Hatena::Groupmanabiai

イルカたちの夢

 高知県の小学校教員です。 山間の学校の6年生を担任しています。 よろしくお願いいたします。
ご連絡はkochimana7☆gmail.comの☆を@(アットマーク)に直してお送りください(迷惑メール対策です)。

2009-05-03

怒りのおさまらないA男に対して… 06:46

 A男が休み時間に友達とトラブルがあって、机に突っ伏して勉強に入ってこようとしない。

机の上の自分の物も腹を立てて落としてしまった。

A男は説得しようとしても、なかなか長い時間、機嫌がなおらないらしいことを受け持つ以前から聞いていた。

 私は、

「まだ、気持ちの整理がつかんみたいやね。でも、みんなの社会の勉強も大事やき、勉強に入るよ。早く気持ちを落ち着けて、一緒にできるようになるのを待ってますよ。」

と言った。

見捨てるのではない。行動をただそうと対決するのでもない。ただ、早く仲間と一緒に『学び合い』を始められることを期待して待っている。そんなスタンスだ。

A男は、しばらく突っ伏したまま、机の足を蹴ったりしていた。またしばらくして、起きあがったかと思ったら、今度は落書きを始めた。

私は見ることはあるが、特に声はかけない。時に目が合うと、(大丈夫だよ。)という感じで、にこっと笑ってうなずいたりはする。一方、他の子のいい動きに「おっ。それいいねー。」などと声をかけたりして、回っている。

他の子は、A男の場合、へたに声をかけない方がよいことを知っているようだ。意識の端にはおいているが、特に何かしようということはない。

A男は、とうとう社会科の教科書とノートを取りだして学習を始めた。他の子と関わることはなかったが…。

しかし、直接の会話はなくても、仲間の存在を意識した行動であろうという意味では、関わりと言えるだろう。いろんな関わりのかたちがある。

すねたり、腹を立てたりしても何もよいものは生み出さない。A男には、誰かにしてもらうのではなく、自分で感情のコントロールができるようになってほしい。

授業後、A男は落ち着きを取り戻し、自分が机の周りに散らかしたものを自分で拾っていた。

こんなことを繰り返していくうちにA男は人との付き合い方でとても大切なものを学んでいってくれるだろう。

o4dao4da2009/05/03 10:30こういう経験あったので共感できます。
さてコメントありがとうございました。触発されていろいろ考えを書くことができました。

daitouirukadaitouiruka2009/05/04 14:40下手に説得しようとすると「自分のことを分かってくれない敵」みたいになってしまいがちですよね。
自分で立ち直る力がこうして育っていくのでしょうね。
書き込ませていただいたことへの反応もありがとうございます。