Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2009-05-21

Q-U検査をしました 02:07

教室に入って来てくださるR先生が、

「オレはこんな分布図を見たことがない。しかも、クラス替えがあったばっかりでまだ何日よ!」

とおっしゃってくれた。

「学級生活満足群」の方向にざっと集まっているのだ。

教室に入りにくく心配だった子もそのエリアに入ってきている。

まだ全員がそのエリアに「入っている」わけではないが、ほとんどが入っていてあと数名ぽつぽつその周辺にいる感じ。

TTのM先生が、

「こんなにいいと、次の検査の時、逆にプレッシャーやね。」

と笑っていた。

R先生が、以前の2回分のQ-U検査を出してきて見比べてくださった。

昨年、半数をR先生が担任していたときも、1回目より、2回目の方が明らかに「学級生活満足群」に寄ってきている。もちろんそのR先生の指導の上に今回の結果が積み重ねられたのだ。

まあ、私の場合、私の指導というよりも、子ども達の『学び合い』の力なんですけどね。

jun24kawajun24kawa2009/05/22 06:29他の先生には良い結果であったとしても、「みんな」ではないことを重く受けるのが我々ですよネ。

daitouirukadaitouiruka2009/05/22 06:52はい。さらに上を目指す励ましのお言葉、ありがとうございます。
まだ満足群の周辺にいる子ども達も、「みんな」が満足するまで、私達が「満足」してはいけませんね。

「周辺」にいた子の一人。
Q-U検査後になりますが、国語で、「みんなのスピーチに対してみんなのコメントを書く」『学び合い』活動をしたときに、「みんなのコメント、めっちゃうれしい!」と、にこにこしながら言葉に出して言っていました。その言葉に、今までの寂しさや不安と、今良い方に向かっている喜びがこもっていたのかもしれません。
こんなことを積み重ねて行くことで、きっと「満足」の中に入ってきてくれるでしょう。
「まだ、あんな理由やこんな理由で満足できていない人がいるよ。どうやって解決する?」ということを子ども達に語り、乗り越えていってもらいます(個人ではなく、クラス全体の中にある問題として)。

aki-kichiaki-kichi2009/05/22 21:16私もQ-U検査を実施しました。イルカさんの所と同じようにクラス替えをしたばかりです。私のクラスは,満足群が44%でした。逆に言えば,半数以上が満足していないということになりますね。『学び合い』を成熟させ,10月予定の検査では,「みんなが満足」を目指します。

daitouirukadaitouiruka2009/05/23 07:47「ブログに書き込んだらN先生がこんな書き込みをしてくださった。さらにまた力を貸してください。」と、授業にかかわってくださっている先生方にさらなる協力をお願いしました。
aki-kichiさん。共にがんばりましょう。「みんなが満足」を目指して。