『らくだの気持ち』

長野県で教師している、M研OBのCamel921です。
出身:長野県伊那市
所属:長野県中学校 
メールアドレス:tsukasamaki4maとgmail.comを@でつないで下さい(迷惑メール対策です)。 ブログのハンドルネームには、全ての方に親しみを込めて「さん」をつけることで統一しています。すみませんが、お許しください。

2009-09-20富山の会

参加させてもらいました。

忙しい中、一緒に参加してくれたM研の院生の皆さんにも感謝です。

今回の会の魅力は、なんと言っても「体感」だと思います。

会のほとんどの時間が『学び合い』模擬授業です。

東京の会で今年は最後かななんて思っていましたが、その東京の会でo4daさん同席になりアナウンスを受け、行くことを決意しました。

o4daさん、誘って頂きありがとうとうございました。

感想ですが、端的にいうと、「良かったです」

なざかというと、生徒の視点になって『学び合い』を捉えられたからです。

生徒の視点で見て教師として気をつけようかなと思ったことをメモします。(あくまで主観です)

・やり始めの課題はやっぱり明確がいい。

これは、特にまだ周りの人のことをよく知らない場合です。ゴールがどこか良く分からないと、イマイチ自分の立ち位置もわからなくなります。すると、今自分が「何がわかっていて、何がわからないのか」がわからなくなります。そのため、課題を達成するために「何を人に聞いたらいいのか」や、困っている人のために「自分が何ができるか」がということをうまくつかめず、思い切って人と関わろう!という気がなかなか起こりません。(僕は特に引っ込み事案なので)

・可視化って難しい。

自信を持ってしゃべっている最中に、「ホントにそれでいいのかな」という大きな声が聞こえてくるとそっちに気を取られてうまく話せなくなりました。

・名前の張り出しも難しい。

僕は、わかった人が誰かを可視化する手立てとして、子どもが必要に思うならネームプレート等の活用は特に問題ないと感じていました。一方で、それを行うことで、無理に焦らされるといった意見も聞けました。やはり、そういった方法も、最終的に子どもが選ぶべきだなと思いました。

その他にも・・・あったら追記します。

今回の体験を通して本当に学ぶものがありました。名刺を忘れたために顔を覚えてもらえそうに無いですが、新しく数名の方と話せたのも大きな収穫です。富山の会を運営してくださった皆様に感謝です。

ありがとうがざいました。

ちなみに、マス寿司すごくおいしかったです。

今回の会とても良かったので、長野の会にも取り入れさせてもらいたいと思います。

コンセプトは富山の会と神奈川の会から学ぶ予定です。

ということで、遅れましたが、小規模でも年内に長野で・・・と考えています。

まだ、日程調整や講演依頼をしていないので、ちょっとあせっていますが、もし実現したら長野も是非。

katokiti2003katokiti20032009/09/20 13:14会の最後でジーンさんと3人で雑談させてもらったkatokitiです。

>自信を持ってしゃべっている最中に、「ホントにそれでいいのかな」という大きな声が聞こえてくるとそっちに気を取られてうまく話せなくなりました。

「なるほど!」と思いました。うちのクラスでも同じことがあるような気がしました。
我々教師が「なぜ、そのような可視化をするのか」を普段から明確に伝えておかなければなりませんね。少なくともその教師の声で救われる子がいるのですから…。

iku-nakaiku-naka2009/09/20 14:45長野の会について、本当は私のような者が動かないといけないのに、いろいろな方に動いていただいて恐縮です。せめてお手伝いできることがあれば言って下さい。受付でも何でもやります。

twoyoshitwoyoshi2009/09/20 19:44接すれば接する程、三崎先生の学生さんは優秀だと感じます。またご一緒しましょう。

D902iD902i2009/09/20 20:34昨日はありがとう!「体感」とはまさにそのとおりと言った会で,本当に充実してたね♪
数学に真剣に取り組む姿,輝いてたよ~☆みなさんの新たな一面が見られた会でした!
またよろしく~

ghjalghjal2009/09/22 12:24この報告はとてもリアルで、共感するものがあります。そうそう、その通り!って言う感じがあります。
可視化の難しさ。それを子供が選ぶ。最終的には、子供が可視化を務めるべきなのでしょう。M先生がおっしゃるように、必要なことは、子供たちによって用意される。そこまで信じるべきなのでしょう。

janglejapjanglejap2009/09/23 10:12東京の会、富山の会と自分が参加できなかったにもかかわらず、「なるほど~」と思って拝見しました!ありがとうございます。

最終的には子どもが可視化を務める。

教師が「可視化」をしている時でもそのことをめあてにすえていたら、きっとできるのでしょうね。

子どもの可視化を、「いいね~」って可視化していったりとかできますね。

sumi-chansumi-chan2009/09/23 16:22富山セミナーではお世話になりました。
模擬授業で、生徒の立場になって数学の問題について話をさせていただいて、とても勉強になりました。自分が何となくやっていたことを、言語化してもらって、ああ、自分はそうやって問題を解いていたんだな〜とわかりました。
学習者としての体験がより深いものになりました。ありがとうございました。

ghjalghjal2009/09/23 16:31>コンセプトは富山の会と神奈川の会から学ぶ
ですって。ゆうゆうさん。うれしいですよね。神奈川なんてまだ始まって数か月。数か月で、ここまで広がる。N先生のおっしゃる数年後には『学び合い』をデファクトスタンダードにする。夢でないのかもしれません。

o4dao4da2009/09/23 17:45東京で隣席になれたことは運命だったのでしょう。3人で来ていただき、富山を開拓していただきありがとうございました。これからも支えてくださいね。

camel921camel9212009/09/28 17:26皆さん、沢山のコメントありがとうございます。本当に嬉しい限りです。
しばらくネット環境を離れており、コメントが遅くなってしまいました。申し訳ありません。
katokiti2003さん
富山の会ではお世話になりました。初めてお話ができて光栄でした。あの会に初めて参加された方にとって、実践されている方の色々な経験や考えを聞くことはとても良い機会になったと思います。本当にありがとうございます。
〉我々教師が「なぜ、そのような可視化をするのか」を普段から明確に伝えておかなければなりませんね。
子どもと考えを共有することは大切ですね!勉強になります。

iku-nakaさん
先日は南信の会でお世話になりました。久々にお話ができて嬉しかったです。長野の会ですが、皆さんのご協力のおかげで大枠が完成しつつあります。今回は先生方に協力をして頂き、今後持続可能な会にすべく計画を練っています。よろしくお願いします。

twoyoshiさん
毎度『学び合い』各会でお世話になっています。富山の会では本当に楽しく学び合わせて頂きました。今後もよろしくお願いします。新潟の会の成功もお祈りしています。

D902iさん
一緒に課題を解くのは面白い体験だったね!本当に忙しいだろうけど、健康には気をつけてね。お互いに色んな意味で良い結果がだせるといいね!

ghjalさん
富山の会お疲れ様でした。お隣の席に座らせて頂いて楽しい時間を過ごすことができました。今回の体験を通して可視化ってむずかしいなぁと実感じました。子どもが選ぶために、僕らの考えを子どもに共有してもらう事が大切ですね。

janglejapさん
N先生も、『学び合い』が進む中で、教師と同じ視点に立てる学習者がでること必要だと述べていた事を思い出しました。子どもが可視化することも可視化する、教師ならではの可視化ですね!

sumi-chanさん
東京に引き続きお世話になりました。
説明してみてくださいと言われ、本当にドキッとしました(笑)説明してみて、本当に理解が深まるというか、いかに答えを出すだけでは理解が浅いものなのかを実感できました。ありがとうございます。

ghjalさん
二度もコメントありがとうございます。
大枠ができました。僕の中では正に富山と神奈川の中間を取った感じです。(全体の構成は神奈川かな。)参加をお待ちしています。近日詳細を公開します。

o4daさん
富山の会に誘って頂きありがとうございました。楽しく、そして疲れる会でした!もちろん聞き疲れるんではありません。『学び合い』は本当に頭フル回転ですからね。本当に子どもたちは毎日大変な事をしているなぁと実感できた会です。M研院生は皆参加して良かったと感じています。また長野でお待ちしています。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/camel921/20090920