Hatena::Groupmanabiai

bunbunの記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

週1回夕方から体育館で「クラブB&J」をやっています。
平成19年3月に『学び合い』を知ったことが、クラブを始めるきっかけになりました。
クラブについては、いわみbunbunサイト というホームページで紹介しています。
いわみ濡縁ブログ という写真ブログや、bunbun-hの日記というブログもやっています。
メールアドレスは、hattori-hatibunとohtv.ne.jpを@でつないでください。

2016-09-23

鑑賞のちから

20:44 | 鑑賞のちから - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 鑑賞のちから - bunbunの記 鑑賞のちから - bunbunの記 のブックマークコメント

9月22日(木) 小4:1人、小6:2人、計3人(男)


ぎっくり腰になったのが先週の土曜日でした。


翌日の日曜日までは寝返りだけでも大変な労力を要していました。


3日目の月曜日になるとなんとか歩くことができるようになりました。


隣町で開催されたクラシックのコンサートに行ったのがその月曜日の午後です。


火曜日には、近くの美術館で開催されていた棟方志功展に行きました。


・・・さて、昨日(木曜日)のクラブ。


参加者は3人。


先週の2人だけだったクラブの、そのときと同じ小6の2人と、その内の1人の方の弟との3人です。


たったの3人だったけど、いつものクラブと遜色はありません。


なかなか面白いクラブでした。


クラブを終えて帰宅して、夕食をとりながらの女房との会話で、こんなことを思いついて話しました。


「この間のコンサートで、演奏を聴きながら思ったんだけど、人は音楽を絵を観るようにして聴いてるんだよね」


「とすると、棟方志功展でもそんな感じだったと今になって思うんだけど、絵って音楽を聴くようにして観てるんだよね」


「クラブもそうだよなあ。それで思ったんだけど、クラブでは作品を創ってるのが子供たちで、自分はその鑑賞者なんだなあ」


・・・


クラブの終わりの15分間ばかりは、小6の2人はバスケの1対1をして、小4の子はもうひとつのコートでバスケのシュートなどをしていました。


私は、腰の調子がいまひとつであることもあって、体育館のステージの側面に腰を預けるようにして立って子供たちの様子を眺めていました。


私のすぐ前では1対1の対戦が行われ、その向こうでは1人でのシュート練習が続けられています。


人数はとても少ないけど、バスケのクラブみたいでした。


(まあ、3人はともに地元のミニバスクラブのメンバーですから)


バスケの練習をする子供たちと、それを見ている指導者である私・・・


指導しない指導者・・・


・・・そんなスポーツクラブがどこかにあればいいのにと思いました。


指導者はもっぱら子供たちの様子を眺めているだけなのに、子供たちがどんどんと進めていって、さらには大会などで高い結果をだすクラブ・・・


そんなクラブがあったとして、そこで指導者に求められる力というのは鑑賞する力なんだろうと思うのです。


それは音楽を聴く力や、絵画を観る力と、そんなには違わないものなのだろうと思うのです。


(うーん、まとまらないけど、これで終わり)

ogymogym2016/09/23 23:18聴き、奏でるのをじゃましない、観つつ、表現される様をじゃましない、

ですかね^^ なんとなく、分かるような気がします。

bunbun-hbunbun-h2016/09/24 07:52鑑賞っていうと、なんだか傍観者的な感じなんですけど、実はかなり積極的な関わりの行為なんだろうと思うのです。
まあ、少なくともなんで見守るばかりのクラブをやっていて飽きないのかが、作品とその鑑賞ということで少し説明できたような気がします。(自分自身に向けての説明ぐらいですけど)

toukonyukitoukonyuki2016/09/24 08:09眺めるのが好きっていう感じ、分かります。私も『学び合い』でいろんな姿を眺めてるのが大好きです。でも、その後にどんなコメントを(最後に)かけたらいいのかってところになると、まだ全然自信がないです。強い部活を作る先生は、そのへんのコメント力、(心の着火力?)が違うんだよなあとも思います。

bunbun-hbunbun-h2016/09/24 13:09たとえば島根の某中学校の吹奏楽部は部員が少なくて(学校の生徒数自体が少ないのですが)、演奏の最中にだれもが複数の楽器を担当して、それでもってコンクールで優秀な成績を納めているんです。そしてそれは顧問が代わっても変わらないようでもあるのです。
もってる情報があいまいで、実際のところは正確には知らないのですが、心の着火力とかなにかの力がその部には働いているんじゃないかと想像したりしています。
その部の関係者に知り合いがいるんで、いつか聞いてみようと思ってるんですが、とにかく「おー!」と思うような(ある面、常識はずれな)クラブとか部とかを観てみたいですね。