Hatena::Groupmanabiai

イキイキすることと『学び合い』 このページをアンテナに追加

埼玉県高校社会科の教員の後呂と申します。 多様な生き方あり方が、イキイキと出来るようなクラスや学校を目指しています。 ushirokentaro※gmail.com ※を@に変えてください。

2018-02-02

学習目標を設定すること

学び合い』で学習の質が低下したなーと思う時、頭をよぎるのはコレ。

学習を委ねられている?

放任になっていない?


そういう時は目標の設定具合をまず疑うといいかもしれない。


特に目標を自作で設定し、自作の教材を使用していたりすると要注意。

というのは、ちょっと前までの自分ですな大笑



なんでこんなことを書くかというと、目標設定を指導書の目標に変えて示した所すごくよく学んでいるから。


授業最初に板書で目標を書く。

だいたい単元『学び合い』だから、学んでいる速度はバラバラだけど、通常ペースだとここをやっているよ、と示す。

最初の5分で気をつけていることは、この目標を達成する状態について丁寧に扱うこと。

なぜ〜になったかという問いには答えられる?

△△という言葉を自分の言葉で置き換えられる?

前時の学習内容である◻︎◻︎と、関連させて説明出来る?

ここまでいけたら目標達成だね。

と、とにかく具体的に示している。


この「具体的」が鍵なんだと思うんだよね。

学ぶことが明確だから、学習方法が委ねられる意味が生まれる。

やること学ぶことがわかんなかったら不信感が募るだけ?



目標がはっきりしているから評価もはっきりできる。

とにかくこれを意識して学ぼうぜ!

質を高くできているかは、授業最後にセルフチェックできるよね。

説明できない、わからないまま終わった時は、質が悪い学びだったんだよ。

もっと伸びる、頑張ろうね!


のように。


教科書や指導書は使い方に困るときもあるけど、もっと上手に使えば面白い。

勝手に生徒は学びを深めていくから、その足掛かりはしっかりしたものの方が良い。

ってことかな?

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/ch1nnen/20180202