Hatena::Groupmanabiai

イキイキすることと『学び合い』 このページをアンテナに追加

埼玉県高校社会科の教員の後呂と申します。 多様な生き方あり方が、イキイキと出来るようなクラスや学校を目指しています。 ushirokentaro※gmail.com ※を@に変えてください。

2018-10-01

企画変更

※企画内容が変更になりました

夏季休暇が終わり、いよいよ授業運営・クラス運営ともに次の学年や次の進路を見据えた取り組みが本格化する頃です。

上越教育大学教授西川純氏が提唱する『学び合い』が目指す、「一人も見捨てない」社会を実現させるために、教員・生徒・市民はどのようにすれば良いのかを、参加者全員でゆるゆる考える会です。

学び合い』に興味がある方、これから始めようとしている方、実践されている方、みんなで気軽に交流しませんか?

第5回川越『学び合い』の会の企画内容が変更になりました。

企画趣旨をお読みいただき、ご参加いただけると幸いです

【企画変更に伴うお知らせ】

 当初は森川先生より、「私の現状と理想のギャップと、それをどのように埋めようとしているのか」について、実践報告と話題提供をしていただく予定でした。

 しかし森川先生より、ぜひ川越『学び合い』の会で共有したい話題があるとのお話があり、企画内容を以下のように変更させていただきます。

話題内容:「主体的・対話的で深い学び」を実践する上で見落とされがちな落し穴

話題詳細:いわゆる「アクティブ・ラーニング」を進めていくことが、本当に子どもたちに必要な力を身につけていくことにつながるのか。

①主体的な人間が育つ一方、受け身な人間をも育ててしまう可能性。

②学びの主体を生徒にする前に一度考えておくべきこと。

③アクティブラーニングが「学校教育」で推奨されることの意味。

話題提供:森川大地(浦和高校国語科教諭)

提案方法:森川先生を含めた複数名での対話形式

 ※参加者の方にも参加していただけるような環境を提供いたします。



川越『学び合い』の会は、参加者が日頃感じている疑問や課題に寄り添えるようにしていきたいと考えています。申し込みフォームに登録いただく際に、そうした疑問や課題があれば是非お寄せください。

フリートークの時間はたっぷり設けております。

初めての方も実践者の方も疑問や質問を出し合ってこれからの教育について考えてみませんか?

また、会へのご要望等がありましたら、フォームのメッセージ欄にお書きください。

より良い会にできるよう、積極的に取り入れさせていただきます。



●アクセス

JR「川越」駅、東武東上線「川越」駅 いずれも徒歩5分

(西武新宿線「本川越」駅、東武東上線「川越市」駅と間違えやすい名前ですのでお気をつけください。)

2018-09-27

教科書を読むことは難しい

先日の授業で、「うーん…うーん…」とずっと悩んでいる生徒がいました。

自己解決できるかなーと少し見守っていたんだけど、授業後半になっても進みそうにないので声をかけてみました。

そしたら教科書の「従属」という言葉が理解できず、世界史用語集で調べていたけど見つからずに困っていたことが判明。

高校2年生でも社会科の教科書は難しいよね。

国語辞典で調べたらよかったんだけど、それを活用するところまでたどり着けなかったのね。


匙を投げずに課題に取り組む姿勢に頭が下がりますが、課題に取り組む以前に教科書自体が生徒にとっての学びの壁になっているんだと再確認しました。


「教科書を自力で読む」力を身につけるためにはどのような方策が取れるのだろうか。

そもそも教科書を自力で読むためにはどのようなステップが必要なのだろうか。


学び合い』はわからないを解決する環境とツールを自由にカスタマイズできる。

その中でツールを正しく活用する力が求められていることが今回よくわかった。

2018-09-24

中学校で出前授業で『学び合い』

初めて中学生相手に『学び合い』を実践してきました。

サイコーですね。

もうそのまま中学校に勤務したくなりました。

でも帰ってきて高校生を目にしたら、彼らも違わず頑張っていて高校はいいなーと思いました。

以下感想


私は、勉強をする際は自分だけで取り組んで自己満足してたんじゃないかと気づけました。人に説明しようといわれたときすごく困ったのですが、自分に説明する力が足りないことがすぐにわかりました。この授業は今までにないようなものだったので、最初は困惑しましたが、この授業に参加することになってよかったと思いました。

「教えてもらう勇気」「教えてあげる勇気」を色々話してもらってとてもいい話だと思いました。私は得意な教科が全くなく苦手なものだらけなので、教えてもらってばかりいると思います。なので私も教えられることができるように得意なものを増やし、たくさん聞いてたくさん教えてもらいたいと思いました。今回のプリントで友達に教えてもらってとてもよかったです。

正直立ち歩いてもいいよと言われた時、戸惑ったけど、1問わからないところがあって、友達が知っていて、教わりました。最初は一人でやったほうがいいと思ったけど、わからないところがわかったので、人に助けてもらうってとっても大事なことだということがわかりました。また、いつものは違った授業でとても楽しかったです。

自分一人ではわからなかった言葉や問題が友達に聞いたらすぐできて、周りの人の手を借りることは大事だなと改めて思いました。人に聞くのは最初は勇気が必要だったけど、聞いていくうちにだんだん慣れてよかったです。これから自分一人でわからないことは自分一人で考えすぎず、他人に頼ることも大事だと思いました。

私は私なのだなと思った。目を皿のようにして、間違い探しをしていたいつかの記憶は、もう鮮明には思い出せないけど、あの頃から私は私であって、今後も私は私であるのだなと。今日はありがとうございました。

教えてもらう勇気と教えてあげる勇気という言葉を聞いて、自分の今までに人に聞くことができなかった問題のことをたくさん思い出しました。今日この授業をやって、人に問題を聞いてわかった時の嬉しさを学びました。なのでこれからもわからない問題があれば聞いて、わからない人がいたら教えてあげたいです。

正直、「間違えてもいい」「教えてもらおう」と言われた時は驚いた。今まであまり自分の考えを友達に見せたことがなかったので新鮮だった。すごく楽しい授業だった。

はじめ、自由に話したり教室を歩いたりすることに戸惑ってしまいましたが、やっていくにつれて、他の人の意見を知ることができて、自分の力が少しだけ伸びていった気がしました。自分の言葉だけで通じなかったことが、友達の言葉で納得することがたくさんありました。恥ずかしがらないでなんでも聞いてみることが大切なことだと勉強することができました。今日は地理以外にも勉強することの意味も考えられました。ありがとうございました。

自分は地理がとても苦手なので、はじめできるか不安だったが、とても楽しかったです。一人一人にサインをもらいにいく時、色々な人の考えが聞けてとても勉強になったし、楽しかったです。自分は教えてもらうことしかできなかったけど、今日教えることができて嬉しかったです。これから、社会の時は絵を描いていきたいです!!

この授業を受けてみて最初はすごく戸惑いました。普段、授業で歩き回ることもなかったし、教え合うということもなかったので、すごく難しかったです。しかし授業を受けているに連れ、楽しい!って思えるようになって、地理が好きになれました。今回のプリントで苦手だったところも解消されたので受けてよかったと思ってます。今回教えていただいた勉強法をこれから試したいと思います。ありがとうございました。

友達に説明をする機会が今までなくて正直すごく不安でした。けれど友達が納得してくれた時はすごく嬉しかったし、あまり話したことのない友達とコミュニケーションが取れたのでとても楽しかったです。今後社会に出ていく時「教えてもらう」ことが大切だということは、今日のお話の中ですごくグッときたので忘れないと思います。これから先、このことを思い出して頑張りたいと思います。すごく楽しくて面白い授業でした。ありがとうございました。

地理の勉強で僕がインフルエンザA型B型続けてかかった時にこの地図の勉強に入って、戻ってきたら終わってました。なので今日の地理の勉強がわからなかったところなので友達に教わることができてなんとなくわかりました。自分のわからないところを聞くことは恥ずかしいことではないとわかりました。これからも大切にしていきたいです。

自分の中に、今まで「人に教えてもらうのは恥ずかしい」という意識があったので、今回の授業を経て「教えてもらう勇気」を得ることができてよかったです。また、人に教えるという意識も持ちたいと思いました。僕の父親は川越西を卒業しているのですが、楽しい学校だったのだろうと思いました。社会は定期テストのような範囲が限られているテストでは、ある程度の点数を取ることができるのですが、もしや過去問のような全範囲から出てくる問題は苦手で、5教科で一番苦手です。ですが、今日の授業を受けてしっかりと勉強しようと思いました。

今回の授業で教える、教えてもらうことの大切さを学びました。僕は数学が好きなので、よく人に教えることがあります。しかし僕は「教えて」となかなか人に言うことができません。教えることができても教えてもらうと言う勇気がないのでこれから少しづつ教えてと言える勇気がでるように頑張りたいです。

友達とわからないところを相談しあい、調べてみたりして、いつもは相談とかあまりしないから、なんか頭が良くなった気がした。あと、友達が説明してくれてる時、自分とはまた別の言い方を見つけられたし楽しかった。説明してる時も、「うんうん」と頷いてくれたりして嬉しかった。今回の授業で嫌だったことはありませんでした。失敗について教えてもらう勇気、教える勇気の話を聞けてよかった。ありがとうございました。

相手に物事を伝えたり、理解できるようにしたり、説明することはとても難しいけれど、わからないことがわかったりして楽しかった。

自分で当たっていると思っていたけれど、人に言われて間違っていると気づいた。今回の授業にいる人たちはみんな自分の知っている人だったからあまり抵抗なく教えてと話しかけられたが、もし知らない人だったら声をかけにくいと思った。

2018-09-13

カンファランスとミニレッスンを取り入れてみました

2学期、相変わらず『学び合い』の実践は続きます。

1学期の課題は…

・生徒が夢中になるような学びが教室に実現できていない

・課題をやればいいんでしょ、という打算的な雰囲気が充満

・学びの2極化(できる生徒とできない生徒)

でした



理想(一人も見捨てない)と現実はそんなに甘くない…

ある飲み会で信頼できる方から、後呂くんのは答え探しゲームだよね、そんなんつまんないよ、という指摘をいただきました。

あー、それあるなーと。



でも完全オープンエンドの課題にはまだ手が出せないし、成績をハックするのように評定をなくすこともできず。

課題に対してどんなアプローチができるか考えて、カンファランスとミニレッスンを取り入れるようにしました。

基本的には今までやっていることと変わらないのですが、対話の中で必要な手段を取り入れていくことをより意識するようにしました。

生徒が今何に困っているのか、今日はどこまでやりたいのか、そういう対話を行いながら学習の潤滑油として機能できればいいなと。


少し様子見です。

2018-09-09

第5回川越『学び合い』の会

https://kokucheese.com/event/index/536590/

ちょっと色々あって告知が遅くなってしまいました汗

10月21日(日)第5回川越『学び合い』の会のコクチーズです。

ゆるりとお越し下さいませ。