Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2011-12-20

期待の人 18:23

学び合い』の良さについて語り合える人がまた一人増えた…といっても、以前からの知り合いなので、『学び合い』をする仲間としてという意味で。

県外だけど…。

先日の心理学のワークでご一緒したまだ若い岡山の中学校男性教諭。

理科が専門。

見た目はとってもにこやかで腰の低い印象だが、心理学会の中でもいくつか論文を書くなどして好評価を得ている力のある人だ。

学び合い』の授業で、例えば、場面緘黙の生徒が自分から動いて友達と話しながら勉強しだすなど、さまざまな良い手ごたえがあるらしい。


野球の部活のお話もおもしろかった。

様子を見て、課題などを部員に伝えアドバイスなどもするが、それを選択するかどうか、選択したとしていつから練習に取り入れるかなどは部員達に任せているそうだ。

そのようなことは、学んでいる心理学の特徴でもあるので、おそらく『学び合い』をする前から取り入れていたのだと思うが、まさに自分達で「学び合う」という感じになっていると思う。

やらされるのではなく「自分たちでやる練習」になっている。

私と同様、授業以外ではわりとそのように出来ていると思っていたのだが、授業ではそのように出来ていない自分に矛盾を感じていたところで『学び合い』を知り、ひかれていったようだ。

なんとその部は当初それほど強くはなかったのだが、2年ほどで優勝するようになったという。

武術の考えをバスケットボールの練習に取り入れて、自分たちであれこれ工夫し、検証しながら強くなっていった桐朋高校のことを思い出した。


他の指導者達から「どんな指導をしたのか教えてほしい」と問われるので、上記のような説明をしたのだが、あっさりとは信じてもらえないらしい。

…まあ、そうかもね(笑)。


公教育でなされる部活は、単に技術が身に付いたとか、良い成績が残せたということが一番ではなく、仲間とともに課題を乗り越えていく力を養っていくことだと思う。

単なる選手養成機関ではないのだから。

その点が抜けていたらいくら強くても私としては価値も魅力も感じられない。

かといって、結果に全く変化が起きない場合もまた、本当に「仲間とともに課題を乗り越えていく力」が育っているのかを疑ってみないといけないだろう。

これは自戒をこめて。


ともあれ、結果「も」ちゃんと出している頼もしい仲間が増えた。