Hatena::Groupmanabiai

bunbunの記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

週1回夕方から体育館で「クラブB&J」をやっています。
平成19年3月に『学び合い』を知ったことが、クラブを始めるきっかけになりました。
クラブについては、いわみbunbunサイト というホームページで紹介しています。
いわみ濡縁ブログ という写真ブログや、bunbun-hの日記というブログもやっています。
メールアドレスは、hattori-hatibunとohtv.ne.jpを@でつないでください。

2018-08-18

厳しくて悔しい

20:56 | 厳しくて悔しい - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 厳しくて悔しい - bunbunの記 厳しくて悔しい - bunbunの記 のブックマークコメント

8月16日(木) 高2:5人(男3、女2)


まずは、厳しくはないことから・・・


先週とほぼ同じ(男子が1人来なかった)メンバーでした。


先週と同じように、バレーボール練習をしていました。



次に、厳しいことを・・・



2度同じようなことを書く気もしないから、さっき憂さ晴らしフェイスブックに投稿したのをここにコピペ



長い長い高温と日照りの日々が終わり、待望の雨が降った。

よし、これからようやくピーマンの収穫が本格的に・・・と思ったら・・・次から次へと萎れ始めた。

雨により病気が蔓延。

青枯病という、葉が萎れて再起不能になる病気。

感染予防のために萎れた株を100本ほど抜き取ったら残りが90本ほどになった。

残った株も感染発症するかもしれない。

苦労して育てて、今年こそはと期待もしたのに。

どんなことであれ、現実・現場はとても厳しい。

だから夢物語で町政を動かすのはやめて欲しい。

(ショックが大きすぎて、意味不明のことも書いているような・・・)


以上です。とても悔しい。

tanabatahimetanabatahime2018/08/19 03:47ヒデリノトキハ ナミダヲナガシ
サムサノナツハ オロオロアルキ

農業の厳しさ、お察しします。  剛子

bunbun-hbunbun-h2018/08/19 15:26ありがとうございます。打ちのめされるのはしょっちゅうだけど、今回のはなかなか強烈でした。
(さっきまで地元であったバスケのおじさん大会に行ってて、その間は忘れてるけど、帰宅するとなにかが欠けたような空虚感が戻ってきます。でも、今から広島菜の種まきをしなくっちゃ。128穴のトレーを約45枚。数日間に分けて蒔きます。また懲りずに「心配の種」を蒔くわけです)

bunbun-hbunbun-h2018/08/19 21:37(フェイスブックにさっき投稿したのをコピペ)
朝、犬の散歩して、ピーマンの収穫・出荷をして、バスケのおじさん大会に駆けつけて少々プレイして、帰宅して広島菜の種まきを終えてからバスケの打ち上げのBBQへ行きました。
・・・
バスケのおじさん大会もそうだけど(おじさんって言っても35歳から私ども60前までの20歳もの年齢差なんですから)、打ち上げのBBQもメンバーの子供たちや、おじさん大会に出ていない若い人たちもいるような集まりで楽しかったです。
・・・
いろんな人たちが集える場っていいもので、私のピーマン・ショックも癒やされます。