Hatena::Groupmanabiai

イキイキすることと『学び合い』 このページをアンテナに追加

埼玉県高校社会科の教員の後呂と申します。 多様な生き方あり方が、イキイキと出来るようなクラスや学校を目指しています。

2017-02-17

「高校地歴の課題は生徒が動かないのですが」という質問について

13:12

学び合い』を実践している先生から、タイトルのような質問をいただきました。

いい機会だったので、自分なりのお返事を考えてみました。




まず、生徒が動く・動かないについて、これは大事なことではないです。

授業の目標は「生徒を動かすこと」ではありません。

「全員がわかる」という目標に向かいながら、その過程の中で協働の必要性が生まれ、結果として生徒が動いてしまうのです。



意図的に動かすような課題を設定することはできます。

「〇〇(例:江戸幕府の外交政策である四つの口)について、3人に説明して納得もらえたらサインをもらう」などの課題を出せば、サインをもらうために生徒は動きました。


ただ、なぜサインをもらう必要があるのかといえば、課題を理解するためにはそれ程のアウトプットが必要であるからです。

生徒が話し合う、関わることは、あくまでも目標にたどり着くまでの過程で、生徒が必要であると感じた時に生まれるものです。



よって、動く・動かないことに注目するのではなく、全員がわかっているかどうかに注目することが大事です。




次に地歴科目について、独特の教科の特性があります。

この地歴科の特性が、生徒に「学び合う必要がないと誤解させる可能性」を生んでいると私は感じています。

地歴科目の教科書は、網羅的に内容がビッシリ詰め込まれています。

そして受験ではその網羅的な知識を答えられるかどうかを問われています。

極論、一問一答ができるかどうかが求められているのです。


こうした状況で、生徒は全員がわかるという状態が、全員が穴埋めに答えを入れられる状態であると誤解します。

その穴埋めの答えは教科書に太字になっていますから、抜き出す力があればいいので学び合う必要性はないのです。

意味や意義、因果関係はわからなくても良い、つまりはわかったふりでもなんとか点が取れる教科なんです。



私はここに詰めていくポイントがあると考えています。

地歴科目でわかる、できるとは何だろうか。

わかった状態とは生徒がどのような状態にあるのか。


これを考査で求め、課題で取り組んでいけば、自ずと学び合う地歴科の授業になっていくのではないでしょうか?

2017-01-12

AIと教育

| 21:22

《職員室でのK先生との会話》

浦安市民プラザで行われるリヒテルズ直子さんと鈴木大裕さんの徹底対談に行こうか悩んでる。

新自由主義の教育に喝を入れる鋭い切り口が見てみたい。


ところでアメリカの教育格差は凄まじいと鈴木さんが指摘しているね。

富を持つものは、教養まで含めた教育を施し、持たないものは日々テストテストの繰り返し。体育もカリキュラムに組まれていない。

AIが教育にどんどん入れば、こうした持たないものは数字だけを求めて教育されるかもしれない。

それは日本も他人事では済まされない。


でもAIの教育では、人格の完成という目的は達成できないよね。

つまりは大人になるという教育からはどんどん遠ざかるような気がする。

そこに教員の役割が求められるんだろうけど、大人になるってそもそもどういうことだろう。

そして学力論争にも行き着いちゃうね。


3年間『学び合い』を実践してきた学年が間もなく卒業するけど、大人になったとは言えるかな?

うーん、難しい。

もっともっとストイックに(ちょっと曖昧な表現)実践すべきだったかな。


ただ、良い加減にあり続けることも大事だと思うよ。

一つのことで全てが決まるわけじゃないし。




備忘録代わりです。

2017-01-11

心を育てる事と型を守る事

| 11:40

学び合い』を3年間実践し続けた学年が間もなく卒業する。

ここに来て身だしなみ、言葉遣い、その他もろもろの生徒指導が続発している。

生徒指導の是非はひとまず置いておいて、子供っぽいままなのだ。



心が育っていない、という出来事を目にすると辛い。

大人になろう、と目標を掲げてきたけど空回りだった。



こうした現状に校内からの批判の風は強い。

この批判とは、学年のあり方や方針にという意味で、『学び合い』に対しての批判は直接的には無い。

もちろんそういう批判があることも知っている。表面化してないだけで。



アドバイスとしていただいたことは、型にハマって過ごすことも心を成長させるには大切なのだ、ということだった。

決まりを守らせる。

規律を正す。

そういうことだ。

そこから人は成長するのである。



そこでまた考える。

型にハマらせなかったから心が育っていないのか。

そうではないと思う。もっと、多様な関係性の中で、人は成長するものだから。



ただ課題として立ちはだかるのは、心が育っていない(これも曖昧だな)ということ。

もちろんそのまま生徒に伝えてみる。

日々実践だー!!!

2017-01-10

与えられた仕事の中で考える

21:11

研究紀要を書かせてください、と昨年末に手を挙げてみた。(もちろん校内の誰も読まない例の紀要ですが)

来年は一緒に組んで『学び合い』を実践していた同僚が転勤しそうということもあり、結構焦っている。

もちろん、自分のやりやすい環境を来年度以降も確保するために焦っているのだが。

少しでもこの『学び合い』の輪を広げられたらいいなと思い立って手を挙げた。



そして今、何を書くのかを未だに悩んでいるのである。

どうしようもない男である苦笑



読み手は限られているが、

1 あいつは結局何やってんだ?どれどれ…

2 適当にパラパラめくってみたら載っていたな。どれどれ…

3 後呂は面白いことをやってそうだ!どれどれ…

4 後呂はけしからん!読む気もしない!…チラ

こんなもんだと思う。



そして私は何をこの原稿で伝えたいかを考えてみると…

学び合い』っていいよ!ということに尽きる。

でもこれって結構書き方が難しい。



濃い内容をモリモリにすれば、その分だけ反発がありそうだ。



そういうことを考えると、伝えたいことはシンプルにしておくのが良さそう。


「落ちこぼれも吹きこぼしもいない授業づくり」


何ていうのが良いかな?

進路多様校が本校の課題でもあるし。



来週が締め切りですがもう少し寝かしてみまーす。

strongmind222strongmind2222017/01/10 21:41ブログにも書きましたが、相手の土俵で相撲をとるしかないのが現状かと思っています。私としては「結果を出す」ということを重視していますが、紀要などにまとめるのであれば、相手が理解できる言葉で書いていくことが大事なのかな、と思っています。
私は以下のリンクが勉強になるなぁと思いました。
http://logmi.jp/167606

strongmind222strongmind2222017/01/10 21:41ブログにも書きましたが、相手の土俵で相撲をとるしかないのが現状かと思っています。私としては「結果を出す」ということを重視していますが、紀要などにまとめるのであれば、相手が理解できる言葉で書いていくことが大事なのかな、と思っています。
私は以下のリンクが勉強になるなぁと思いました。
http://logmi.jp/167606

ch1nnench1nnen2017/01/11 09:44同感です。余談ですが、とある先生からかつて、とらなくてもいい相撲もあるのでその判別をしたほうが良いよ、とのアドバイスをいただきました。どうしても折り合いがつかない人もいますよね。そこらへんの見極めをしたたかにしていきたいな、と痛感しております。同時に、生徒にもそのような人はいますので、ここの折り合いのつけ方について、悩ましいところであります。
リンク、参考になりました!とてもいい情報をありがとうございます。

2017-01-09

当たり前のようには受け入れてもらえない

21:18

前職は飛び込みの金融営業をしていたので、日々罵倒・批判の毎日だった。

社会とは実に厳しいところだと思う。

でもこれが現実だ。

先日、高校の同窓会で会った友人たちは修羅場の中を未だ生きていた。

ブラック企業だろ…とツッコミを入れたが、それでも僕の知っている企業はどれも厳しい労働環境だ。



教員って表立って批判されることが実に少ない職だと思う。

大村はま先生の「教えるということ」にも書かれていたけど、良いか悪いかは置いといて、珍しい仕事だ。

そして年末、僕は久しぶりに凹むような批判をいただいた。

というか凹んだ。

僕のあり方?やり方?が材料だったけど、久しぶりの正面切っての批判は堪えた。



そんでもって、時間をかけてこの一件をどう処理しようか思案した。

批判されることには真摯に向き合わないといけないと思う。

だけど、そもそも自分のやりたいこと(道のど真ん中を歩いているつもりだけど、端を逆行しているなんてからかわれるけど)をやっているのだから、みんなに受け入れられるなんてことはない。

みんなが受け入れてくれる、と勘違いしていた事が全ての始まりだった。



そこまで考えたので、やっぱりこのまま進もう。

どの方法でもアンチが出るなら、納得した道を進む。

明日は新学期。トコトコ進みまーす。