Hatena::Groupmanabiai

bunbunの記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

週1回夕方から体育館で「クラブB&J」をやっています。
平成19年3月に『学び合い』を知ったことが、クラブを始めるきっかけになりました。
クラブについては、いわみbunbunサイト というホームページで紹介しています。
いわみ濡縁ブログ という写真ブログや、bunbun-hの日記というブログもやっています。
メールアドレスは、hattori-hatibunとohtv.ne.jpを@でつないでください。

2018-08-04

やばいけど

13:46 | やばいけど - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - やばいけど - bunbunの記 やばいけど - bunbunの記 のブックマークコメント

8月2日(木) 高2:5人(男)



台風の風はほとんどなかったけど、台風に伴う雨もほとんどなかった。


そして、また酷暑が再開。


雨もずっと降らない。


200本ほど植えたピーマンが、1本、2本、としおれていく。


心がつらく、とてもやばい夏。




だれも来ないのだろうと思っていたら、20分してから地元の高校生(Kくん)が現れた。


「やあ、久しぶり。ほかにも誰か来るの?」


「ええ、たぶん」


「それじゃ、やるか。暑いけどね」


集まったのは高2の5人。


ネットを張ってバレーボール練習を始める。


(私は1人でバスケ練習




クラブが終わって、帰りがけに1人の男の子を呼んで訊ねる。


「Iくん。今日来てる子たちの名前はなんていうの」


「Kと」


「あ、Kくんは知ってるよ」


「あとは、○○と、○○と、○○です」


「ああ、そうか。まだ名前と顔が一致しないんだよね。ところで、3年生は?」


「○○さんと、○○さんと、○○さんが中心メンバーなんですけど、3人とも帰省したんで他の人も来ないんです」


「前から思っていたけど、3年がいないときに2年生たちが来るんだね。まあ、君だけは1年のときからずっと上級生の中でやってるけどね」


「ええ、そのときを狙って来るんです」


「この様子だと、今の3年が卒業しても君たちが来そうだね」


「ええ、たぶん」


「Kくんは、小1の頃から来ていたんだよ」


「そうなんですか」


「このクラブは始めて11年目で、昔は小学生や中学生たちがたくさん来てたんだ。でも、みんな成長して新しい小学生も来ないのだけど、こうやって高校生たちが来てくれるから続けられているわけで、だから、ありがとう」


「来週もありますよね」


「うん、やるよ」




・・・さて、ブログを書いたしケイトウの花の出荷作業を続けます。


4,000本ばかりを出荷するのに、50時間ぐらい掛かるのではないかと思います。


がんばってやらなくては、採り遅れになってしまいます。


それにしても、ピーマンは何本生き残るのでしょう。


酷暑はまだまだ続きます。


(8月4日13:45、午睡のあとに記す)