Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2013-09-29

「生み出す仕事」と「伝える仕事」 18:06

『あした死ぬかもよ?』という本をコンビニで見かけて購入。

ひすい・こたろうという人の本だ。

ひすいさんの本は何冊か持っている。

ひすいさんは自分自身で考えた言葉というよりも、自分が感銘を受けた言葉を集めて紹介していることが多い。


こういった名言を集めたような本は、深い理解もできず、安易であると切り捨てることはできないと思う。

実際にそこで知った言葉から興味を持てば、原典に触れるきっかけにもなる。

その本がなければ一生触れることがなかったかもしれない。

また、短い一言に救われるということはよくあるものだ。

自分がこういった本を読むのは、自分自身が何らかの気づきのきっかけになるかもしれないということもあるが、誰かにある考えを伝えたいときに、同じ考えでも違った表現(説明)のしかたでスコンとはまることがあるから、いろいろな人が懸命に考え出したいろいろな表現方法を知っておきたいということもある。

一人でも気持ちが楽になったり、前向きになる人が増えてほしいから。



以前読んだひすいさんの本に紹介された言葉で印象的だったのが、


「あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日」


という『カシコギ』という小説の1節だ。

私は研修先の宿泊しているベッドでこの言葉を読み、私がまだ若いころ死んでいった母のことを思い出して、その場でぼろぼろと泣き出してしまったことがある。

あんなに自分を大切に育ててくれた母に対して、今の自分は恥ずかしい怠惰な時間を過ごしているのではないかという思いに駆られたからだ。

その後、もちろんいつもいつもは意識できないが、ふとした時に思い起こして気持ちを引き締めている。



ひすいさんの仕事を見て考える。


生み出していないものは伝えることはできないから、当然、「生み出す仕事」はなくてはならないものだけど、それを「伝える仕事」をする人も欠かせない。

一人で両者の役割を受け持つことはできるが、やはり広がる範囲には限界がある。


それに、「生み出す仕事」をした人にとっても、それを生み出すために使った知識を、自分に「伝える仕事」をしてくれた誰かの存在は欠かせない。


そう考えれば、「生み出す仕事」と「伝える仕事」、どちらにも優劣はつけられない。

さらに、その役割は固定されたものではなく、個人内でも流動的に、時々刻々変化していく。



こういった「どちらも大事」「みんな大事な存在」という考え方が、「きれいごと」や「手の届かない理想」ではないのだと私に「実感」させてくれたのは、『学び合い』の授業だ。


授業場面に限らず、学び合うときには

「どの役割も同様に尊い」

「自分もその集団に貢献していることに自信を持っていい」

ということを、しっかりと自覚してほしい。


「生み出した仕事」の功績を称えつつ、「自分で工夫を付け加える仕事」や「他の人に正しく伝える仕事」にも誇りを持てるようにしていきたい。

自分で生み出したものではないことを卑下する考えは、盗用の誘惑にかられてしまい、社会的にも信用を失う危険性がある。




今回読んだひすいさんの本の中で印象に残ったもののうちの一つ。


「ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ」

by オノ・ヨーコ


ブログのタイトルの「イルカたちの夢」にも通じるなぁ、と思って。