『らくだの気持ち』

長野県で教師している、M研OBのCamel921です。
出身:長野県伊那市
所属:長野県中学校 
メールアドレス:tsukasamaki4maとgmail.comを@でつないで下さい(迷惑メール対策です)。 ブログのハンドルネームには、全ての方に親しみを込めて「さん」をつけることで統一しています。すみませんが、お許しください。

2010-03-06事前研修

iku-nakaさんのブログを読んで。

23:03

コメントしようと思ったら長くなってしまったのでこっちに書くことにしました。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/iku-naka/

にこんな言葉がありました。

>人は1人では生きていけません。自分が「必要な存在」だと感じられるからこそ、人は生きる価値を見いだせるのだと私は思います。

強く共感しました。

先日ある生徒さん一緒に、進路や就職について考える機会がありました。

自分自身の就職までの道のりを考えながら話しをしました。昔は、「働く=お金を稼ぐ」を色濃く感じていました。しかし、目の前のいる生徒と話す中で「働く=社会人としての居場所作り」だと感じて話しました。どちらに重きを置くかは価値観によるかと思います。

ただ、「ごめん、勉強の時間なのに沢山話し込んでしまったね。」という自分に「先生と話してると、新しい事が発見できて勉強になるので、すごい楽しいです。」と言ってもらい。素直に「俺は今○○くんに支えてもらっているんだよ。こうやって必要にしてもらえるからここに居られるんだよ。ありがとう」と言えました。

働くことに対して、今の私は後者の考えが色濃いです。

居場所に関して。

先日小学校で働いている友達と話していて、「なんでそんなに相談に乗ってくれたりするの?」と言われたので、色々と考えながら、上にある生徒とのやり取りを例に「だって、相談の相手に自分が選ばれるんだから、そうやって必要としてもらえるのが嬉しいからじゃないかな。」と答えました。

そこから話しがさらに発展して、その友達が「結婚するって、自分の居場所作りなのかもね。家族を作って自分の居場所をつくるんだね。」と言いました。あぁなるほどな、と思いました。現実には色々と問題を抱えている方も居るとは思いますが、家族ってやっぱり居場所だし、その分大切にしなきゃいけないぁと思いました。

ghjalghjal2010/03/06 23:16>『それぞれ個性があっていいなぁ』
そうそう。そういう個性があって当たり前。みんなちがってみんないい。今日の埼玉チキチキで考えたことです。
>自分の居場所
家族に求め、職場に求め、そして教室で求める。自分の居場所。だからこその『学び合い』なのでしょうね。

camel921camel9212010/03/06 23:27ジーンさん、コメントありがとうございます。
個性というか、人柄というか、その時以外にも話す機会があったので、余計に感じ取れました。
>みんなちがってみんないい。
素直にそう思えました。
居場所について、今思い出しましたが、ブログを始めた頃に『学び合い』を居場所づくりとして書いたことがありました。あの頃よりも具体的にそう感じられます。

iku-nakaiku-naka2010/03/09 07:29ブログへのコメント、ありがとうございます。
返事の内容をいろいろ考えたのですが、上手くまとまらず、遅くなってしまいました(大汗)。
『学び会い』って、いろいろな面で「生きる力」とつながっていると思うのですが、ともすれば、一部分を「特化」させてしまう危険性があると思っています。例えば、一見すると「学校崩壊」のように見える授業風景だとか、テスト点が急激に伸びるという点とか、人間関係が改善されるという点とか。でも、それぞれの面は密接につながっています。その関係性に気付けるかどうかが『学び会い』をする上では非常に重要だと考えます。
人と繋がり、安心して学習することができるから、人との繋がりを恐れることはなくなります。
人と繋がり、安心して学習することができるから、学ぶことに不安や劣等感がなくなります。
人と繋がり、安心して学習することができるから、教師は生徒に任せ、後ろから見ていることができるようになります。
すべての要素は繋がっているのだと思います。ただ、私の『学び会い』は、そのレベルまで至っていませんが(大汗)。

camel921camel9212010/03/11 01:01iku-nakaさん、コメントありがとうございます。
『学び合い』では、『繋がり』がキーワードですね。同じ目標をもって頑張りたいです。目標はクラスにとどまらず、いずれその子達の作る社会まで…

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/camel921/20100306