Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2014-10-30

自分達の学習だという意識…一方、まだまだの私 06:46

自分の考えを懸命に説明しようとしているところ、うまく言えなくて私がつい口を出すと、A子が両手を顔の前で動かして何かしている。

何かなーと思って見ていると…、

どうやら×(バツ)のしぐさ。

「ちゃんと言えるようになるから、待ってあげてよ。」

の合図だった。


黒板を使ってB男が他のみんな(と言ってもとても少人数)に説明をし始めたとき、いつの間にか私の方に向かって説明していた。

私もうんうんとうなずいて聞いている。

その時C男が、

「僕らに分かるように説明しよるんやから、僕らの方見て言うてよ。」

…自分達みんなの学習だという意識がちゃんと育ってきている。


ついつい油断すると「教えたい」が顔を出し、忘れているのは私の方。

まだまだだなぁと反省しつつ、…とてもうれしい気分。

sumi-chansumi-chan2014/10/30 21:55すごい!子ども達の成長が嬉しいですね。
イルカさん、置いて行かれないように。笑^^

daitouirukadaitouiruka2014/10/30 22:29大丈夫。
担任も見捨てない子どもたち…だと信じてます(笑)。

sumi-chansumi-chan2014/11/01 22:41!!まさに、誰一人見捨てないクラス。笑

2014-10-25

第4回『学び合い』を学ぶ会in高知 たくさんの収穫 07:18

兵庫の桔梗先生を講師としてお招きしての会。

学び合い』について学びたいという熱気が伝わってくるとても幸せな気分になれた会だった。

そういう空間をコーディネートしてくださった桔梗先生。

そして、参加してくださった全てのみなさん。

本当にありがとうございました。


会の初めに桔梗先生が、相手の話を聞き出す言葉を伝えてくださり、近くの人同士で会話しあう時間を設定してくださったので、雰囲気がぐんと温かくうちとけた感じになった。

さすがだなぁと思わされる。


また、「この会に参加することで解決したいと思っている自身の課題」についても考える時間をとってくださった。

目的を明確にすることでさらに主体的に参加する意識が増してくる。


桔梗先生のお話も、笑いあり、納得あり、感動ありのもので、参加者がうなずくだけでなく、「うん。うん。」という声まで聞こえてきていた。


参加者の方達は、学級担任、校長、教頭、特別支援学校の先生、育休中の先生、研修指導員、元塾講師で小学校教諭を目指して現在公立学校の講師をしている先生、中学校で講師をしている先生、大学生、…様々な方がいらしていて、多様な立場からの多様な意見が聞ける、まさに互いに学び合えるメンバーになっていたこともとても恵まれた会だったなと思えた。

近隣の県から参加された方も。

その方は、周囲に実践者がいない中で実践されているそうで、本ブログの存在も御存知だということ。


どの方のご参加もうれしかった。

その中でも、この会の他の参加者の方々も喜んでくださったと思われる参加者が、昨年度の保護者でもあり教育委員をされているAさん、そしてその娘のBさん(つまり、昨年度私が担任していた)だ。

実は当日その親子にとってとても重要な用事があったのだが、終わり次第、途中からでも参加してくださるということで、何とか駆け付けてくださったのだ。

Aさんは『学び合い』の考え方にとても共感してくださっている方だ(もともと近い考え方をしておられたとのこと)。

娘のBさんも『学び合い』を導入したときに、驚くほどすぐにその考え方を理解し、中心になってどんどん動いてくれた。

今回Bさんに声をかけてくださったのもAさんご自身からだった。

Aさんの参加希望は以前からいただいていたので、Bさんも連れて来てもらうようお願いしようかな、と思っていたところ、Aさんの方からお電話をいただき、「連れて行ってもいいですか?」とおっしゃってくださったのだ。

もちろん、会にとってとても重要な存在になるということをAさんご自身も十分ご承知の上で。

そういった意をくみ取ってくださるところが本当にありがたい。

実際、当日は『学び合い』を受けた側人の意見が聞けるということで、フリーの交流時間にたくさんの方から質問を受けていた。


次の文は、当日Bさんが会の最後に書いてくださったもの。Bさん本人の了解を得て…


*****

私は、先生と『学び合い』をしてきました。

学び合い』はいろんな力があると思います。

まず、みんなが仲良くなると思います。

仲良くなると、より教えたり、教えてもらったりができて、勉強がわかるようになります。分かったり、分かってもらったときはすごくうれしいです。

分かるようになると、一人一人が意欲的に勉強に取り組めるし、それは勉強だけじゃなくて他のことにも取り組めるようになると思います。

私達の学級は、何事にも一人じゃなくてみんなで関わっていけるようになったと思います。

私は学校に行って、みんなに会って勉強したり、遊ぶのが楽しみになりました。

そう思ってくれる人が増えていってほしいと思います。

*****


自分のこと、その時の仲間達のこと…だけでなく、この世の中に「そう思ってくれる人が増えていってほしい」と考えてくれている。

このことが何ともうれしい。

Bさんは、もともとそういうことが考えられる人ではあったと思う。

そういう育てられ方もしてきていた。

だが、『学び合い』に出会って、そういった考え方が、家庭だけでなく、学校でも有効であり、他の人にも、そして社会全体にも有効であるということを「実感」をもって納得してくれたのではないかと思う。


そんなBさん達だったからこそ、昨年度、3学期になっていたが、全校『学び合い』を取り入れるときも、校長先生と

「『学び合い』についてしっかり理解し、根付いているこの6年生がいるうちに、ぜひ導入しておきたいですね。」

という話をしたのだった。

思った通り、いや、期待以上の動きをその6年生達は見せてくれて卒業していった。

そして、今年度も引き続き後輩達が学び合い、目に見えて共に成長し合っている。




他の参加者の方々が書いてくださったことも、個人特定できない範囲で、部分的に、およその内容を。


・技法ではなく、教師そのもの、その人の想いがそのまま伝わるということが最も印象に残った。自分を磨いて、向上心を持って子ども達の前に立ちたいと思った。

・悩んでいたことの質問にも答えていただいたので、後押ししてもらえた。

・学級がうまくいかなくて、『学び合い』も思うように進めることができていなかった原因が自分自身だったことが改めて分かった。ゴールを明確にし、子ども達が自主的にみんなそろってゴールするのを温かく迎えられる教師になりたいと思えた。

・親として、教育委員として、“学び合いの考え方”を広めていきたいと思います(個人特定されますが…お許しいただけるでしょう:笑)。

・「え?ホントに?」と思うようなことが沢山あった。機会を見て実践してみて、確かめていきたい。新しい自分の目標ができた。

・よし、これからも続けていこうという気持ちが高まった。

・中学校に進学してからも、社会に出てからも大切なことを学校で学んでいるんだということを感じた。

・興味はあったが、導入には迷いもあった。今日の会で価値あるものだと確信できた。

・評価基準、ゴールイメージなど、とにかく見通しを持たせることが大切だということが分かり、困っていたことが解決し、スッキリした。

・『学び合い』を『学び合い』として実践してはいないが、考え方として参考になることが多かった。実践に生かせる部分から取り組んでいきたい。

・「主体的な学習者を育てる」という研究テーマを掲げている学校は多いのに…成果があがらない学校は古い授業観だけでもがいているのではないか。学校観、子ども観も合わせて進めることの大切さを学んだ。

・『学び合い』の考え方、とても勉強になった。リピーターになるので声をかけて下さい。近くでもこんな学習会ができたらいい。友達も誘いたい。

・『学び合い』に出会った時のような気持ちで新たにがんばろうと思えた。自分の中でわかっていると思って分かってなかった部分が少し見えてきた。

・『学び合い』をしている方、興味を持っている方と一緒の場を過ごせたことが自分自身にとって一番意味があった。

・方法としては大きな違いはなかったが、まだまだ本気で全員ができるようにするという考えが足りないと感じた。

・算数は比較的めあてを設定しやすいが、国語と社会では「今日のめあては失敗だったな」と思うことがあるので、評価基準の作り方について自分なりにいろいろ考えていきたいと思っている。

・『学び合い』をするときに、力を入れるところが分かってほっとできた。よかった。どこかで、楽だから『学び合い』をやったり、やったことで授業の力が落ちたりするのではないかというおそれがあったのだと思う。

・『学び合い』で学習した中学生に話が聞けて、『学び合い』の素晴らしさを実感した。これから取り入れていきたい。本も読んで、楽しんで授業ができるようにしたい。

・様々な制約から、負けそうになっていたが、改めて『学び合い』に取り組もうと思えた。これから、「上手に」取り入れていきたい。評価基準のお話が一番ヒットした。あいまいな評価に子ども達も自分自身もあいまいなままだった。

・「子どもの力を信じる」ということ。忘れていたキーワードだった。

・桔梗先生のお人柄が素晴らしく、実践にも感動した。

・「非構成の学び合い」については、ある程度教師が基準や枠を持つことが大事だと思っていたが、一体何を持てばよいのか分からなかっが、今日の話で分かり始めた。

・主体的な学習を育む一つのステップが学び合いの方法でもあるし、それを継続していくことでその場所に学び合いの文化が育っていくとよいと思う。




閉会の私の御挨拶。

とても緊張して話がごちゃごちゃになるタイプの私は事前にメモを作ってきていたのだが、気付いたらほとんどそのことではなく、その時の思いでおよそ次のような内容のお話をさせてもらっていた。

それは、参加者からお聞きした「学校で取り組んだとしても、管理職や推進していたメンバーが異動していなくなったら立ち消えになってしまう心配」という悩みを受けた内容だった。


学び合い』は考え方であり、実際に授業が行われなくなっても経験したという事実は残り、必要な場面になれば全く経験していなかった人よりはるかに発現はしやすくなるだろう。

また、文化・校風として残り、直接『学び合い』を経験していなくてもある程度伝承されていくこともあるだろう。

しかし、やはり日常的に行わなくなり、教師集団もそのことを意識する人がいなくなってしまえば、薄れていってしまう可能性は高い。

私もずっとそのことが気になっていた。

しかし、前々回上越にうかがったときに西川純先生とお話するなかで次のようにも思えるようになってきた。

もちろん、その学校で、その良さを感じてもらいつつ続いていってくれることは最高の状態だ。

しかし、形骸化されたものが、納得されないままずるずると続いていくのであればむしろ『学び合い』には取り組まない方がよい。

今回の会に参加された方で、良さは感じつつも様々な状況から「では、すぐに取り入れます」というふうにはならない方もいらっしゃると思う。

でも、それで十分だと思う。

また、実践していたけれど、状況が変わってできなくなる方もいるかもしれない。

でも、その良さを確かに感じ続けている方なら、それでいいと思う。

ちょうど、タンポポの種が飛んでいくようなイメージで、どこか別々の場所で『学び合い』の考え方の良さを実感した人(たとえ実践まではしていなくても)同士がたまたま同じ学校(学校外かもしれない)で出会い、「ああいうのもアリだったよね。」というくらいの思いであっても、そういう思いを共有できる人達が次第に増えていけば、それが「受け入れられる社会的な雰囲気」となって、ずっと『学び合い』がやりやすくなるだろうと思う。

すでに『学び合い』という「言葉」そのものもなくなっているかもしれないが、それはそれでいい。

考え方がしっかり広がっていってくれれば、授業もそのようになっているだろう。

そして、社会での学び方、人間同士の付き合い方もそうなっていってくれることを望んでいる。


…今、考えながら書き込んだので、その時言っていないこともだいぶあるとは思うが、…とにかく、思いとしてはそういうものがあり、そういうようなことを話した(と思う:笑)。


上記で紹介したBさんの「そう思ってくれる人が増えていってほしい」という願いはそういう形で実現していくのかもしれない。


短いスパンで見ると焦りもあるし、実際、一刻も早くそれを必要としている子ども達、教師達がいると思うが、焦り過ぎて本質が失われ、全てが否定されてしまうことだけは避けなければならない。

少し長いスパンで見てみると、「今、せっかくあるものを何としても続けていってもらわねば困る」というおしつけがましい空気は出さなくてすむかな、と。




夜の懇親会にも多くの方に集まっていただいた。

Aさんも参加してくださって、他の方とどんどん話してくださっていた。

それぞれの方がそれぞれに話している姿を見ていると本当にうれしい。

私が声をかけて来てくださった方が、その会で私としか、または私を交えてしか話をしなかったという状態では、その方が本当に主体的に、楽しんで参加してくださったと思えないから。

…まあ、Aさんについては、いつもお話していたので、その日は他の方々と話す気満々だったということは分かっていたけど(笑)、参加されていた方達がどんどん積極的に質問を続けているのを見て、昼の会に続き、大満足できた。

もちろん、私自身、実践をしていく上でまだまだ考えていかなければならないことが見えてきたとても有意義な会になった。



改めてもう一度、桔梗先生、全ての参加者のみなさん、有意義な時間をありがとうございました。

bunbun-hbunbun-h2014/10/25 08:35お疲れ様でした。
第1回は6年前ですよね(?)そして、今回は第4回目。
ブログ読みながら「継続は力なり」なんて言葉を思っていました。
(私は2回目の西川先生と3回目の桔梗先生のときにお邪魔したわけで、そのときのことも懐かしく思い出しました)

daitouirukadaitouiruka2014/10/25 09:27ありがとうございます。
随分時間が経過したようで、あっという間だったようで…と、ちょっとつきなみな言葉になってしまいましたが、本当にそう感じます。
続けてますね。
1人ではとても無理でした。
目の前の子ども達と同僚の姿、そして、全国の様々な方との出会いの楽しさもあると思います。

ところで、校長と同僚二人が、大阪の会に出発しました。
本校は全校算数に取り組んでいるものの、学級ではがっつり『学び合い』をしているわけではないお二人が、道すがら読む学校常備の『学び合い』関連本を持って。

sumi-chansumi-chan2014/10/25 11:31着々と、いい流れですね〜♪^^
お土産話が楽しみですね☆

daitouirukadaitouiruka2014/10/25 17:50本当は自分も行きたかったんですけどねー。
様々なことが立て込んでいて断念しました。
帰って来ていろいろ教えてもらえるのを楽しみにしています。

tomkicktomkick2014/11/10 21:20daitouirukaさん
まとめありがとうございます。
高知の方たちは,熱気ムンムンですごく刺激的でした。さすが自由民権運動の地。次の日は,自由民権運動記念館など幕末の資料をたくさん仕入れることができました。
また,いろいろな形で交流できると幸いです。

daitouirukadaitouiruka2014/11/10 21:36本当にいい時間をコーディネートしてくださってありがとうございました。
もう一つの目的の資料収集も達成できたようですね。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

2014-10-20

上越訪問、大満足 06:13

上越でたくさんの収穫を得て、大満足で高知に帰って来ました。

帰ってから他のスケジュールなどがちょっとたてこんでいたのと、体調がすぐれなかったことでUPが今頃になってしまいました。

西川研のみなさん、姫川原小のみなさん、お世話をしてくださった地域の方々、そして、参加されていたみなさんに心から感謝です。

とても刺激を受けることができました。

本校の教頭先生と同行できたこともよかったです。

違った目で見てくれて、様々な疑問点なども率直に伝えて下さったことが、更に『学び合い』について考える機会を与えてくれました。

姫川原小の子ども達や先生方は、とても気持ちの良い挨拶で私達参観者を迎えてくれました。

2度目の訪問ですが、やはり同様に、いや、前回よりもグレードアップして生き生きと全校算数に取り組む姿が見られてよかったです。

1人も見捨てないという精神がしっかりと根付いてきているのが伝わってきました。

課題が終わって少し手持無沙汰気味の友達を追いかけて「できた?説明してみて。」と声をかけている姿もありました。

本校の全校算数にも生かしたいことがたくさんあり、早速取り入れたこともあります。

秋田のO先生の実践も印象に残りました。

困難にも出会い、揺らぎそうになっても『学び合い』の基本に立ち返り、子ども達の将来にわたる幸せの基を築いていく姿に感動しました。

「子ども達にそこまで任せているんだ。」という驚きと憧れも。

とても元気をいただけた上越視察でした。

…と、言いつつ、体調を崩してしまっていますが(苦笑)。


先日の桔梗先生をお招きしての会も、大満足の充実した会になったのですが、ご報告はまた…。

kanjii4dakanjii4da2014/10/20 21:16(^_^)きっと、伺います。よろしくお願い致します。

daitouirukadaitouiruka2014/10/20 21:19お待ちしております!

tomkicktomkick2014/10/22 18:30イルカさん
お招きありがとうございました。本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。高知のお酒も料理も最高でした。
また,ぜひいろいろな機会に交流させてください。

daitouirukadaitouiruka2014/10/25 02:32tomkickさん。
私も本当に有意義で幸せな時間を過ごさせていただきました。
参加者の評判もとてもよくて、いっぱい元気をもらえました。
今後ともよろしくお願いいたします。

2014-10-03

すぐにサポート 12:14

先日の全校『学び合い』の開始の時間前に、手が離せないことが起こり、時間が始まっても私が行っていない状態だった。

およその準備はその前にできていたので良かったのだが、課題を張り出したホワイトボードを会場まで持って行ってなかった。

その日は私が進行役をする予定にもかかわらず、何も伝えられないままだったが、すぐに他の先生方が動いてくださって滞りなく始まり、進行していった。

結局私は行けないままだったのだが、私のクラスの子どもたちを含め、みんなよく動いて課題に取り組んでいたということだった。

学び合い』ならではのこと。

ご迷惑をおかけしたが、臨機応変のサポートがしあえる職場で本当に助かる。ありがたい。


さて、午後は本校の教頭先生とともに上越に向かって出発。

予算をつけてくださって『学び合い』の研修の出張に行かせていただけることも、つくづく、しみじみ、恵まれていると感じる。

帰りの台風がちょっと心配。

bunbun-hbunbun-h2014/10/03 18:21そこは「・・・本校の校長先生とともに・・・」の書き間違いでは・・・ないんでしょうね・・・いいですねえ♪(多くの人には分からないコメントで申し訳ないです)

daitouirukadaitouiruka2014/10/03 19:38そうなんですよーー。
校長先生も、
「ホントは自分も行きたいー。」
とおっしゃっていましたが、今回は「教頭」先生です(笑)。
ありがたいことです。

maya-1maya-12014/10/03 20:26上越でお会いできるのを楽しみにしています。

daitouirukadaitouiruka2014/10/03 21:02私もとても楽しみにしております。
高知でお会いするのはまたの機会にとなりましたが、よろしくお願いいたします。

scorpion1104scorpion11042014/10/03 21:22あたたかな雰囲気の学校なんですね~。高知の方々は、確かに親切な方ばかりでした。

daitouirukadaitouiruka2014/10/04 06:23教員以外の職員さんも含め、皆さん子どもたちの教育についてとても真剣に考え、そして冗談も言い合える楽しい職場です。
高知にもぜひまたおいでください。

sumi-chansumi-chan2014/10/05 12:51昨日はお久しぶりにお会いできて、またお話もできて嬉しかったです。
教頭先生、本当にチャーミングで素晴らしい方ですね!!
お二人の掛け合いが(掛け合いができる関係性が)とてもステキだなあと終始感じていました。^^
どうぞよろしくお伝えください。

kanjii4dakanjii4da2014/10/05 22:23再会できてたいへん嬉しく思いました。本当にありがとうございました。教頭先生、すばらしく楽しい方ですね。(^_^)sumi-chan さんが書かれているように私も感じました。daitouirukaさんが気を使われているかなってこと、たいへん心配をしていただいたこと、本当に申し訳なく思います。私から早く電話でもお話をすればよかったのだと本当に申し訳なく思います。勝手なお願いですが、是非、来年度には伺わせて頂きたく、面倒な(変わり者?)私ですけれどもこれからもよろしくお願いします。校長先生、教頭先生によろしくお伝えいただければ有り難いです。

aogachiruaogachiru2014/10/07 07:02kanjii4da様、お待ちしています。ぜひおいでください。

daitouirukadaitouiruka2014/10/20 06:01すごく反応が遅れてすみません。
体調も少し崩してしまってて、歳ですかね。無理がきかなくなってます。

sumi-chanさん、ありがとうございます。
私もとてもうれしかったです。
私が出会うよりずっと前に『学び合い』に出会い、しっかりこつこつ続けておられるsumi-chanさんの姿を会場でお見かけするたびに、いつもなんかほっとします。
教頭先生は、今回の視察も前向きにとらえてくださって、ご自分で考え、全校算数をもっともっとよくしようと意見も言ってくださっています。
先日は外部の方に公開する全校算数でしたが、進行も教頭先生がしてくださって、最後の語りは上級生が下級生に教えてもらうことがあっても全く恥ずかしいことではなく、素晴らしいことだというとてもいいお話をしてくださいました。
本当にありがたいことです。
また、お会いしましょう。
kanjii4daさん、ありがとうございます。
ずっと心につかえていたことが、直接お会いできてお話しできたことで安心できました。
お会いするたびに、強い、熱い思いがいつも伝わってきて勇気づけられます。
次にお会いできることを楽しみにしています。
…高知で。
でもその前にまたどこかでお会いできるかもしれませんね。
ちなみに1月10日の臨床教科教育学セミナーにも行かせてもらえることになっています。
楽しみです。