Hatena::Groupmanabiai

イキイキすることと『学び合い』 このページをアンテナに追加

埼玉県高校社会科の教員の後呂と申します。 多様な生き方あり方が、イキイキと出来るようなクラスや学校を目指しています。 ushirokentaro※gmail.com ※を@に変えてください。

2018-06-04

生徒の声に耳を傾け、様子を見とる

学び合い』がしたいから『学び合い』を実践しているわけでなく、

目の前の生徒の実態から、『学び合い』を通じて必要なことやモノにたどり着けるから『学び合い』を実践しているわけなんだな。


最近は後者の視点がおろそかになっていた。いかんいかん。

つまりは手法として捉えるか、考え方として捉えるかの違いだろうな。



今日から確認の質問を最後の5分の中で行うことにしました。

生徒を指名して答えさせます。

できるかできないかはっきりするなーと思う反面、こういう取り組みは外発的動機づけに基づいていて好きではない。



わかるが曖昧になっている生徒がいて、さらにそれをほっておくクラスになったから取り入れました。

わかるためにやっているんだもんね。

だったらそこはシビアにね。

そしてそれは日々の看取りや生徒の声から感じたこと。



ただ見とるだけではなく、見とった後が大事。

ノーリアクションだと傍観しているだけ。

自戒自戒。