Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2015-01-28

四万十市の『学び合い』の会がお役に立てた 03:18

前回報告した会で、

「今度の研究授業で『学び合い』をするにあたって、指導案のアドバイスをいただきたい」

と、私の古くからの友人でもあるA君の要望に応え、みんなであれこれ意見を出し合っていただいた。


実はこのA君、あまり表には出てこないが、『学び合い』のことを話した時からすぐに賛同し、自身も、出来る範囲で取り入れながらずっとその考え方に基づいて授業をしてきた人物だ。


会の後にも数度電話で、授業のこと、そして、その後の研究協議に臨むにあたっておさえておきたいことなどについて話し合っていた。


例えば、研究授業はその単元の3時間目にあたるのだが、ぜひその前の2時間の子ども達の変容も伝えるべきであるということ。

研究授業の前日の電話で、

「1時間目、だれ1人課題が達成できなかったので、実はかなり焦った。

でも、セオリー通りそのことについて触れ、子ども達に対策を考え実行に移すよう促した。

すると2時間目は予習する子も増え、1時間目には友達とうまくかかわれずかなり気分を壊して動けなかった子も、自分から積極的に行動し、全員課題達成した。」

という話もあったからだ。


そして、その1・2時間目のことを報告することが、『学び合い』の目指す「トライ&エラーを繰り返しながら自分達で進化していく」ところをより鮮明に伝えることができると思ったからだ。

「その研究授業の時間だけ」を対象にした協議では、「もっと教師が手を添えていれば全員課題達成できたのに」という方向に話がいってしまい、目指しているものがぼやけてしまう。


さらに、授業者が落ち着いた心で授業に臨んでもらいたいという気持ちもあったからだ。

「全員課題達成できなかったら、批判をうけるだろうなー。やっぱりそうならないように、いざとなったら手を出すべきかなー。」

などと迷いが生じると、不安が子ども達にうつるうえに、結局中途半端で『学び合い』としても、一般的な授業としても失敗という結果になる(私が経験済み:苦笑)。

その点、実際に1時間目から2時間目にかけてかなり劇的に変化した事実があると強い。

研究協議でもしっかりとその事実を伝えることを決めておく。

そうすると、たとえ研究授業で全員課題達成できそうになくなっても、それは織り込み済みであり、そのことそのものが大切な学びになっている(教師にとっても、課題設定や環境整備に関しての学びになる)と思えることで落ち着いていられる。

だから、今まで通りそのことを振り返り、次回の改善を促すという締めくくり方を安心してできる。


その他、『学び合い』について持たれるであろう疑問点と、それについての考え方を私なりに伝えておいた。



そして昨日、研究授業が終わったとの報告を電話でもらった。


今回の授業は、『学び合い』でやると決めていたのだが、一般的な授業とのギャップに周りの先生方の抵抗感が起こらないよう、少し折衷しながらやろうかという迷いもあったそうだ。

しかし、やはりやるならちゃんと『学び合い』でやってみようと思い、実行したらしい。

そして、「やはり、それでよかった」と思えたそうだ。


参考になればと、その単元の課題が一覧になっている自作のシートのデータも渡していたのだが、それも子ども達に配布し、予習も奨励するなどして活用してくれた。


結果、全員の課題達成はできなかったが、A君自身はとても納得できる授業だったということだ。

研究授業までの2時間も含め、子ども達の姿がよく見え、様々に気づかされたことがあり、大変収穫があったということだった。


その後の研究協議では、やはり「疑問点」や「もっとこうすれば」という意見も出されたが、どの意見もありがたく受け取れたということ。

その上で、その1つ1つに対してきちんと自分なりの考えが頭に浮かび、応えることができたそうだ。


もう1つ。

今回は隣接の中学校の先生方も研究授業と研究協議されていたということだった。

そして、「子ども達全員が主体的によく動いていること、よく書いていることにおどろいた。」

「予習をしているのに感心した。自分達の勧めてはいるのだが、なかなかうまくいかない。どうすればよいのか。」

「参考になった。」

「私達もがんばらねばと思えた。」

など、概ね好評をいただいたということだった。

小学校だけでなく、中学校の先生方の考えもいただけたので広がりができ、それもまた大きな収穫だったそうだ。


この後のこととして。

研究協議で出されたことは、良い評価を受けたことも、疑問点もちゃんと子ども達に返し、そのことについてどう思うかきちんと子ども達の考えをきいておくことを勧めた。

学ぶ主体は子ども達。

本人たちを外してはいけない。

本来なら研究協議にも参加してもらいたいところ。

教師の評価についての子ども達の応えは、次の学習への大切な材料になるから。

そして、疑問を持たれた方へ、子ども達の生の声を根拠にお応えできるから。


詳しい話は次回の四万十市の会で報告してくれるそうだ。


ちなみに、FlipperKさんの日記でも、会で報告された「道徳」の授業の進め方を参考に実践された報告があった。


前回の四万十市の会で学び合ったことが、実践に役立てられていると思うとうれしい。

2015-01-19

四万十市の『学び合い』の会 今回も充実 06:56

参加者7名。

うち、県外2名。

じっくりお話することができました。

あと、bunbun-hさん、「心だけ」参加ありがとうございました(笑)。

それぞれの場所で、それぞれの役割を果たしていきましょう。

でも、また直接お会いしたいです。

それから予定していた1名が発熱のため直前キャンセル。

残念。


Oさんは、道徳の実践を報告してくださった。

学び合い』じゃないかもしれないけれど…と言いながらの報告だったが、子ども達の様子を聞くと、まだ意見を聞いていない人の意見を聞きたが

るなど、みんながみんなの考えに関心を示しながらどんどん発言し、授業を楽しんでいるようで、「学び合っているなぁ」と思えた。

私もそれをヒントにイメージがわいてきてやってみたくなった。


ここで、

「算数の『学び合い』はイメージできるが、国語や社会はどうするかイメージしにくい」ということが出された。

それについて実際にどうしているかFlipperKさんが報告してくださったり、私の例を挙げさせていただいたりした。

算数は「あることをできるようになる」というパターンの課題が多いのではないだろうか?

そして、そのパターンだと達成したかどうかが分かりやすいこともあり、初めに手をつけやすい。

一方、道徳や国語(出し方によっては社会)など「それぞれの考えを練り合い、さらに良い考えを作り上げていく」ことを求めるパターンの課題が考えられるものは、ちょっと手をつけにくい印象があるのではないだろうか。

まあ、どの授業であっても両方のパターンの課題は考えられるし、「あることをできるようになる」過程で「練り合う」ことも起こるので、前者と後者は明確に分けられないところもあるので、あくまでも傾向の話だが。

学び合い』をしている方達からよくお聞きすることで、私自身も感じていることだが、うまくいくと、とても面白く感じるのは後者だ。

そして、「手がつけやすい」前者が充実し、当たり前のように定着していくと後者もうまくいきやすいように思う。

学び合い』を繰り返していく中で、みんながみんなに興味を持ち、つながりを感じていくようになるから、多様な意見が出しやすくなるのだろうか。

前にここで報告したことがあるが、全校算数の『学び合い』をしている私の勤務校で、あるとき、全校で道徳や人権に関する授業をしたら、自分の考えや思いを出し合うことが以前よりもスムースにできたという経験からもそう思えた(だからまず前者からやりましょうと言っているわけでもない)。


「他の教員に、学習規律(きちんと座って聞くという意味での)をつけることも大切ではないかと言われた」

ということも出された。

それについては、まず「学習規律って何?」というところから議論したいところではある。

「課題を達成するために有効な行動」とか、「他者の邪魔をしない」「他者の益になる」行動という視点から見れば違った考え方も出てくると思う。

まあ、それを言うなら受け入れていただけるだけの関係を築けていなければ反感を買うだけになってしまうので慎重でなければならないが。

また、姿勢に関しては、私個人は良い方が体の動きの質や健康面のことを考えると良いと思うが、それにとらわれすぎていつしか目的化してしまうと、多様な子ども達がいることを考えると弊害も多いと思う。

書籍もたくさん持ってきていたので、その話題に関することが記載されているものをお勧めした。


FlipperKさんは、他の方の疑問点にも触れつつ、ご自身の実践を報告してくださった。

詳しくは書けないが、『学び合い』をする前の状態を聞きつつ、その変化を知ると『学び合い』の有効性を実感できる。

FlipperKさんは、ブログを拝見していても、「子ども達を信じて任せる」ということをとても大切にしていると思う。

今回も参加されている方から出された疑問点についてのお応えの端々にそれが感じられた。

4時間以上かけて来てくださったが、開始時間よりも早めに到着されて、2人きりでお話もできた。


もう一人県外から来られたKさんは、『学び合い』をする中で子ども達が「もっと男女が交流できればいいのに」など、様々な改善への思いを持っている子がいるということを報告してくださった。

それは自分たちの学習を主体的にとらえ始めたことであり、とてもいい傾向だと思う。

クラスで共有し改善を図っていくことを繰り返していってほしい。

すでに、話し合った改善策をボードに書いてそうった場面が見え始めたときにそれを示しながら意識してもらうようにしているとのこと。

また、他のクラスの子ども達が、Kさんのクラスの授業中の動きを見て今までと違った動きをしているのを見て「何してるの?」みたいに疑問に思われたりするらしいけれど、「これでいい」としているらしい。

自分たちの学習の有効性に自信を持っているのだろう。


県内の某校の先生お二人は、実際に教科書を持参して「ここの部分の課題はどうしたらよいだろう」という質問をされた。

私を含め参加した先生方で「自分ならこうする」などの意見を出し合った。

そして、「『学び合い』ならこうあらねばならない」ということを方法の面でそれほど堅苦しく考えることはなく、スッキリしないなら無理せずすればいいということが出された。

私自身もそうすることはある。

ただ、その場合は、目指すところは私ができるだけ口出しなくて済むようにしたいんだが…ということを私自身にも言い聞かせ、子ども達にも伝えるようにしている。


私自身も上越訪問で得た情報や、教育委員会の方からいただいたアクティブラーニング等に関する資料の紹介をした。

その中に特別支援教育に関する項目があったので、今回も来ていただいた特別支援学校の先生からそのことについての情報をいただいた。

将来的に必要な力というものを見据えた教育内容は、特別支援に限らず重要なことだと思う。

今度、さらに詳しくお聞きしたいと思った。


今回も収穫があった。

みなさん、ありがとうございます。

FlipperKFlipperK2015/01/19 18:44お邪魔した甲斐がありました。ありがとうございました。

scorpion1104scorpion11042015/01/19 19:39詳細ありがとうございます。
多岐にわたっておられるても、濃~い内容ですね。

「その中に特別支援教育に関する項目があったので」
この点について、もう少し教えていただけませんか?

suikanomeisantisuikanomeisanti2015/01/19 23:03日々の実践話、やはりこれに勝るものはないですね。うらやましいです。私は算数以外では課題作りに行き詰った経験があります…。

ogymogym2015/01/20 00:59>>まず「学習規律って何?」というところから
拝見していてワクワクしました。話を聞きたくなりました^^。

daitouirukadaitouiruka2015/01/21 00:13FlipperKさん、ありがとうございます。
FlipperKさんのコメント欄にも書かせていただきましたが、いろんな方の出会いの場に立ち会えるのは楽しいです。
またどこかで、今度はまた別のどなたかを交えてお会いできるのを楽しみにしております。
あ、2人でのお話も充実していましたよ、念のため(笑)。
scorpion1104さん、ありがとうございます。
特別支援教育に関するお話で触れさせていただいたことは、一つは、行政の文書にもよく見かけられるようになってきたように、今後ますますインクルーシブということが重要視されていくだろうということ、それには『学び合い』の考え方が合致しているだろうということです。
それからもう一つは、臨床教科教育学会セミナーで、上越教育大学のSさんと西川先生の連名で「特別支援を要する児童生徒に関する研究―学校で身につけたい力に着目して―」という発表がされていたことについてのお話です。
どのような発表か、論文の要約の部分だけ抜粋させていただきます。…いいのかな?だめならどなたかおっしゃってください。すぐに削除しますので…
「本研究の目的は、特別支援学級の児童生徒が自らの将来を見据え学校で身につけたい力を明らかにし、また、特別支援学校の卒業生が、卒業後の生活を見据え当事者自らが学校で身につけたかった力を明らかにすることである。特別支援学級に在籍する児童生徒や保護者、特別支援学校の卒業生を対象にアンケート調査、インタビュー調査を行った。その結果、特別支援学級に在籍する児童生徒は、学力を身につけたいと感じているのに対し、特別支援学校の卒業生は、コミュニケーション能力や人と関わる力を身につけたかったと感じていることが明らかになった。」
この発表に興味があったのでその報告をさせていただきました。
私自身、特別支援学級を担任した経験がありますし、四万十市の会に、前回も今回も参加してくださった特別支援学校勤務の先生への上越からのお土産話になると思ったのです。
発表をお聞きしながら思ったことは、こういった内容のことに関して、特別支援教育関係の機関ですでに大々的に研究されていないのかな?ということです。
とても大切なことだと思ったので。
その質問を発表後にSさんに直接お聞きしたところ首をかしげておられたし、特別支援学校の先生にお聞きしても「あるのかもしれないけれど、知らない」とのことでした。
確かにあるのかもしれないけれど、少なくとも専門の先生の中でも「常識」になっているほどには知られていないということでしょう。
考えてみると、特別支援教育に限らず、そのような調査は大々的に行われているのでしょうか?
以前、西川先生にお話を伺ったとき、教育内容について、「実際に社会に出てからどのような学習が役に立っているのかということを調査したい。それで、学習指導の内容を検討していきたい」とおっしゃっていたような…食事をしながらで、メモも取っていませんでしたので、脳内で勝手に変換されていたらごめんなさい…。
と、まあ、こういったところです。
特別支援学校の先生には今度またじっくりお話を伺いたいです。
suikanomeisantiさん、ありがとうございます。
悩みながら、でも、その手ごたえを十分感じながらのご報告でした。
お聞きしているこちらも元気になります。
その先生がどのうような課題を出したかのお話の中にも、その先生がどのようなスタンスで子ども達に接しているかという姿が見えてきてとても参考になります。
ogym さん、ありがとうございます。
常識のように言われているいろんなことを根源の部分から考えてみると、本当はどうなのかな?っていうこと、たくさんありますよね。
私は考えてみたい方なのですが、そういった話を誰彼かまわずやってしまうと鬱陶しがられますので、自制するよう努めています(笑)。
またお会いした時にじっくりお話しましょうー。

scorpion1104scorpion11042015/01/21 03:58daitouirukaさん
とても詳しく書いてくださって事情がよくわかりました。ありがとうございました。
インクルーシブ教育に関しては、文科省は現場の意識を変えていきたいとする方向性はもの凄く感じます。その方向性は、インクルーシブ教育という文言はないけれども現行の学習指導要領にもはっきりと明記されています。しかし、現場は旧態依然で変わる気配が行動としてはないように思います。研修では、いくらでも扱われていますが・・・。結局、日々の生活の中で具体化することは非常に難しいのだと思います。
『学び合い』は、インクルーシブ教育そのものだと思っています。

akifune3akifune32015/01/24 02:34イルカさん
いつもお世話になっています。先日は上越にお越しくださってありがとうございました。

ゼミ生のSに,イルカさんのブログ記事を教えました。自分の発表が周りに影響を与えているということを実感することができたようです。ブログでSの研究について紹介してくださりありがとうございました。

daitouirukadaitouiruka2015/01/24 10:39akifune3さん、こちらこそありがとうございます。
その節はお世話になりました。
みなさんしっかりと研究なさっており、とてもためになるセミナーで、行ったかいがありました。
次回の校内研ではセミナーのことを報告させてもらおうと思っています。
また、こちらへおいでいただいたときにゆっくりお話できることを楽しみにしております。
Sさんや他の発表者のみなさんにもよろしくお伝えください。

2015-01-12

うれしい 18:30

今度の土曜日の四万十市での会。

岡山の FlipperKさんが参加してくださることになった。

まっすぐ誠実に実践を積み重ねておられる先生。

大きな楽しみがまた一つ加わった。

ものすごく遠いところを、しかも日帰りで参加される。

せっかくなのでゆっくりしていっていただきたいのだが無理も言えない。


これをご覧の方、もう一度お誘いします。

詳しくは12月30日の記事で。

臨床教科教育学セミナー 18:17

本校の校長と一緒に参加させていただいた。

みなさんの研究発表を、思わず私の大学生時代と比較しながら見てしまった。

現職の方はもちろん、まだ教職についたことのない学生さんも、興味深い内容のことを堂々と発表されていた。

「研究って本当はこうでなくてはなぁ。自分の卒論なんて本当に誰の役にも立ってないなぁ。」

とつくづく思う。

会場の方からは、ただ「素晴らしい」だけでなく、疑問点や不備と思われる点もきちんと出され、次につなげていくということを大事にされていた。


自分達が学校で実践する中で、

「実践してみて印象としては効果があるようだが本当にそうなのだろうか?」

「こういった心配されるようなことが起こりそうなのだが、実際大丈夫なのだろうか?」

など、様々な疑問がわいてくることがある。

また、自分では疑問に思っていなくても、批判的な人にとっては、自分の体験だけでは説得力がないときもある。

そんな場合に、こうした研究が積み重ねられていたらとても心強い(まあ、そんなものを見てもそれに価値を置いていない人はいずれにせよ納得はしないだろうけれど)。



職場や仲間にお土産ができた。

伝えるのが楽しみだ。



学級を持ちながら実際にあれだけのデータに基づいた研究をすることは限りなく不可能に近い。

それぞれの持ち場でそれぞれの役割を果たしながら、これからも、自分たちの職場と学術的な研究がしっかりとつながっていけたらいいとつくづくと思う。

bunbun-hbunbun-h2015/01/12 19:40一瞬、高知に行こうかなあと思ったけど、なんとか思い留めました。
まてまて、いまお前がすることはそれとは別なことだろう、っていう心の声が・・・
・・・ということで、心だけそちらへ出向かせますのでw♪

2015-01-09

上越へ 15:27

明日のセミナー参加のため校長先生と今から高知を飛び立ちます。

お聞きしたい発表がありすぎてまだ迷っていますが、嬉しい悩みです。

参加されるみなさんとの出会いも楽しみです。

きちんと職場や高知の仲間に還元できるようにしよう。

2015-01-04

花燃ゆ 00:08

NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」が始まった。

吉田松陰の妹である文という人のドラマということで興味があった。

松下村塾などでは教師が一方的に教えるのではなく、塾生が教え合っていたということなので、そんな様子も見られるかと思って。


すると、さっそく初回から塾生どうしが一つのことについて議論するシーンや、松陰(寅次郎)や小田村伊之助という人物が、これからの学問や学ぶことの意義について熱く語るシーンがあり興味深く見ることができた。

「なぜ学ぶのか。この世の中のために己がすべきことを知るために学ぶのです。」

というセリフもあった。


「なぜ学ぶのか」という問いについて、私も学級を担任した時に私なりの言葉で語る。

そして、それが単なるお題目になってしまわず、きちんと子ども達の(私自身も)腑に落ちるよう意識し続けることに努めている。


このドラマがどこまで史実に基づいて描かれるのか、歴史に詳しいわけではないので見ても正確には判断できないが、日本の未来のことを真剣に考え、学び、改革をしていこうとする人達の姿を、脚本家がどのように描くのか、ドラマとして楽しみたい。

suikanomeisantisuikanomeisanti2015/01/05 01:07「なぜ学ぶのか」…本当に、何で学んでるんだろう?って思いました。学びたいから学んでいるのですが、それはいったい何のため?どこから湧いてくる欲求なのでしょう?本能?いや、志がなければ学ぼうとしないでしょうし。自己実現かな。コメントありがとうございました。また報告させていただきます。

2015-01-03

同窓会 12:03

以前勤務していた小学校の教え子達の同窓会に招待され参加させてもらった。

まだ学生の人、就職が決まった人、すでに社会人になっている人、様々だけどみんなそれぞれの道をしっかり歩んでいることを知ってうれしかった。


まだ『学び合い』に出会っていない頃の教え子。

学び合い』を知っていればもっとできていたことがあったのにと思うこともある。

でも、『学び合い』は考え方。

今からでも遅くはないと、当時のことを振り返りながら、お互いの仕事のことを話しながら…『学び合い』という言葉は使わなかったが、考え方を織り交ぜながら楽しく会話した。


人とつながることから生み出される力のこと、誇りを持って仕事をしてほしいこと、そんなことを伝えたかった。


私自身も彼らとの会話の中から学ばせてもらえる。

またいつか出会ったときに、お互いの成長を喜び合えるようになっていたい。


彼らと別れ、帰りの迎えの車を待つ間、ちょっとだけ立ち寄った居酒屋で、偶然高校時代の恩師に出会った。

そこでまた当時のことを振り返りながらお話をさせていただいた。

教え子に出会った帰りに恩師と出会う。

世代がつながっていくことを感じられて感慨深いものがあった。