Hatena::Groupmanabiai

bunbunの記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

週1回夕方から体育館で「クラブB&J」をやっています。
平成19年3月に『学び合い』を知ったことが、クラブを始めるきっかけになりました。
クラブについては、いわみbunbunサイト というホームページで紹介しています。
いわみ濡縁ブログ という写真ブログや、bunbun-hの日記というブログもやっています。
メールアドレスは、hattori-hatibunとohtv.ne.jpを@でつないでください。

2017-11-18

誰もいないということと、誰かがいるということ

20:10 | 誰もいないということと、誰かがいるということ - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 誰もいないということと、誰かがいるということ - bunbunの記 誰もいないということと、誰かがいるということ - bunbunの記 のブックマークコメント

11月16日(木) 小5:1人(女)、小6:1人(男)、中3:1人(女)、高1:1人(男)、高2:7人(男)、計11人


高校生たちは相変わらずの安定した参加。


(参加といっても、かってにやって来て、かってにネットを張って、かってに盛り上がってバレーボールをしているのだけど、もちろんそれは大歓迎ではあるのです)


安定した参加の高校生たちはそのままかってにやらしておくこととして・・・


小6の男の子が1人でやって来ました。


この春ぐらいからやって来て、その後も時々やって来る子です。


誰か(誰かと言っても小学生の男の子で参加しているのは2~3人だけという現状なので、A君かB君かC君か、というぐらいですけど)と誘い合わせて来たのかと思ったのですが、その後も他の男の子は誰も来なかったので、自分一人でやって来たようです。


誘い合って来てくれるのはもちろん良いものですが、こうやって友達がいなくて自分一人であっても参加する子があるということも、うれしいものです。


2人で(別々に)バスケの練習をしました。


彼はシュートして、私はドリブルをする・・・


ユーチューブの動画でみた、あるバスケのドリブルの技をマスターしようと、先週のクラブに続いて今日もずっと1時間ぐらい繰り返して練習しました。


それは片脚を交互に後ろに折り曲げながら、その折り曲げた脚の下を通して双方の手を交互に使って体の後ろでボールをつき続けるというものなのですが、右手はできるようでも左手ではどうしてもうまくできません。


家でそのドリブルの技をマスターしようとして練習すれば5分もすると飽きてしまうのですが、クラブでやると1時間でも平気で続けることができます。


面白いことだと思います。


その、誰もいないところで1人でやると長く続かないようなことでも、1人ではないところで1人でやると長く続けることができるという、そのことの面白さについて論じて行きたいのですけど、その能力もないし、1人でこのまま書くのも面倒くさいので、やめます。


それから、しばらくして、いつもの姉妹がやって来て、男の子と姉妹の3人は一緒にバスケの試合を始めました。

2017-11-12

優勝

20:09 | 優勝 - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 優勝 - bunbunの記 優勝 - bunbunの記 のブックマークコメント

祝! 石見ファイターズ女子(島根県邑南町) 第44回島根県ミニバスケットボール大会 優勝!


昨夜(今朝)深夜1時までかかってつくった写真ブログの最後に「さて、矢上のバスケはこれからどんな風に展開していくのでしょう。乞うご期待!」と書いたのですけど、早速にすごい展開が来ました。


昨日の3試合でベスト4が決まっていたのですが、この(ど)田舎のチームが市部のチームを相手に今日も準決勝・決勝と勝ち進んで頂点に立ったのです。


もちろんバスケクラブが打ち立てた結果なのだけど、私はこの長年におけるこの地域の多様なバスケ状況が生み出したひとつの成果でもあるのだと思っています。


そこに感動している。


そして、これは一部の人にしかわからないことだけど、しろうくんよかったね!やったね!とも私は思ってる。


みんながやったんだよね。

bunbun-hbunbun-h2017/11/12 20:44http://manabiai.g.hatena.ne.jp/bunbun-h/20141023#1414071523

2017-11-11

この日のクラブ

11:53 | この日のクラブ - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - この日のクラブ - bunbunの記 この日のクラブ - bunbunの記 のブックマークコメント

11月9日(木) 小5:1人(女)、小6:2人(男)、中3:1人(女)、高1:1人(男)、高2:7人(男)、計12人


高校生たちはバレーの試合、小学生・中学生たちはバスケの試合、私はバスケのドリブル練習・・・


帰宅後に、この日の参加者たちのことを考えてみました。


3年前までは高校生が何人もで参加することがなかったので、それ以前のことを考えたらこの日の高校生たち8人は体育館にいなくてもおかしくないのです。


小・中学生の男女4人のうちの小5と中3の女の子は姉妹です。2人ともに7年近く前からの参加者なのですが、姉の方は小学校を卒業してからはほとんど来なくなったし、妹の方は昔から毎回参加する訳ではなくて来たり来なかったりして参加状況に波があったのですが、最近になって昔のように姉妹でやって来ています。


残りの小6の男子2人のうちの、1人はこれもまた5年ぐらい前からの参加者ではあるのですが、やはり参加状況に波があり(続けて来たとおもったら、ぱったり来なくなって、それからまたやって来て、という感じ)、もう1人の方はこの春ぐらいから時々参加するようになったのですが、この日は誘い合ってやって来たのではないかと推測しています。


高校生たちと、姉妹と、小6の男の子たちの3つのグループが参加したこの日のクラブだったのです。


高校生たちがいないと、体育館の中には小・中学生が4人だけ。


小・中学生たちがいないと、体育館の中には高校生だけ。


姉妹か、小6の男の子たちのどちらかのペアーがいないと、体育館の半分ではどちらかの2人だけ。


どれをとっても、クラブ全体としてみれば少し物足りないことになるわけで、それぞれのグループが来ているからこそのこの日のクラブであったのです。


2~3年前までは常連の参加は小学生たちだったのが、この2年近くはそれと入れ替わるようにして、ほとんど欠かさずにやって来るのは高校生たちという状況になりました。


その高校生たちは学校を卒業するまでは続けてやって来るような様子なのですが(今のところ)、この日のクラブで考えれば、卒業後はその彼らはいないことになります。


そんなことを考えたらなんだか心許ないような、ふわふわしたクラブだと改めて思うのですが、まあこれはこれでよいのです。

2017-11-04

クラブの近況

10:10 | クラブの近況 - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - クラブの近況 - bunbunの記 クラブの近況 - bunbunの記 のブックマークコメント

11月2日(木) 小5:1人(女)、中3:3人(男2、女1)、高2:6人(男)、計10人


最初の30分は、高校生たちと中3の男の子1人でした。


それから小5と中3の姉妹がやって来ました。


高校生たちはバレーの試合をして、小5と中3の姉妹はバレーのパスをしていました。


そして中3の男の子と私とはひたすらバスケのシュートを繰り返しました。


いつの頃からか、バスケにスリーポイントというルールができました。


それはリングを中心にしてある距離(7m近く)に丸く引かれたラインの外からのシュートが決まると、通常の2点に1点が追加されるというものです。


簡単に言うと、ずいぶんと遠くからシュートを決めると得点が多くなるのです。


この日のうちに最初は届かなかったボールもなんとか届くようになって、10本のうち2本ぐらいは決まる(連続して2本や3本決まったときもあった)ようにもなりました。


(ただ試合で使えるよいシュートではないだろうけど)


2人で(別々に)黙々とシュートを打ち続けました。


やがて、中3の男の子がもう1人やって来て、小5の女の子と中3の男の子2人と女の子1人の4人はバスケの試合を始めたので、私は壁際でバスケのドリブルの練習を始めました。


右手ではより上手くボールコントロールができるようになり、左手はその右手により近づくことができるようになることが課題です。(とくに左手がぜんぜんだめなんです)


クラブの終了時間が来たら、子供たちにそれを告げて、それから私はさっさと体育館のモップ掛けを始めます。


私も十分に体育館を使ったのですから、片付けもしなければなりません。


最近では、参加者の人数に応じて自分の行動を変えています。


この日のように小中学生の参加者が少ない時は(いつも体育館の半分を使ってバレーボールをしている高校生たちはもう大人みたいなものですから、参加人数の多少はほとんど関係しません)、子供たちの邪魔にならないようにして私もどんどん練習をしています。


見守る者であって、プレーする者でもある。


そんな近況です。

2017-10-28

クラブとか(「続き」的な)

20:02 | クラブとか(「続き」的な) - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - クラブとか(「続き」的な) - bunbunの記 クラブとか(「続き」的な) - bunbunの記 のブックマークコメント

10月26日(木) 小5:2人(男、女)、小6:2人(男)、中1:1人(男)、中2:1人(男)、中3:4人(男3、女1)、高1:1人(男)、高2:8人(男)、計19人


高校生は9人。


久しぶりの(ひょっとしたら初めての)クラブ参加の高校生がフルメンバーだった。


私が立っているこちら側では、小・中学生の男の子たちがバスケの試合をして、体育館の中ほどでは小学生と中学生の姉妹2人がバレーのパスをして、その向こうでは、高校生たちがバレーの試合をしている。


前にも書いたと思うけど、クラブを始めてからのこの10年のうちで、中学校を卒業して高校生になった後も引き続いて何人もでクラブにやって来るのはこの高2の子たちが初めてだった。


(「引き続いて」とは書いたのだけど、このフルメンバーのうちの4人は町外(県外もいる)の中学校からの入学者だし、さらにはその4人のうちの1人は他の子たちとは学年の違う高1の子で、その子は最近になって参加し始めたのです)


小学生たち(最近は参加が少ないけど)と、中学生たちと、高校生たち。


このクラブがこんな状況になるとは、クラブを始めた頃には想像したこともなかった。


・・・


季節外れの台風がやって来た。


幸いにして(直撃の地域には申し訳ないが)ずっと南に逸れたと思ったのに突風で白ネギが倒伏した。


それなりに広い面積なので、手直しに1日以上も掛かった。


それから数日後の昨日はそのネギの土寄せをした。


台風の前の長雨で、ずっとできなかった作業だった。


機械と手作業とで行うなかなかの重労働なので2日かけてやろうと思っていたら、新たな台風が発生し、その影響で2日目は雨と予報が変わったので慌てて1日で終えた。


ようやく乾いた土壌が雨で泥濘むと、また数日間は土寄せができなくなる。


今やらないと、収穫の時期が遅れて、積雪でだめになるかもしれない。


休まずにやり続けて、最後には腕がつり始めた。


・・・


クラブの間は、ずっとドリブルの練習をした。


これなら、子供たちの様子を眺めながらやることができる。


農業もバスケも、まだまだ、負けられない。

2017-10-22

クラブとか

19:14 | クラブとか - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - クラブとか - bunbunの記 クラブとか - bunbunの記 のブックマークコメント

10月19日(木) 小5:1人(女)、小6:2人(男)、中1:1人(男)、中3:4人(男3、女1)、高1:1人(男)、高2:7人(男)、計16人


「おっちゃん、こんどの日曜日のバスケの大会で、おっちゃんたちと対戦するんで」


と、クラブが始まったころに中3の男の子が言いました。


そして、その3日後の今日22日の日曜日、その中3の男の子たちと対戦しました。


・・・今日はこれまで。


くやしいなあ。


上手になりたいなあ。


(とてもくやしいから、これ以上書く気にならん)

2017-10-14

「現状突破とプロ意識」 ・・・ と言うよりも、単なる書き殴りのようなもの

21:18 | 「現状突破とプロ意識」 ・・・ と言うよりも、単なる書き殴りのようなもの - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「現状突破とプロ意識」 ・・・ と言うよりも、単なる書き殴りのようなもの - bunbunの記 「現状突破とプロ意識」 ・・・ と言うよりも、単なる書き殴りのようなもの - bunbunの記 のブックマークコメント

10月12日(木) 高1:1人(男)、高2:6人(男)、計7人


最初は高校生2人。


ひたすらバレーボールのサーブやトス・スパイクを繰り返しています。


その間、私はずっと一人でバスケの練習。


1時間近くしてから、部活が終わった高校生たちが加わって、バレーの試合を始めました。


私はその試合を見たり、そしてときどきバスケの練習を続けたりしました。


ところで、先週の金曜日には、パソコンを買い替えました。


ずっと不調だった携帯電話も一緒に買い替えました。


天気が雨だったので、(農作業ができないので)買い替えに出かけることができました。


それから、日曜日には地域の運動会でリレーとかを走りました。


とても暑い日でした。


翌日に、カリフラワーの収穫を始めたら、この数日間の突然の気温の上昇で急激に成長していて、いくつかが取り遅れになってしました。


早く収穫をすればよかったのですが、ずっとほかの農作業に追われていて、状況を確認する暇もなかったのです。


たぶん数千円から1万円ぐらいの損失になるんじゃないかと思います。


たった数千円ぐらいと思われるのでしょうが、これまでの労力と、それに対するささやかな収益とを考えると、なかなかきついものがあるのです。


それでも、初めてのカリフラワーの栽培から収穫・集荷までをなんとか終えることができて良かったです。


失敗も含めて、それらの新しい体験が、自分の糧になります。


そして、なによりも、そんな体験をするたびにプロ意識のようなものがふつふつと沸いてきます。


(とにかくなによりも、農業の収益を上げたい)


そんな1週間を経た後の、12日(木曜日)のクラブでした。


そして、今日はそれから2日経った土曜日です。


夕方にバスケ教室に行きました。


高校生たちと、大学生と、おじさん2人(そのうち1人は私)とで、バスケの試合をしました。


上手くはなくても、少しでも進化(変化)して行こうとすることが大切です。


現状維持ではいけません。


・・・


そういえば、ツイッターにこんなメッセージが届いていました。


『 広島の教育学部生である @○○○○_h さんから『学び合い』に興味がある旨のリプライをいただきました。bunbunさん、もし繋がれるようでしたら繋がっていただけませんか?』


懐かしいことでした。


数年前まではいろいろと活動していました。


広島、山口、岡山、高知、などへも出掛けていました。


ほんの数年ほど前のことだけどあの頃はまだまだ若かった、と思います。


あんな精力的な行動はもうできないけど、繋がりのきっかけをつくることとかは、どんどんとやって行きたいと思います。


昔とは違う、新たな行動をすることはできるはずです。


昔とは違うのです。


変化するのです。


現状突破するのです。

2017-10-05

パソコンやばい

22:12 | パソコンやばい - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - パソコンやばい - bunbunの記 パソコンやばい - bunbunの記 のブックマークコメント

10月5日(木) 小5:2人(男、女)、小6:1人(男)、中1:2人(男)、中3:3人(男2、女1)、高1:1人(男)、高2:5人(男)、計14人


ただいま、5日(木)の午後10時。


今朝からパソコンが時々、異音を出すんです。


ファンがおかしいんだと思うんですけど・・・


これから急にダウンするかもしれないんで、とりあえず今日のクラブの参加者だけ書いといて、パソコンが無事ならあさってぐらいに、「今日のクラブ」について書こうと思います。


(田舎だからパソコンのお店に行くのに1時間近く掛かるんです。明日は雨の予報で仕事ができないから行けばいいんだけど、こういうのってけっこうめんどくさいものなんですよね。携帯電話:ガラケーの調子も悪いんでついでに買い換えればいいんですけど、これもめんどう。あと、10数年ほど乗ってる自家用車もぼろぼろになってるから、近いうちに買い替えなければ・・・ああ、どれもめんどくさい)

2017-09-30

夢のことなど

20:29 | 夢のことなど - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 夢のことなど - bunbunの記 夢のことなど - bunbunの記 のブックマークコメント

28日(木)


こんな夢を見た。


クラブに、とてもたくさんの人が来る。


小学校の低学年ぐらいの子供たちと、その親御さんたちが何人もいる。


私はクラブの常連の子に何度も聞く。


「ねえねえ、あれは誰?」


「じゃあ、あれは?」


そんな夢を見たその日のクラブの参加者は、いつもの子供たちでした。


小5:1人(女)、中1:1人(男)、中3:6人(男5、女1)、高2:3人(男)、計11人


中学生の男の子たちはバスケの3対3をして、高校生たちはバレーの練習をして、小学生と中学生の姉妹はバレーのパスなどをしていました。


私は1時間ぐらい、子供たちの様子を横目で見ながらバスケの練習を一人でやりました。


そして、気がついたのですが、子供たちがそれぞれなりに活き活きと活動している場所で練習をしていると、自分の動きもどんどん活性化していき、上達していく感じがするのです。


30日(土)


土曜日のバスケ教室に行きました。


もう10年以上もこの土曜日のバスケ教室(通称:どバス)に参加しているのですが、こちらも私がやっている木曜日のクラブと同じように、昔は小学生が中心だったけど、今では小学生よりも中学生以上の参加者が多くなっています。


20代の若者2人と我々おじさんたちのチームと、中学生男子たちのチームで対戦しました。


対戦相手の中学生のほとんどは、私の木曜日のクラブに来ている子供たちです。


やっぱり、試合となると一人で練習しているときとは違います。


木曜日のクラブでの上達している感じが具現化されません。


とほほ・・・


(具現化:目標や理想を具体的に実現すること)


冒頭の夢も何らかの形で具現化されるのだろうか。

2017-09-23

引き継がれ、繰り返されていく、なにかについての断片的なこと

23:20 | 引き継がれ、繰り返されていく、なにかについての断片的なこと - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 引き継がれ、繰り返されていく、なにかについての断片的なこと - bunbunの記 引き継がれ、繰り返されていく、なにかについての断片的なこと - bunbunの記 のブックマークコメント

9月21日(木) 小5:1人、小6:1人、中1:2人、中3:5人、高2:5人、計14人(男)


22日(金)  そう遠くはないと心積もりをしていたことについての急な知らせを昼前に聞いて、この両日で行う予定だった広島菜の苗の定植を夕方までに終わらせました。


目の前にあることはやらなければなりません。


作業が終わりに近づいたころに霧雨が降り始め、全ての苗を植え終えたときにはその雨も降り止んでいました。


そして、数日間にわたっての定植の作業で疲れきった腰を伸ばして見上げた東の空には、鮮やかな虹が立っていました。


23日(土)  昨夜は、その東方の空の下にある伯父の家に行き、今夜はその通夜から帰宅してこのブログを書こうとしています。


・・・さて、木曜日(21日)のクラブ・・・


久しぶりに小学生が来ました。


その2人の小学生の内の1人は、数ヶ月前に初めて参加して、数回ほど来たけど、それから来なくなっていた子です。


そんな子がまた来てくれるのは嬉しいものです。


その子の様に、行こうかなあと思ったときに、構えることなく普通にして行けるクラブがいいのです。


(参加者が、特に小学生の参加者がずいぶんと少なくなった今の現状で、そんな悠長なことを言っていていいんだろうかとも思うけど、それでもそれでいいのです)


中3の子供たちも来ました。


小学生のころには、低学年のころからずっと、何人もでやって来ていた子供たちです。


小学生と中学生たちは全員でバスケの試合を始めました。(ちなみに高校生たちはいつものバレーボール)


中3の男の子が「バスケやるでー」などとみんなに言っています。


その中3の子供たちが小学生のときには、その年々の中3の子供たちなどが同じように声を掛けて、一緒にバスケなどをしていました。


そんなことを思ったら、ほんの一瞬だけどぐっと胸に迫るものがありました。


引き継がれていくのです。


繰り返されていくのです。


・・・


この10数年の内に、おじ、おば、たちは一人二人と旅立って行きました。


(私も今では昔の人なので両親ともに兄弟姉妹が多いのです)


自分の子供だけでなく、いとこの子供たちもすでに立派な大人になっています。


その親としての自分たちは第2の人生というものを、ある者は迎え、そしてまたある者はこれから迎えようとしています。


こういうときにこそ、そんなことを改めて知ることにもなるのです。


引き継がれ、繰り返されていく、なにかと共に。


・・・


(いずわのおじさん、よくは分からないけど、たぶんそういうことなんだよね)