Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2014-12-11

うれしい 友人からの報告 05:48

先に開催した「『学び合い』を学ぶ会in高知」にも参加してくれた友人からうれしい報告。

桔梗先生の講演の中で、『学び合い』の課題についてきちんと合格ラインを示すことについてふれられていたので、それを意識するようになったらクラスの最低点がぐっと上がり、平均点も上がったとのこと。

それまでも『学び合い』を取り入れ、クラスの仲間関係はぐんとよくなったのに、今一つテストの点の伸びが見られなかったのが悩みだったそうだ。

外部の講師に来ていただいたときに見ていただいたら、「この学年だけのことではなく、下級生からの積み重ねが不十分なようだ」ということを言われていたらしい。

困難な状況であり、かなりの時間がかかることだと思っていたのだが、課題の「合格ライン」を子ども達にしっかり示したところ改善が見られた。

「いやいや、たまたまかもしれない。」

と、すぐには信じないようにしたのだが、それが2回、3回と回ごとに上昇が続き、活用問題のテストでもぐんと上がっていたので、

「どうやら本当らしい。」

と思えるようになったそうだ。

高知の会に一緒に参加してくださっていた同僚の方のクラスでも同様のことが起こっているそうだ。

そして、校内の授業研究でも賛否両論があるだろうことも承知で『学び合い』をするとおっしゃっているらしい。

頼もしい方だ。

同僚に『学び合い』の考え方を理解し、実践してくれる人がいるのは本当に心強い。

周囲に受け入れられるよう配慮しつつ、強かに続けていってほしい。

scorpion1104scorpion11042014/12/12 06:05学校枠を超えてつながることは、孤立感が薄くなりますよね。私自身、daitouirukaさんにつながっていることを有難く思っています。

daitouirukadaitouiruka2014/12/12 06:32私も同様に有難く思っています。
同僚にいてくれるとそれはとても心強いですが、それがかなわなくても、範囲を広げればいるんだと思えればなんとか頑張れますよね。