Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2014-08-04

雨で流れた登校日だけど 04:41

ニュースにも取り上げられるくらいの記録的な大雨の高知県。


本校もその影響で昨日の登校日は中止になった。

代わりの日の設定も難しいので、子ども達も楽しみにしていた「全校『学び合い』夏休み宿題編!」も残念ながらなくなってしまった。

ちなみに、「夏休み宿題編」については、卒業した中学1年生2人と先日会ったときに、

「夏休みもやるがやろ?ええなぁ。わたしらも行きたい。」

と言っていた。

妹から聞いていたらしい。

その2人は、全校『学び合い』導入時に推進役をはたしてくれた6年生(当時)だ。

実は私も声をかけてみようかと思っていたのだが、どうやらちょうど中学のクラブの合宿があるらしかった。

でも、自分達からそう思ってくれていたことが、なんともうれしい。


ともかく、子ども達の登校日はなくなったのだが、教職員の勤務がなくなったわけではない。

午後から実施するはずであった校内研修を午前中からすることになった。

当初の予定より時間も多く確保できたので、じっくりと話すことができたので、その点についてはよかった。

研修の1つは、文科省の視学官の方の講演の動画を見て話し合うもの。

最近立て続けに「道徳」や「言語活動の充実」や「特別活動」についての研修があった。

が、どの研修も、

「それって、全ての活動において1人も見捨てないことを基本とする『学び合い』の考え方でいけるなぁ。」

と、つくづく思いながら受けていた。


他にもいくつかの議題があったが、ホワイトボードミーティングを活用して話を進めることができた。

現状把握から今後の具体的な指導についてまで、良い雰囲気の中で共通理解しながら、みんなで考えることができた。


児童に表れた良い変容については、1つは担任以外の全ての教職員も含めた全員で全校児童を育てようとする取り組みがあるからだと思う。


それから、もう1つは全校『学び合い』の効果があるからだと思う。


この2点は、私1人の評価ではなく、他の先生方もたくさん言ってくださった。

そういったことがチームとして実感し合えるのがうれしい。


それから、1学期に伺った広島県のG小学校の研修報告を、校長先生自らがしてくださった。

どのようなことを報告するか事前に話し合い、私の考えも入れてくださっていて本当にありがたく思った。

また、『学び合い』について、今までも2ページ程度のものは配布したり、パワポを使ったプレゼンや、日常の会話等である程度伝えてはきたが、「今一度、まとまってきちんと頭に入れておいてほしい」という校長先生の思いから、基本的な考えが書かれた数ページの文書も配布してくださった。

そして、「夏休み中にぜひ読んで、『学び合い』の基本的な考え方を理解しておいてほしい。更に興味がわけば書籍もあります。」

と伝えて下さった。


報告文書の最後には、「校長の考え」という部分が付け加えられていた。

数度にわたる他県視察の経験(だけでなく、書籍等もかなり読まれている)からくる『学び合い』の成果に対する確証と、『学び合い』に出会えた喜び等が書かれてあり、私はひそかにうるっときていた。


登校日、子ども達に会えず、全校『学び合い』もできなくて残念ではあったが、教職員の有意義な研修ができたことはとても満足だった。