Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2009-06-12

小中連絡会議で聞いた我が卒業生達の評判 20:34

小学校の教員が、中学校に行って小学校の卒業生の様子について話し合う会議がもたれた。

昨年2学期中ごろ、私が『学び合い』に出会い、そして実践し、卒業していった子ども達だ(本校は地元の最も大きな学校で、学級のかなりの人数をしめている)。


以前アップしたが、卒業生の保護者からは「男女仲良く、とても協力しあう子ども達だと中学校の先生も驚いていています。」と聞いていたし、「その時、うちの子(教え子)が『私達小学校で学び合ってきたから。』と即座に答えた。」とも聞いていた。


さて、保護者ではなく中学校の先生の評判は…と聞いてみると、これがすこぶるよかった。4クラスとも!

上記のように「男女仲がよい」「すぐに協力出来る。例えば学級の係があるが、手が足りないと思ったらすぐに集まってきて手伝っている。」ということの他に、「自分たちで注意しあえる」「係の仕事も、自分達で効率よくできるようにすぐに工夫し、改善している」という自治の力についてや「とても明るく元気」との評価もあった。その他、様々に気にかかる点があった子ども達も、友達と助け合ってやっているとの報告を受けた。

私のずっと悩んできたこと。「私の手を離れた後、中学生になって学校に行けなくなる子がいる」ということ。私の指導に何か足りないもの。それが、「私と」ではなく「友達同士」つながる力をつけることだということを『学び合い』によって私も学んだ。

これも、以前書いたが、この中学校は『学び合い』ではないが、「学びの共同体」を取り入れているのだ。まあ、通常の一斉授業に比べれば小学校でしてきた『学び合い』をうんと生かせる環境と言えるだろう。

とても残念だったのは、うちの学校でも教育委員会の訪問があり、小中連絡会議の前にあった授業がみられなかったこと。

授業を見た人達の評価を聞くと、とても楽しそうに生き生きと学び合っていたということだった。

もちろん、中学校の先生方の細やかな指導のおかげということもお話をきいていて伝わってきたということは付け加えておきます。

また、中学校の先生のお話では私にとても合いたがってくれていたということだった。放課後残っていた数人には会えたが、もっと他のみんなにも会いたかったなー。

そう思っていると、会が始まる直前にも、廊下で大きな声で私を探す声が聞こえてきたので、嬉しい気持ちと、会議室の近くで大声で私の名前を呼んでいるのを早く止めなければという焦りから、一旦会議室を出た。そこでまた教え子の何人かに会えて、再会を懐かしんだことだった。

教師冥利につきるという感じのひとときだった。

ima-kiyima-kiy2009/06/13 01:48読んでいるこちらも、ほっこりしてきます。感動をありがとうございます。
そんな教師に、私もなりたい。

daitouirukadaitouiruka2009/06/13 08:18日々悩むことはいっぱいあります。
「このことはどうしよう?あのことも気になる。」
でも、そんな悩みを聞いてくれて、励ましてくれたり、違った見方を与えてくれたりする同僚がいます。
何より、悩みをそのまま語り、「どうするか自分たちで決めて下さい。」と信頼して任せると、懸命に考えてくれて、乗り越えていってくれる子ども達がいます。
追いかけて行って子どもと何とかつながって解決しようとごちゃごちゃ考えていたときよりも、何かいい関係になれたような気がします。

kogapon7kogapon72009/06/14 10:41いるかさんの日記に勇気を頂いています。
根本にある「子どもを信じること」を
僕はもう一度見直してみようと思います。

daitouirukadaitouiruka2009/06/16 04:40ありがとうございます。私も目の前にあることにとまどい、ゆらぐこともしばしばです。そのことについて今日の日記に書きます。