Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2011-10-28

県内の実践者からのうれしいメール 08:32

先日、高知県中部の学校で『学び合い』を実践されているA先生からメールが届いた。

夏に、兵庫のtomkickさんをお招きして開いた高知市での会に参加してくださっていた方からだ。

その時、

「初めて複式学級を受け持った上に、様々な困難を状況をかかえる子ども達でどうしようもない行き詰まりを感じていた時に『学び合い』に出会って救われた」

ということをおっしゃっていた。

メールをいただき、その後も続けているということが改めてわかってとてもうれしかった。

A先生は、研究授業で『学び合い』をしたそうだ(県の指導主事も参加)。

以下はそのメール(ご本人の承諾済)。


********

お久ぶりです。

夏の研修のお礼もちゃんとできないまま、気がつけば10月も下旬になりました。

お体の具合はいかがでしょうか。まだ、完全ではないのでしょうか。

さて、四万十市での『学び合い』の学習会、行きたかったのですが、どうしてもその日は夕刻から用事があり、参加する事ができませんでした。

「お持ち帰り可能な電子データ」に、非常に興味があったのですが残念です。

先週、初めての5・6年複式で「国語」の授業研究を行いました。事前研究(指導案検討)で、従来の「ひとり学び・とも学び」は一学期から行っていないこと、はじめから「協力して自分達でみんなができるように」を核にしていること、どちらの学年も間接指導状態になること等を話しましたが、誰もとやかく指摘することはありませんでした。

そして、本番。黒板の前で、3人全員で考え、話す6年生。分からない子のそばへ行って、言葉を変えながら説明したり、「ねえねえ、できた?」と確認したりする5年生。

授業自体は、お粗末なものでしたが、授業後の協議でも、子ども達がなんとか伝え合おう、みんなでできるようになろう、という思いが十分伝わってきたという評価をしてもらいました。

指導主事も、「ひとり学び・とも学び」のない複式授業の形態について、とやかく言うこともなく、おおむね好評(自分で勝手に思っているだけ?)でした。

ここしばらく、授業は机を6年生は3人くっつけて、5年生は4人ずつの班机にしています。先日、ひとりの5年生(男子)に「こうやって、くっつけて勉強するのどう?」ときくと、「みんなで一緒に話したりして考えられるから、この方がいい。」と言われました。

昨年度までの様子から察すると、とてもそんなことを言うような子ではなかったようです。

6年生の3人も、給食中や教室移動中に楽しく話しています。やはり、今までそんな姿は見られなかったそうです。

これまで、すごく大変でした。でも、いい学級になったなあと。なんといっても子ども達が、そのことを自覚しているのが、うれしい限りです。

まだまだ課題は山積みですが、がんばってみようかなと考えています。

長くなってしまい申し訳ありません。また、お会いできる日を楽しみにしています。

********


後日いただいたもう一通のメールで、その後すぐにまた別々の機関から授業の様子を見に来られた(『学び合い』を見るのが目的ではないが)4名の方がいたが、「おおむね好評」だったとのこと。


この先生の学級でも、仲間意識が育ち、なかなか学習に向かわなかった子ども達も含め主体的に学習に向かえるようになり、授業外の場面にもその良好な関係が続きだす。そして、子ども達自身がその成長を実感しているということが起こっている。

ここにもまた一つ『学び合い』の考え方を取り入れたことで困難な状況から抜け出す道を見出した教師と子ども達が増えたと思うとうれしい。

「まだまだ課題は山積みですが」とも書かれている。

そうだと思う。

学び合い』を取り入れると何もかも「楽」になって悩みもなくなるなんてことは言わない。

「早く広めたい」と焦るあまりそう言ってしまうとかえって危険だろう。

それまで「どうしようもない」と思っていたことのかなりのことが解消されていくので、そのときはうれしくて「なにもかも今すぐ」と思ってしまうぐらいだが、個人差はあれ、それがきちんと運用できるように考え方がしっかりと身につくまでにはやはりそれなりの試行錯誤が必要だ。

また、今まで「見えて」なかった子ども達の課題も新たに見えてくるようになってプレッシャーを感じるようになったりする。

ただそれは、多く起こる「良い変化」に麻痺してしまって、「課題」だけが見えてしまっていることもあるのではないだろうか。

いずれの「方法」や「考え方」を選択するにしても、「壁」は現れてくる。

ただ、その「壁」の向こうの行く着く先が「理想」とする場所なのかどうかで考えると…、今までの私の「方法」や「考え方」だけでは、せいぜい「学校内で」なんとか過ごしていける程度の力しかつけられないと思うようになっている。


いずれにしろ「課題」はあり「困難」は乗り越えていかなければならない。

それなら、今の自分が精一杯考えて、行く先が「理想」に近づけると思える方を選択したい。



A先生、共に「課題」を乗り越えていきましょう。

明るく、楽しく。

よろしくお願いします。

maya-1maya-12011/10/28 10:33このような報告、お手紙を頂ければ、勇気がわいてきますよね。

daitouirukadaitouiruka2011/10/28 15:10maya ‐ 1さん、ありがとうございます。
そうですよね。
一人また一人と共に学び合える方が増えてほしいです。
そして、自分のクラス(だけでなくいろんな場面)でのいい話を自慢しあいたいです。

bunbun-hbunbun-h2011/10/29 20:19あの日、屋台まで一緒だった先生ですね。
見知った人の知らせは、これまた格別にうれしいものですね。
こういう知らせを聞くと「ココロがあったかくなるね~」(←昨夜、当町で行われたライブでの高橋ゲタ夫さん(ベーシスト)の曲間のセリフです)

daitouirukadaitouiruka2011/10/30 06:08そうです。あの方です。また一緒に飲んで語り合いたいですね。

2011-10-18

報告の追加 22:31

o4daさんのご質問へのお応えです。

その1年生の先生のおっしゃるには、始めは、椅子に座ることもなかなかできなくて、『学び合い』を取り入れるよりも、まず規律を身につけさせようと思って指導したとのこと。

それから、自分ができると判断したところで取り入れていっている。

※「日常」というのは、ひょっとして誤解があったのかも知れませんが生活場面というのではなく「日常の授業」ということです(ひょっとすると生活場面でもあるのかも知れませんが、報告があったのは、ということです)。

報告があったのはまず国語

ひらがながしっかりと入っていない子達がいたので、音読タイムに自由に席を立ってよいからみんなが読めるようにするようにした。

それから算数。

計算カードをするときに、自分が発見したコツを教えあうようにした。

2年生との学習というのは、総合。

調べたことをまとめる作業を2年生が経験していたので、そのノウハウを伝えてもらいながら共同作業をするようにした。

画用紙に写真等を貼り付けていってまとめた。

といったところです。

※これらのことはホワイトボードに書きながら話し、それを写真に収めていたので、最近記憶力のアヤシイ私も振り返りができます。やっぱりホワイトボードはいいです。その日の参加者からも黒板よりも書きやすくていいという評価もありました。


ところで、報告にあったことは、特別目新しいことではありませんよね。

が、それはそれでまたうれしいことでした。

各地で様々に私の想像を超えた『学び合い』を展開しておられる方々もいます。

それは、『学び合い』の可能性をどんどん広げてくれる実践です。

ありがたいです。

でも、私が『学び合い』に出会ったときに感じた新鮮な喜びを感じている人が、1人、また1人と増えてきていることがうれしいのです。

以前、福岡のmunehiroさんが、『学び合い』に取り組み始めたばかりの私のブログをごらんになって、

「自分のクラスと同じことが、別の場所でも起きていることに感動した(脳内録音)」

とおっしゃって、わざわざ高知まで足を運んでくださった(しかも講師もしてくださった)ことがありました。

「再現性がある」ということが個人の技能を越えた「科学」の部分ということだろうと思います。

もちろんそれに教師や子ども達個人個人の個性が加味されて様々な様相を見せてくれるのですが。


長くつきあってくださっているある方が、その方の考え方を広めるとき、

「私は、少数のホームランバッターを育てるのではなく、ヒットを打てる人を一人でも多く育てたいと思っています(脳内録音)」

ということをおっしゃっていたのを覚えています。

その言葉を借りれば、少数のスーパーティーチャー(それでも子ども「達」の力にはかなわないと思いますが)よりも、ごく普通の多くの教師がごく普通に『学び合い』を実践できるようになることがいいのだろうと思います。

o4dao4da2011/10/18 22:421年生でも最近学習での差が生じているので、イライラしていた次第です。自由交流というかはっきり評価していきたいです。まずは、体育や集団ゲームというのもいいかもしれませんね。

daitouirukadaitouiruka2011/10/18 23:10「無理かな」と思っていたことが、やってみると案外できたということも多くありますが、うまくいかないと思うことが多く感じられるようになったときには、無理をせず「できそう」と思うことを積み重ね、次第に広げていくのがいいのかも知れませんね。
何がベストなのかはわかりません。が、担任が「イライラ」してしまう選択は、少なくとも今の状態でやるのにはどこかに無理があるサインともいえるのではないでしょうか。
無理が生じている原因が「教師の心理状態」にあるのか「『学び合い』に対する教師の誤解」にあるのか、はたまた「『学び合い』そのもの」にあるのかはたまた…いろいろ考えていきたいです。

2011-10-17

充実感。『学び合い』の会 19:04

先週土曜、『学び合い』の学習会を新しい場所で行った。

いつも参加する2名が都合により来られず、私と、初めて参加1名と、2回目参加2名の4人だったが、とても充実感のある、あっという間に感じられる楽しいひと時を過ごすことができた。

会場も、本当にいいところを見つけた。

施設の方に感謝。

新築して数年しかたっておらず、椅子と長机があり、何よりでっかいホワイトボードがある。そしてなんと会場使用料が無料!!

あまり知られていないので、ほとんどあいている。


ちょんせいこさんの講座で学んだホワイトボードミーティングを、つたないながらも取り入れながら話をしたり聴きだしたりすると、それをもとにまたそれぞれの人が話を広げてくれる。

ホワイトボードに書くと、可視化され、ただの出し合い話や、同じグチの繰り返しなどにならない。

遅れて来た人が1人いたが、ボードを見ながらかいつまんで話すとすぐに話の経過を把握してもらえた。

やはり、強力なアイテムだ。


体育授業の実践報告があった。

その単元の途中、多くの体育専門の先生方が見に来る公開の授業もあり、ほとんど子ども達だけが動いて進行し、見学した先生方にも大変好評だったそうだ。

1年生での実践報告があった。

日常のちょっとした場面で次第に取り入れている。

複式学級ではないが、2年生と合同で授業をしたこともあったが、うまく繋がって効果があった。

特別支援の子どもが自然に他の子とかかわる姿が見えた。急な計画変更があるとパニックになりがちな子なのに、そんなことも全く起こらず、他の先生方もおどろいていた。

…などのうれしい報告。

それぞれの報告について、また他の人の考えや体験が出てきたり…。

ホワイトボードを使ったオープンクエスチョンの練習もしてみた。

私がやるだけでなく、他の人にもやってもらった。

実際にやってもらうと、聞いているだけでは見えていなかったことが見えてきてまた勉強になる。


みんなが自由に話し、学び合える空間にしたいと思っていながら、今までの自分の実際の振る舞いは、

「自分がなんとか時間を持たさなければ」

「自分がうんと勉強して、新しい情報も持っていかなければ」

という気負いがあったように思う。

みんなが話しやすい空間を提供するだけで、こんなに心穏やかに、楽しい時間が過ごせるということを改めて感じた。

まさに『学び合い』の雰囲気。

子どもも大人も同じ。


体調はまだ悪かったが、学習会の間はそれも吹き飛ぶぐらい楽しい時を過ごせた。

まあ、今回こんなに良くても次回は1人かも知れない。

でも、そんな時も落ち込んだりせず、やりたい仕事をしてその時間を有意義に過ごせばいい。

それくらいの気持ちで、気楽にいこう。

jun24kawajun24kawa2011/10/17 20:26そうそう。出来ることを、やり続ける。

daitouirukadaitouiruka2011/10/18 06:26ありがとうございます。
焦らず、こつこついきます。

o4dao4da2011/10/18 06:281年生での実践報告があった。

日常のちょっとした場面で次第に取り入れている。


どんな場面かわかりますか?
お体大丈夫ですか?

daitouirukadaitouiruka2011/10/18 20:37o4daさん。ありがとうございます。
新しい記事に書きます。
体のほうは快方に向かっている感じはありますが、まだまだ波があります。ぼちぼちいきます。

sakusaku0428sakusaku04282011/10/19 06:04学習会お疲れさまでした。私もこの冬も自宅で?学習会を開こうかと考え中です。
まだ妻にも相談していませんが…

daitouirukadaitouiruka2011/10/24 22:21sakusakuさん、ありがとうございます。
家族の理解と協力、大切ですね。
私も、私がやりたいことについて妻の理解があるのでありがたいです。
冬の学習会が有意義なひとときになりますように。

2011-10-08

学習会のお誘い 18:24

高知県の西部(四万十市)で『学び合い』の学習会をします。

※どなたか講師をお呼びしてというのではありません。

個人の場所ではないけれど無料で使わせてもらえる所が見つかり、今までとは場所を変えることにしましたので改めてお知らせします。

参加してみようかな、という方は場所をお伝えしますので上記のアドレスへご連絡ください。

教師以外の方でも興味がある方はどうぞ。


1.日時

○ 10月15日(土)  午後1時30分~3時30分

  ※遅刻、早退、ちっともかまいません。

2.内容

○ 『学び合い』の学習会としていますが、そのことしか話せないというように堅苦しく考えずに、うまくいったことやいかないことなどの情報交換など気楽にできればいいなと思っています。「『学び合い』と関係ないかな~」と思うようなことでもOKです。

また、「伝えられる情報がないから」なんていうことも思わずに「ちょっと聞いてみようかな」程度の軽いお気持ちでおいでください。

○ もし資料があれば持ってきてくださるとうれしいです。

○ 教科書、指導書などを持ってきて、実際にどう授業していくかをみんなで考えてみるのもいいと思います。

3.その他

○ 今回、私がまとめた授業で使えそうな電子データ(国語のものと、授業や学級経営全般に関わるもの)も持って行こうと思いますので、ほしくなりそうだなと思われる方は、USBメモリ(ウィルスチェックしておいてください)を持ってきてください。

○ 飲み物やお菓子など、必要であれば各自で(いっぱいあるので他の人にも分けてあげようかなという方についてはあえて拒みません:笑…ただし、わざわざ買わなくてもよいです)。



お待ちしております。




う~ん、久々なんで調子に乗って今日はPCに向かいすぎた。

気をつけねば。

話の中身ではなくて 17:32

さっきとはまた別の人の話。

話の設定をはっきり書かないので、ピンと来ない人が多いかもしれないけれど…メモしておきたいので。


今日は1時間話した。

中身を伝えあうことが困難とわかったとき、希望が持てなくなったかと思ったけれど、「相手に伝わっているのは、9割が言語以外の部分」ということなら、逆に「まだその9割のうちのいくらかは伝えられているともいえるのかな」と、話しているうちに思えてもきた。

話の中身を伝え何かを生み出したり解決することができないのであれば…、

話す目的を切り替えて、せめて話している間だけの満たされた気持ちを持ってもらうことにした。

懸命に話す相手にニコニコと「うん、うん、そうかぁ」と頷いたり、できる限りの受け答えをしたりすることが意味のあることなんだと思えてきた。

「何とか中身を伝えよう」というもどかしい気持ちが消えたとき、随分楽になった。

相手も笑顔になった。

見えていなかったこと 16:17

今までしたことのない動きをしてみると、今まで感じることのできなかった人の気持ちが見えてくる。

元気になること 16:14

人と話していると元気になる。

話の中で自分が伝えたことで、悩んでいた人が何か行動を起こし、後日、

「いい感じになってきています!」

と、具体的に前に進んでいる様子をうれしそうに報告してくれると、こっちまで元気になる。

いっぱいの人じゃやないけど、自分が学んだことがごく少数でも身の回りの人にちょっと役立てた気になれる。

メンテナンス 09:03

もう一月以上かなりの体調不良。

一旦快方に向かったと思ったのに。

お医者の話では「根のつめすぎ」「ストレス」だとか。

「本とPCを見ないように」…って無理です。

ただ、学習の仕方、仕事の仕方、生活の仕方、考え方は見直さないと。

体と気持ちがしんどいわりに効率が悪く成果も納得できるものではない。

以前から思っていたことではあるし、いい機会と思ってみる。


目を休めないといけないので、YouTubeで西川ゼミを「聴いて」いる。

聴いていると情報も得られるが、それ以上に私自身が「社会人、というより人としてもどうなんだ」ということを考えている。

先へ進もう。

bunbun-hbunbun-h2011/10/08 20:0810月15日ですか。11月なら定演と音美で2回ほど高知に行くことになりそうです。
それはそうと、身体には気を付けてくださいね。

scorpion1104scorpion11042011/10/08 20:15学習会のお誘いの言葉が、優しくて素敵です。
行ってみたくなりました。
そういう会に、私もしていこうと思いました。

daitouirukadaitouiruka2011/10/08 21:54bunbunさん、ありがとうございます。11月ですかー。10月末からそこらへんは研究所の仕事で私がまたアップアップかも(苦笑)。またゆっくりお話したいです。
今年のうちにがんがん行こうと思っていた遠出も、体調の崩れがわりと急激にくるので、いろいろとまわりに迷惑をかけるおそれがあり、控えてまして…ほぼ毎日飲んでいた酒もやめてるんですよ(自分でもびっくり…まあ、早く飲めるように…いやいや、遠くまで出かけられるようになりたいんですけど)。
bunbunさんと違って兵庫県の『学び合い』の会に行っても兵庫県にいる娘と会いもせずに帰るという「娘不幸」が祟ったのかも(苦笑:あっ。夏休みはわりと長く娘が帰ってくる予定があったので高知ではちゃんとと会っているんですよ)。
scorpionさん。たとえ来ていただけなくても、とても元気の出るお言葉をいただけただけでうれしいです。
「一人でも多く集めなければ!」とか「『学び合い』を早く、しかも間違わずに伝えなければ」
みたいな気負いを持つと、自分も相手もかえって息苦しくなってしまうんだろうな、と思うようになりました。
一人も来なかったら、一人で本読んだり資料作ったりして、それはそれで気楽に有意義に過ごせばいいやってくらいに考えようかと。

ラーメン屋台を案内してもらうようにmunehiroさんにお願いしていたので、九州へも行きたいのですが…でも、いつかscorpionさんともお会いできますよね。
ありがとうございます。