すことをがまんしていること。

・本当に「かわいそう」なのは、その力をつけずにそのまま社会に出してしまうことだと思うようになったということ。


およそこのような趣旨のことを伝えさせていただいた。

自分的には、批判がましくなってはいなかったと思うのだが…。


その方は一応「分かった」と言ってくださったし(本心まではわからないが)、最後にもうひとつアドバイスをくださったので、気分は害されていなかったのかな、と判断させてもらうことにした。

二つ目のアドバイスは納得できたので、感謝の意を伝えた。


ずっと誰とも関わらないわけではなく、ある場面で一人ポツンの状態になることそのものは全く悪いことではない。

むしろ、一人で考えたり、他者と考えたりする時間があることの方が自然である。


ただ、今回は、その発言をされた方の見立てた通り、その子は他者と関わった方がよい場面で、自分もそうしたいと思いながら一歩踏み出せず躊躇していたのは確かだった。

それは、その子自身が現在持っている課題でもあることは私のみならず、クラスの子ども達みんな承知していることだ。

そして、それに対する対策も子ども達はあれこれ考えて実行してきている。

そのことも協議の中で伝えさせてもらった。


まあ、実際、授業では、さすが子ども達、一人ポツンの状態は数分で、後で混じって学び合っていたのだ。

そして、気になるその子の授業評価票は、全ての項目が最高点だった(その子は普段からアンケートには悪い評価もつけるので、私に気を使っているわけではないだろう)。

その結果も協議で紹介できたのでよかった。

空白の時間 13:41

以前は、授業中、子ども達が手持ちぶさたになってしまう空白の時間ができないようにするためにあれこれ活動のさせ方を考えたり、プリントを用意したりした。

でも、個々人で、できるかできないか、できても時間がどれだけかかるかもばらばら。

そして、それぞればらばらにやっていることに、対応するのが教師一人だとかかる時間は無限に増えていき、結局空白の時間を無くすためにしたことで、さらにその指導を待つ時間ができるという笑えない矛盾が起こる。

そしてばらばらにさせていた課題に目を通す時間が休み時間にまでおよぶ。

それを毎時間の授業でする。

…なんてことは物理的にも無理になってきて追い詰められる。

そういう問題をクリアできる名人もいらっしゃるようだが、自分はなれそうにない。

いつしか、

「授業中、授業内容のことばかりじゃなくて、ちょっと息抜きのできる時間もある方がむしろ人道的じゃないのか」

などと無理矢理自分を納得させようとしたり…。


学び合い』に出会い、その授業の学習内容を自分個人が達成することのみではなく、みんながみんなの力で本当に達成することを求めるようになってから、その無限に増えていく教師の個別対応から逃れることができた。

解決すべき課題を少なくする方向ではなく、むしろ学習内容のみに限定せず、学び方、人としての生き方にまで広げたことによって。

そして、その解決を教師が考えた新たな活動を与えられることによってではなく、自分で、自分達で考えた最良と思える方法を試行錯誤しながら進めていくことによって。

学習の課題としては一つでも、その課題を達成するために個々人の内部ではさらにいくつかの課題が生まれてくる。

こうして、個別の課題に取り組みながらも空白の時間が生まれず、しかも能動的な時間になるという、半ばあきらめかけていたことが実現できるようになってきた。

しかも空白を埋める活動に「他者への貢献」や「他者への感謝」も学べる活動も加えることができるとは。


確かに、実践していくなかで、壁にあたることはいくらでもある。

しかし、だからといって、その壁を自分がしてきた旧来のやり方を続けることによって破ることができるかというと、自分の中ではますます現実感がなくなってしまう。


子ども達と『学び合い』をする中でともに壁を越えていく方がよい。

何より、その方が楽しいと言ってくれているから。

2016-01-11

学び合い』の会を開くときに 02:05

ogymさんとお話した中で伝え忘れていたことを、追伸の形でここにメモしておきます。

それぞれ会の目的や、主催する人のこだわりはあると思いますので、あくまでも私のスタンスということで。


会を開くときに、少しでも来やすい雰囲気にするため、「『学び合い』のことが主になるとは思いますが」という前置きはしつつ、それにこだわらず、教育に関することで話したい事、聞きたい事を何でも持ち寄ってみんなで話せる場にしたいことを伝えるようにしました。

指導案をつくりたいというのもあり、その人の事情も考えつつ、できる限り『学び合い』になるようにみんなで考えたこともあります。

西川先生を始めいろんな人から仕入れた教育に関するお役立ち情報もシェアしたりします。

ogymさんはたくさん本を読まれているので喜ばれるのではないかと思いますよ。

とにかく、参加した人それぞれが話したい事、聞きたい事など、この会で達成したいめあてを出してもらい、それについてみんなで考えるという感じです。


「『学び合い』を広める」ということを意識しすぎるとそのつもりはなくても「押しつけ感」が出てしまい、敷居が高くなり、参加をためらう人もいるのではないかと思います。

それよりも、その会に出ると悩んでいたことの解決のヒントが得られる、みんなで学び合えるという雰囲気を作りたいのです。

そうする中で、『学び合い』のよさが分かっていってもらえるのではないかと。


その方が『学び合い』の形だけではなく、精神が伝わるように思うのです。

それに、『学び合い』は教科指導にも生活指導にも関連できるので、どんな悩みでも結局結び付けて話すことができますので(笑)。


それから、それぞれの事情で「遅刻」も「早退」もご遠慮なくということも。

だから、めあてを書いたり、途中参加の人にもある程度何を話したかがわかるホワイトボードなどがあるといいと思うのです。


三崎隆先生の、『教師のための『学び合い』コミュニティのつくり方』は読まれましたか?

会を開くにあたってのアドバイスがたくさん載っていますよ。

それから、お伝えしていた『効果10倍の〈学び〉の技法』も校内研など、負担感なく楽しくみんなで学び合う環境づくりのヒントがたくさん載っていますよ。


いくつかの本を読んだり、実際に様々な方が開いている会を参考にさせていただいたりして、今のところそんな運営になっています。

ogymogym2016/01/13 02:09ありがとうございます。参考にしていきたいと思います!

2016-01-09

東京へ 17:43

明日の臨床教科教育学会に参加するため、もうすぐ高知を発つ。


前回も参加させてもらい、有意義な時間が過ごせた。

今回も、出張として参加させてもらえる。

本当にありがたいことだ。


どんな方々とお会いし、どんなお話ができるか。

どんな情報を得ることができるか。

とても楽しみだ。


その分しっかり還元できるようにしなければ。

scorpion1104scorpion11042016/01/11 09:33ずっと、ずっとお会いしたかったので本当にうれしかったです。なんだか、言葉はいらないと思うぐらいの距離感で伝えたいことが伝わっている気がしました。だからこそ、daitouirukaさんの質問に関して大事にしたいと思いました。次回の発表時にはその点をもっと掘り下げていきますね。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2016/01/11 09:48昨日、臨教でご挨拶した、東京の小学校教員です。

ネットは以前に、交流していた方と、偶然、お会いしたので、驚きました。

私も、故郷は青森ですし、自然の多いところは、大好きです。

そんなには、お会いする機会が無いのが、残念ですが、ブログなどで、また交流出来たら幸いです。

今後とも、よろしくお願い致します!

ogymogym2016/01/11 12:30楽しかったです!!ありがとうございます。御帰りもお気をつけて!

daitouirukadaitouiruka2016/01/11 20:55scrpionさん。ありがとうございます。
とても意義深いことに取り組んでおられて、今後の発展に期待しております。
もっとお話をしたかったのですが、とてもタイトなスケジュールで飛び回っておられるのですね。
「一人も見捨てられない社会」を実現していくにあたって、特別支援教育において、また、それにとどまらず、全ての子ども達の教育において学んでおくべきものは何か。
見つけていきたいですね。
scorpionさんが去って行かれた後もしばし3人でそれらのことを話しておりました。
多くの人々と話し合っていかなければならないことですね。
そういえば、何を学ぶかについて一つ私の妻が言っていました。
私の妻も小学校教員で、特別支援学級を何度か担任したことがありますが、担任していた子が中学校も卒業した後、保護者の方と電話でやりとりしているなかで、
「絶対運転免許だけは取らさないかんで。」
と言っていました。
様々な文章の理解は難しくても、せめて運転免許を取るために必要な文章だけでも身につけておけば、生活や就労に有利になるということで。
私達の暮らす町には交通機関が発達しておらず、車、いや、せめてバイクの免許があるかないかでその後の自立に大きな差ができるのです。
働く場所も見つからず、やや自暴自棄になり、生活も荒れてきていたので、何とかしてやりたいと言っていました。
誰もが学ぶべきものも探っていかなければならないと思います。
が、併せて、その子の能力や置かれた環境よって、個々に学ぶべきものも探っていかなければならないなと思ったことでした。
ともあれ、どの子であっても、周囲の人々とつながることができる力はつけていきたいですね。
本人がそのことを理解できない場合であっても、周囲がみんなその心と力を持っていれば何とかなる。
それにはやはり『学び合い』だな、と改めて思ったことでした。
Kyoさん。ありがとうございます。
以前から学校組織内にとどまらない視野で『学び合い』をとらえて活動されていましたよね。
今、まさに、学校を超えたところからも『学び合い』に目をつけてこられる方が増えてきていますね。
まあ、私自身の経験でも、以前から、周囲の人に『学び合い』について話したとき、納得してくださったのは教員よりも教員以外の仕事をしている方が多かったですが(笑)。
ogymさん。
お顔が見えたとき、何とも言えずほっとしました。
私もとても楽しい時間を過ごせました。
本当にいろいろと共通点が多いですよね。
scorpionさんへの質問にしても、全く同じことを思っていたというのがおもしろいですよね。
さらにもうひとかた、1Kawa-nakajimaさんも同じ質問を思い浮かべていたとは。
いっぱいお話しましたが、酒が回っていて、かなり記憶があやふやなものも…まあ、その分、次にお会いした時にまた新鮮な気持ちでお話できますね(笑)。
二人で話すのも、また、別の方も交えて話すのも楽しみです(水落先生や奥様ともお話できてよかったですね)。
そちらの会も発展していくことを祈っております。

ogymogym2016/01/11 22:58『学び合い』を徐々に広げて行くまでの話、参考になりました。あとは何より、それこそ同じようなこころざしの人がいる、というだけで、とても勇気付けられました。あとはまた次に新鮮な気持ちで!^^です。次回までに話せる「やってみた」を増やしておきたいと思います。仲介してくださりありがとうございました。weでやっていきます^^。