Hatena::Groupmanabiai

イキイキすることと『学び合い』 このページをアンテナに追加

埼玉県高校社会科の教員の後呂と申します。 多様な生き方あり方が、イキイキと出来るようなクラスや学校を目指しています。 ushirokentaro※gmail.com ※を@に変えてください。

2018-06-04

生徒の声に耳を傾け、様子を見とる

学び合い』がしたいから『学び合い』を実践しているわけでなく、

目の前の生徒の実態から、『学び合い』を通じて必要なことやモノにたどり着けるから『学び合い』を実践しているわけなんだな。


最近は後者の視点がおろそかになっていた。いかんいかん。

つまりは手法として捉えるか、考え方として捉えるかの違いだろうな。



今日から確認の質問を最後の5分の中で行うことにしました。

生徒を指名して答えさせます。

できるかできないかはっきりするなーと思う反面、こういう取り組みは外発的動機づけに基づいていて好きではない。



わかるが曖昧になっている生徒がいて、さらにそれをほっておくクラスになったから取り入れました。

わかるためにやっているんだもんね。

だったらそこはシビアにね。

そしてそれは日々の看取りや生徒の声から感じたこと。



ただ見とるだけではなく、見とった後が大事。

ノーリアクションだと傍観しているだけ。

自戒自戒。

価値を語る、生徒を褒める

授業参観に来ていただいた実習助手の先生との対話で出て来たキーワードです。

良し悪しが対照的なクラスを見学してもらいました。

授業者ではない方に見ていただくと、実に本質に迫る部分を指摘されるように思います。

うまくいくクラス、うまくいかないクラス、共に僕の雰囲気、言葉尻に差があると指摘されました。

うまくいかないクラスに対しては、もっと価値を語らないと動かないと思うよとの指摘も。



授業後の対話では、うまくいかないクラスの中で頑張っていた生徒について説明する機会がたくさんありました。

そこまであげられるならなぜ褒めなかったのか、とさらに指摘。


実に急所を突かれたと思います。