Hatena::Groupmanabiai

イキイキすることと『学び合い』 このページをアンテナに追加

埼玉県高校社会科の教員の後呂と申します。 多様な生き方あり方が、イキイキと出来るようなクラスや学校を目指しています。 ushirokentaro※gmail.com ※を@に変えてください。

2017-01-10

与えられた仕事の中で考える

21:11

研究紀要を書かせてください、と昨年末に手を挙げてみた。(もちろん校内の誰も読まない例の紀要ですが)

来年は一緒に組んで『学び合い』を実践していた同僚が転勤しそうということもあり、結構焦っている。

もちろん、自分のやりやすい環境を来年度以降も確保するために焦っているのだが。

少しでもこの『学び合い』の輪を広げられたらいいなと思い立って手を挙げた。



そして今、何を書くのかを未だに悩んでいるのである。

どうしようもない男である苦笑



読み手は限られているが、

1 あいつは結局何やってんだ?どれどれ…

2 適当にパラパラめくってみたら載っていたな。どれどれ…

3 後呂は面白いことをやってそうだ!どれどれ…

4 後呂はけしからん!読む気もしない!…チラ

こんなもんだと思う。



そして私は何をこの原稿で伝えたいかを考えてみると…

学び合い』っていいよ!ということに尽きる。

でもこれって結構書き方が難しい。



濃い内容をモリモリにすれば、その分だけ反発がありそうだ。



そういうことを考えると、伝えたいことはシンプルにしておくのが良さそう。


「落ちこぼれも吹きこぼしもいない授業づくり」


何ていうのが良いかな?

進路多様校が本校の課題でもあるし。



来週が締め切りですがもう少し寝かしてみまーす。

strongmind222strongmind2222017/01/10 21:41ブログにも書きましたが、相手の土俵で相撲をとるしかないのが現状かと思っています。私としては「結果を出す」ということを重視していますが、紀要などにまとめるのであれば、相手が理解できる言葉で書いていくことが大事なのかな、と思っています。
私は以下のリンクが勉強になるなぁと思いました。
http://logmi.jp/167606

strongmind222strongmind2222017/01/10 21:41ブログにも書きましたが、相手の土俵で相撲をとるしかないのが現状かと思っています。私としては「結果を出す」ということを重視していますが、紀要などにまとめるのであれば、相手が理解できる言葉で書いていくことが大事なのかな、と思っています。
私は以下のリンクが勉強になるなぁと思いました。
http://logmi.jp/167606

ch1nnench1nnen2017/01/11 09:44同感です。余談ですが、とある先生からかつて、とらなくてもいい相撲もあるのでその判別をしたほうが良いよ、とのアドバイスをいただきました。どうしても折り合いがつかない人もいますよね。そこらへんの見極めをしたたかにしていきたいな、と痛感しております。同時に、生徒にもそのような人はいますので、ここの折り合いのつけ方について、悩ましいところであります。
リンク、参考になりました!とてもいい情報をありがとうございます。