Hatena::Groupmanabiai

イキイキすることと『学び合い』 このページをアンテナに追加

埼玉県高校社会科の教員の後呂と申します。 多様な生き方あり方が、イキイキと出来るようなクラスや学校を目指しています。

2017-03-19

僕は『学び合い』で「生徒が保健室に逃げ込んだ」が、こうして乗り越えた。

09:30

https://www.amazon.co.jp/私は『学び合い』にこれで失敗し、これで乗り越えました%E3%80%82-西川-純/dp/4491033234

いい本でした。

読めば読むほど、他の人はどうなんだろう、そして高校の話をもっと聞きたいと思ってしまいます。

だから僕の失敗を何回かに分けて紹介してみようと思います。

そして、多くの先生の失敗と乗り越え方をもっと拝見したいと切望します。





僕は『学び合い』で生徒が保健室に逃げ込みました。それも2年間で2回も。




case1

学び合い』を高校2年生で初めて体験した成績優秀者のAさん(女性)


入学当初より学力優秀、生活態度も真面目な彼女。

2年次の世界史で『学び合い』を体験し、ある日授業中に大号泣。

教科書を床に叩きつけ、机の上の物をなぎ払い、こんな授業やってられるか!!と叫んだ。



兆候はあった。担任クラスの生徒でもあったので、面談すれば『学び合い』への不安と不満。

主には先生が答えを教えてくれないことと、授業は黒板とノートを使うはずなのにそれをしない僕への不信感だった。

2学期に入り、多くの生徒が『学び合い』に順応していく中で、成績優秀の彼女は不適応のままだった。

時期になんとかなるかな?と思っていた矢先、爆発した。



少し整理しておくと、

1 小中と一斉授業で成績を残していた彼女にとって、『学び合い』は未知なるものとの遭遇であり、恐怖であったこと。

2 推薦入試で進路を狙っており、成績低下に大きな不安を抱えていたこと。

3 不安を抱える生徒は他にいたが、時間を重ねるにつれ順応しており、孤独感があった。

4 「教えて」と言えない生徒だった。(のちに発覚するけど、勉強できる私が大きなアイデンティティだった)

5 授業は論述式のプリントで答えは配布せず、全員達成は可視化していなかった。(マグネット使わず)


こんな状態だ。




泣いて叫んだ後、授業にならなくなったので、他の生徒が保健室に連れて行ってくれた。

その日の放課後、上記の不安と悩みを改めて養護教諭から聞かされる。



私は翌日すぐに彼女と面談を行った。

不安と不満を一通り聞いた後、概ね以下のようなことを伝えてように記憶してある。(この出来事はいつか書いたかも)


・不安にさせて申し訳なかった。一緒に授業を作っていきたいので、これからももっと話を聞かせて欲しい。

・Aさんも見捨てない。だから授業を少し変えてみる。でも、他の人も見捨てたくない。みんながわかる、できるようになるためには、先生だけが教えるのは厳しい。だから『学び合い』をやっている。

・Aさんも、みんなも満足できる時間を一緒に作らせて欲しい。


と伝えた。


結果

①5分の講義を冒頭に入れること

②授業の補習を放課後行うこと(『学び合い』でやったことを講義でやる)

③毎週面談する

④辛いと思う人がいたから少し授業は変えるけど、『学び合い』はやめない。だってそれがみんなを伸ばせると思っているから。と語る。

⑤学び合うことが目的ではなく、みんながみんなわかるようになろうと語る。



のアクションを起こした。



もちろん保護者にもすぐ連絡をした。

幸い保護者は理解があって助かった。が、電話でAIや入試が変わることなどを丁寧に説明し、お子様の力をもっと伸ばしたいと懇願した気がする。


養護教諭とは『学び合い』を始めた時にいつかはお世話になると確信していたので、事前に僕がどんな授業をやっているのかを説明していた。

それに、毎週不適応を起こしている生徒がいるか聞きに行っていた。これが後々役に立った。

Aさんに対し、養護教諭から授業へのフォローがあったらしい。



これ以後、Aさんは自分の勉強方法を見つけたらしく、泣き出すことはなかった。



長くなったけど、『学び合い』への不安・不満を持つ高校生は多い。

そしてまた、成績優秀者ほど一斉授業と『学び合い』とのジレンマに悩まされているのかもしれない。



こうした壁を乗り越えるには、

①念入りな個別フォロー(面談、保護者への対応、養護教諭との連携)

②あなたも見捨てない、が他の生徒も見捨てないというメッセージを送り続ける。(多少の授業改善)

③『学び合い』をやめない



だと考えている。

特に難しいのが③だけど、一番大事だ。




後日談で、先日卒業式が行われ、放課後卒業生になったAさんが泣きながらやってきた。

「先生を困らせてごめんなさい」

ちょっと違うかなーと思ったけど、不満や不安は消えていた。

彼女は看護学校へ進む。

答えの無い、現場での道を歩む時に、必ずこの2年生の苦しい体験が身を結ぶと確信している。

ch1nnench1nnen 2017/03/19 09:34 そういえば、管理職、学年主任にはすぐにこの案件を報告した。日頃、積極的に授業参観に来ていただいている(強引に是非来てくれ!!と言い続けているのだけど)ので、一定の理解を得ていたことが幸いに、しっかりフォローして、授業が原因で学校に来れなくなるようなことがあればまずいので、そこは見極めてくださいね、と言われた。管理職との日頃の関係性構築も重要だ。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/ch1nnen/20170319