Hatena::Groupmanabiai

bunbunの記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

週1回夕方から体育館で「クラブB&J」をやっています。
平成19年3月に『学び合い』を知ったことが、クラブを始めるきっかけになりました。
クラブについては、いわみbunbunサイト というホームページで紹介しています。
いわみ濡縁ブログ という写真ブログや、bunbun-hの日記というブログもやっています。
メールアドレスは、hattori-hatibunとohtv.ne.jpを@でつないでください。

2017-03-23

クラブのこと

22:00 | クラブのこと - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - クラブのこと - bunbunの記 クラブのこと - bunbunの記 のブックマークコメント

3月23日(木) 小4:1人(女)、小5:4人(男、女3)、小6:1人(男)、中3:8人(男)、高1:6人(男)、計20人


今日もクラブをやることができました。


3日前には、どうやってみんなに連絡をしようかと考えていました。


それほど差し迫ったものと考えていたのです。


なにはともあれ、今日もできてよかった。

義父のこと

21:55 | 義父のこと - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 義父のこと - bunbunの記 義父のこと - bunbunの記 のブックマークコメント

3日ばかり前の深夜に電話があって病院に駆けつけたときには、呼吸器をつけていました。


その数日前には元気に養蜂の仕事をしていました。


89歳にもなって、なんてスーパーな人なんだろうと思っていたばかりでした。


孫である長女や長男も勤めを休んで帰省して、おじいさんの顔を見て、また日々の仕事のためにそれぞれの土地へと帰って行きました。


今はとても低いところで安定しているという容態なのですが、これも時間の問題です。

2017-03-17

昨日のクラブはお休みでした

19:53 | 昨日のクラブはお休みでした - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 昨日のクラブはお休みでした - bunbunの記 昨日のクラブはお休みでした - bunbunの記 のブックマークコメント

今日は地元の小学校の卒業式でした。


小1のときから2つ上の兄と一緒に参加して、その兄が中学生になってクラブにいつもは来れなくなっても変わらずにずっと参加し続けていた男の子もこの春からは中学生です。


子供が成長するのって早いものです。


自分自身が子供の時にはそんなことは思いませんでした。


子供と大人の時間感覚が違うのでしょうか。


それとも、時の流れ方が見るものと見られるものとでは違うのでしょうか。


小学校が兼用で使っている体育館なので、今日の卒業式の準備のために昨日のクラブはお休みでした。


クラブが休みのときには毎回やっていることなのですが、飼い犬を連れて体育館に行き(ランニングの練習として一緒に走って行きました)、クラブの開始時間に誰も来ないことを確認してから再び走って帰宅しました。

2017-03-09

最大の参加者数で、最大の人口密度のクラブ

21:27 | 最大の参加者数で、最大の人口密度のクラブ - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 最大の参加者数で、最大の人口密度のクラブ - bunbunの記 最大の参加者数で、最大の人口密度のクラブ - bunbunの記 のブックマークコメント

3月9日(木) 小4:2人(男、女)、小5:4人(男、女3)、小6:2人(男)、中1:5人(男)、中2:7人(男)、中3:9人(男)、高1:8人(男)、計37人(男33、女4)


高校入試が終わったので中3の参加は増えるだろうとは思っていたのですが、開けてみたら小・中・高のどれもが最大限の参加というような様相で、クラブを始めてからの9年間での参加数の記録を4~5人は上回ることになってしまいました。


しかも、以前の30人ぐらいが参加したときとは違って、今回は体育館の半分を高校生たちが使っているので、残りの半分に小中学生の29人がひしめき合っているような状況です。


これだけの人数が狭いところで活発に動き回っているので、さすがに私も気を抜くことはできずにずっと子供たちの様子を集中して見ていました。(見ているだけなのですけど)


無事にクラブを終えて(私が終えたのではなく、子供たちが無事に終えたのです)帰宅して考えたのは次の二つのことでした。


① このクラブは毎回参加する義務はないのだから「クラブに行く?」とか「クラブに行こうぜ」などと学校で話をしているはずです。小・中・高のそれぞれでそんな子供たちの会話が行われていると思うと、嬉しくなるのでした。


② 参加者のなかには小学校の低学年か中学年のころから5~6年間に渡って毎回の様に(あるいは時折)参加している者が何人かいるのですが、そんな子供たちは私と同じようにこの数年間のクラブの変遷を体験し見続けてきた者として、今日のクラブの様子を見ているのだと思うのです(ある子とはそんな話にもちょっとなりました)。ある意味大局的にクラブを見ているのは私だけではないということなのです。


以上です。


(それと、状況に適応する子供たちの能力についても考えました。参加者が多すぎて私はびびったのですが、子供たちは問題なく活動していました)

2017-03-03

マンネリ化がない

21:00 | マンネリ化がない - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - マンネリ化がない - bunbunの記 マンネリ化がない - bunbunの記 のブックマークコメント

3月2日(木) 小6:2人、中1:1人、中2:3人、中3:1人、高1:7人、計14人(男)


10年もやっていればマンネリ化もするし、だからと言って新しい何かを呼び込むほどの気力はすでに遠く・・・


・・・山陰の冬の薄ら寒い夕暮れの中で体育館に向けて車を走らせていれば、そんなことも考えるのです。


そして、体育館の玄関には男の子が2人。


「ちょっと早く来過ぎた。寒かったー」


10年だ、マンネリ化だ、新しい何かを、なんてことは関係なくなります。


車の中から、玄関の前に立っている子供たちの姿を見ただけで私は嬉しくなるのです。


その2人は兄弟で、兄の方はこの半年ぐらい毎回来ていて(高校受験目前のためなのか彼の同級生たちはだんだん来なくなったのに彼だけは来るのです)、弟の方は数ヶ月ぐらい前に数回やって来て、それからの久しぶりの参加です。


続いて、今の小学生ではただ一人皆勤賞の、小2のころから参加している小6の男の子がやって来ました。


それから、高1の男の子が2人やって来ました。


体育館の半分のコートでは高1の2人によるバレーボール、そしてもう半分では中3の1人と小6の2人によるバスケットボール


それから30分以上が過ぎた頃から、部活を終えた中学生や高校生たちが徐々に集まって来て、高校生たちはバレーボールの試合を、小学生と中学生たちはバスケットボールの試合を始めました。


そしてそこでは、私のマンネリ化などはなんの意味もなかったのです。

2017-02-24

今日のクラブ

20:11 | 今日のクラブ - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日のクラブ - bunbunの記 今日のクラブ - bunbunの記 のブックマークコメント

2月23日(木) 小4:2人(男、女)、小5:4人(男1、女3)、小6:1人(男)、中3:3人(男)、高1:2人(男)、計12人(男8、女4)


体育館の入り口に小5の男の子が待っていました。


その男の子は何年も前から参加しているのだけど、続けて来ていたと思えばしばらく来なくなって、それからまたやって来て、そしてまた来なくなって、という繰り返しだったこともあって、今日はずいぶんと張り切っているなあと思いながら要求されるままに降りる前の車の窓からその子に体育館の鍵を渡したのですが、体育館に入ってみるとそれまでは気がつかなかった同じ学年の女の子2人もそこにいて、なるほどそれで張り切っていたのかと思ったりして・・・


・・・最終的には、前回と同じメンバーの小学生男女7人が体育館にそろって、これも前回と同じように3対4のバスケの試合をずっと続けていました。


中3の参加はここのところ少なくて、今日も3人でした。


まあ、数週間後には高校の入試があるのですから、これも無理からぬことではあります。


高校生は2人だけだったのですが、その2人で1時間ばかりバレーボール練習をして、今日は早めに体育館を後にしていました。

2017-02-17

小学生たち

15:47 | 小学生たち - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 小学生たち - bunbunの記 小学生たち - bunbunの記 のブックマークコメント

2月16日(木) 小4:2人(男、女)、小5:4人(男1、女3)、小6:1人(男)、中1:2人(男)、中3:3人(男)、高1:4人(男)、計16人(男12、女4)


最近では珍しい小学生が多い日でした。


常連の小6の男の子以外は久しぶりにやって来た子供たちです。


途中から小学生全員で3対4のバスケの試合を始めたのですが、学年も性別もいろいろなのに、そんなに相談をすることもなく、すぐにチーム分けをしてしまうのは全てを自分たちだけでやっているからこそなんだろうと思うのです。


小学生の参加が多いと、それだけで場が活性するようで、やっぱり良いものです。


中学生のうちの4人は、小学生たちが試合をしているその中ほどのところで、小学生たちの動きとは90度違う方向の動きでバスケのゲームやシュートをしていたのですが、それによって小学生たちも中学生たちも動きが滞ることはないし、それどころか逆にその交錯する状況をお互いに楽しんでいるのではないかと思ったりもしました。


高校生たちはいつものバレーボールだったのですが、今日はそのなかに中3の男の子が1人加わってずっと一緒にやっていました。


たまたまではあるのでしょうが、そんないつもとは違うちょっとした変化も小学生たちの多数の参加による活性化のひとつなのかもしれないと考えながら、子供たちの様子を眺めていました。

2017-02-10

高校生たち

17:18 | 高校生たち - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 高校生たち - bunbunの記 高校生たち - bunbunの記 のブックマークコメント

2月9日(木) 中2:2人、中3:1人、高1:5人、計8人(男)


参加者は8人だったのですが、次のような状況だったのでほとんどの時間はもっと少ない人数でした。


6時始まり 中3の男の子が来る 計1人


始まりから5分 中2の男の子(A)が来る 計2人


始まりから15分 中2の男の子(B)が来る 計3人


始まりから30分 高1の男の子が2人来る 計5人


始まりから35分 お父さんが迎えに来て中2の男の子(B)が帰る 計4人


始まりから1時間(残り30分) 部活を終えた高1の男の子たちが3人来る 計7人


始まりから1時20分(残り10分) 「今日はもう疲れたので」と言いながら中2(A)と中3の男の子が帰る 計5人


・・・ということで、最後は高校生たちと私だけになりました。


(これは初めてのことでした)

2017-02-03

動画撮影

20:35 | 動画撮影 - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 動画撮影 - bunbunの記 動画撮影 - bunbunの記 のブックマークコメント

2月2日(木) 小6:2人、中2:3人、中3:3人、高1:7人、計15人(男)


高校生たちはネットを張ってバレーの試合。


中3たちは、スリーポイントシュートの成功回数を競い合い、中2と小6たちは1対1とか2対2のバスケのゲーム。


1時間30分のほとんどはそんな様子で過ぎていきました。


それにしても、高校生たちのバレーボールは今日もえらく盛り上がっていました。


歓声とか雄たけびとか奇声とかがしょっちゅう聞えました。


ところで、クラブが始まってネットを張り終わるとすぐに、高校生の1人が梯子を使って上がることができる高いところにある窓際の柵のところ(ここってなんと言えばいいのでしょう?)にデジカメか何かを置いて動画撮影ができるようにしていました。


クラブが終わるとその同じ子がカメラを撮りに上がったので、「うまく撮れた?」と聴くと、右手の親指を立ててうなずいていました。


あとからみんなで見るのでしょうか?


何のために撮影しようと思ったのでしょう?


何にしても面白いことです。

2017-01-27

高校生たちと中学生たちと6年生

17:12 | 高校生たちと中学生たちと6年生 - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 高校生たちと中学生たちと6年生 - bunbunの記 高校生たちと中学生たちと6年生 - bunbunの記 のブックマークコメント

1月26日(木) 小6:1人、中2:1人、中3:5人、高1:6人、計13人(男)


参加者は、高1が6人、中3が5人、そして中2と小6の兄弟(この2人はこの8年来の常連参加者)の13人でした。


高校生はいつものようにネットを張ってバレーボールを始めたのですが、今回はいつもと違って得点版を使って競い合っていました。


そしてそのときにはもう一方のコートで中学生たちが3対3のバスケのゲームをしていました。


壁際に立って見ている私の左側ではバレーボール、そして右側ではバスケットボール


得点をとりながらの試合のためにいつも以上に熱がこもった高校生たちのプレーに何がしかの影響を受けているのか、中学生たちも集中してバスケをしていました。


やがて用事か何かで帰宅するらしい高校生の1人が抜けて2対3になって得点をとるのをやめたところから、中高生ともにいつものクラブの雰囲気になったのですが、その10分ぐらいの時間は体育館のなかにいる者の全員が集中していて、なかなか「大人っぽい光景」だったのです・・・


・・・と書きながら、実際それが本当にそんな風だったのか自信がなくなりもするのですが、前回のブログの最後に書いた「このクラブのこの先の姿としての可能性を垣間見るような感じ」を、そのときにもまた感じたのだと(期待も含めながら)思うのです。


(小6の男の子も彼らしい様子で過ごしていました。この春から彼も中学生なんですねえ)

2017-01-20

大人の参加

21:12 | 大人の参加 - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大人の参加 - bunbunの記 大人の参加 - bunbunの記 のブックマークコメント

1月19日(木) 中2:3人、中3:3人、高1:6人、大人:1人、計13人(男)


インフルエンザの流行です。


地元では小6と中1が学年閉鎖です。


そのためなのか、最近は比較的高くなっている平均年齢がさらにちょっと高くなりました。


大人の参加もありました。


大人といっても去年の春に地元の高校を卒業してそのまま地元で働いている社会人1年生です。


彼は、体育館にやって来るとすぐに高校生たちに混じってバレーボールの試合をやり始めました。


高校生たちの中に大人が加わって一緒にやっているその光景がなんだかうれしかったのです。


このクラブのこの先の姿としての可能性を垣間見るような感じがしました。