Hatena::Groupmanabiai

bunbunの記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

週1回夕方から体育館で「クラブB&J」をやっています。
平成19年3月に『学び合い』を知ったことが、クラブを始めるきっかけになりました。
クラブについては、いわみbunbunサイト というホームページで紹介しています。
いわみ濡縁ブログ という写真ブログや、bunbun-hの日記というブログもやっています。
メールアドレスは、hattori-hatibunとohtv.ne.jpを@でつないでください。

2018-06-29

現実

21:45 | 現実 - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 現実 - bunbunの記 現実 - bunbunの記 のブックマークコメント

6月28日(木) 0人


30分ほどバスケのドリブル練習をして帰宅する。


・・・


今日(29日)から、さやいんげんの収穫が始まる。


これからは収入がある。


この3ヶ月ばかりは休みなく圃場準備から植え付けまでやってきたのだが、それだけでは収入はない。


2日続いた深夜の雷雨と風で100本ばかりの枝豆が倒れた。


ピーマンは今のところ1株だけなのだが、たちが悪いいやな病気がついた。


雨・風・日照り・病害虫・雑草


これから数ヶ月に渡る収穫作業の間、体も心も安まらない日々が続く。


・・・


体は疲れていたけれど、思いつくままにいろいろなドリブル練習を工夫しているうちに、次第に興に乗ってきた。



このクラブもこの1年で終わりになるのだろうから、それまではしっかり練習しようと思っている。



(誰も来ない時は体育館の照明をつけずにやっているのだけど、これから日が短くなると玄関の蛍光灯の明かりだけでやるのだろうか。暗くて寒い)

2018-06-22

近況

22:01 | 近況 - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 近況 - bunbunの記 近況 - bunbunの記 のブックマークコメント

6月21日(木) 0人



40分ほどバスケのドリブル練習をして帰宅。


参加者がないとブログも書けませんねえ・・・


と、ブログを書く。


自営の農業の方はまずは順調。


3年目だから、ずいぶんとプロっぽくなった、と書いておく。


2年目までのどたばたは、ほとんどない・・・


と、思う。

2018-06-15

2部構成

22:25 | 2部構成 - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 2部構成 - bunbunの記 2部構成 - bunbunの記 のブックマークコメント

6月14日(木)



1部 高3:10人(男3、女7)


2部 小6:1人(女)、高1:1人(女)、高2:1人(男)、 高3:9人(男)、計12人


私が参加したのは2部からなのですけど・・・


・・・6時前に体育館に行くと、1部が終わったところでした。


いつも来ている男の子にいつからやってたの?と聞くと、「僕たちもう部活が終わったんで(←なぜだか言い訳から始まってる)、4時半ごろからやってました。今からもまだやりますよ」とのこと。


塊になって体育館を後にする女の子たちのうちの1人が私に「こんにちは」と言ったのですが、その様子から見てその子は先週のクラブにちょっとだけ来ていた2人の女の子のうちの1人だったのだろうと思いました。(顔をよく覚えていないし、掛けてた眼鏡の度が合っていなくてはっきり見えずよく分からなかったのですが)


それから、本来のクラブの2部・・・


1部にいた3人の男の子はそのまま残って、そこにほかの高校生たち男子7人が加わりました。


体育館の近所の姉妹も久しぶりにやって来ました。


私は、2時間あまりバスケのドリブル練習を続けました。

2018-06-08

多様な「小さな物語」を発信し続けること

21:10 | 多様な「小さな物語」を発信し続けること - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 多様な「小さな物語」を発信し続けること - bunbunの記 多様な「小さな物語」を発信し続けること - bunbunの記 のブックマークコメント

万引き家族」の監督曰く・・・


『 僕は人々が「国家」とか「国益」という「大きな物語」に回収されていく状況の中で映画監督ができるのは、その「大きな物語」(右であれ左であれ)に対峙し、その物語を相対化する多様な「小さな物語」を発信し続けることであり、それが結果的にその国の文化を豊かにするのだと考えて来たし、そのスタンスはこれからも変わらないだろうことはここに改めて宣言しておこうと思う 』(是枝 裕和)


その一部を抜粋し再掲する。


『 その「大きな物語」に対峙し、その物語を相対化する多様な「小さな物語」を発信し続けることであり、それが結果的にその国の文化を豊かにするのだと考えて来た 』


さらにその一部を再掲する。


『 多様な「小さな物語」を発信し続けること 』

開放感

12:07 | 開放感 - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 開放感 - bunbunの記 開放感 - bunbunの記 のブックマークコメント

6月8日(木) 高3:8人(男6、女2)


高校総体が終わった3年生たち。


これで、高校での部活動も終わりです。(終わりなのだろうと思う)


バレーボールの試合を始める前に、バスケ部員だった3人がそれぞれにバスケのシュートに興じていたのですが、その様子がいつもになく楽しそうなのは部活動からの開放感がそうさせていたのでしょうか。


もうひとつそれに関係するようなことがありました。


遅れて女子高生が2人やって来ました。


どちらも初めての参加です。


聞けば男の子たちと同じ3年生だと言います。


彼女たちも部活動が終わったのでしょう。


高校生たちは30分ほど一緒にバレーボールの試合をしていました。

2018-06-02

今やることは

21:58 | 今やることは - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今やることは - bunbunの記 今やることは - bunbunの記 のブックマークコメント

5月31日(木) 0人


高校総体開催中(あるいはその前日)ですからね。


この総体が終わったらどんな感じでやって来るのでしょうか。


これまで通りのメンバーなのでしょうか。


それとも新たなメンバーも加わるのでしょうか。


(もしかしたら来月あたりで甲子園の夢破れた後の野球部員もあるかも?)


あるいは、進学などでそれどころではなくなるのでしょうか。


30分ほどバスケのドリブル練習をして帰宅しました。


今は、ひたすらに自分の練習をする時です。


そして、その後のことは「神のみぞ知る(お天道様かな)」ことなので、私は知りません。


これを書いているのは、6月2日(土)の夜。


今日もまた農作業に励み、夕方には私たちのクラブとは違うバスケのクラブに行って、1時間ほどドリブル練習して、また帰宅して農作業の続きを行いました。