Hatena::Groupmanabiai

bunbunの記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

週1回夕方から体育館で「クラブB&J」をやっています。
平成19年3月に『学び合い』を知ったことが、クラブを始めるきっかけになりました。
クラブについては、いわみbunbunサイト というホームページで紹介しています。
いわみ濡縁ブログ という写真ブログや、bunbun-hの日記というブログもやっています。
メールアドレスは、hattori-hatibunとohtv.ne.jpを@でつないでください。

2017-05-19

クラブ

21:25 | クラブ - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - クラブ - bunbunの記 クラブ - bunbunの記 のブックマークコメント

5月18日(木) 小5:1人(女)、高2:6人(男)、計7人


やって来たのは(体育館の)近所の女の子。


女の子はソフトバレーボールで壁打ちの練習をして、私はバスケのドリブルの練習


やがて女の子は、「お姉ちゃんのシューズケース、間違って持って来ちゃったから、ちょっと帰って来る」と言って出て行ってしまったので、私は体育館の玄関のところにバスケットボールを抱えて座って外の風景を眺める。


クラブを始めた頃にも、誰も来ない体育館を背にして座って、一人で外の風景を眺めていたことを思い出す。


それにしても女の子はいつまで経っても戻って来ない。


戻って来る女の子の姿を思い浮かべながらそのまま座っていたら、高校生の男の子が現れる。


男の子はバレーのネットを張って一人でスパイクなどの練習を始めたので、私もまたバスケのドリブルなどの練習を始める。


女の子は、シューズケースは言い訳で、誰も来ないから帰ってしまったのかなあ、と思っているところに、やって来る。


それからは、3人で、別々に練習


クラブの始まりから1時間が経過した7時頃になって、女の子は「お母さんが仕事から帰ったから、家に帰る」と言って体育館を出る。


それからは、2人で、別々に練習


7時10分頃に、部活動を終えた高校生たちがやって来てバレーの試合を始める。


7時30分、クラブの終了時間。


いつもと違って、高校生だけだったし、この後に行われる卓球クラブの練習も今日はなかったので、「もうちょっとやってもいいよ」と彼らに言って、玄関のところに座って外の風景を眺める。


目の前には田舎の夕暮れの風景。


後ろからはバレーをする子供たちの声。


クラブを始めた10年前にはこれから何が始まるのか分からなかった。


だけど、10年が過ぎて、私の後ろにはたくさんの子供たちの声がある。

bunbun-hbunbun-h2017/05/20 06:58正確には9年と2ヶ月が経過したのですが、語呂が良いので「10年」としてます。

2017-05-12

集う場としてのクラブ

20:41 | 集う場としてのクラブ - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 集う場としてのクラブ - bunbunの記 集う場としてのクラブ - bunbunの記 のブックマークコメント

5月11日(木) 小5:1人(女)、小6:2人(男、女)、中1:3人(男)、中2:1人(男)、計7人


最初は小5の女の子と小6の男の子の2人だけでした。


人数が少ないので、私も誘われて3人でバスケの試合をしたのですが、イマイチ盛り上がらなくてすぐに終わって、それからはそれぞれでのんびりと過ごしました。


30分ぐらいしてから小6の女の子がやって来て、今度は私を含めた最初の3人にその子も交えてのバスケの試合がまた始まったのですが、やっぱりイマイチ盛り上がりません。


それからさらに30分ぐらいしてから、部活を終えた中1と中2の4人がやって来て、(私は試合から抜けて)子供たちだけによるバスケの試合が始まりました。


・・・


クラブの終わりの頃に、小学生のときはいつも来ていて、中学生になってからはまれに顔を出すぐらいだった体育館の近所に住んでいる中3の男の子が体育館に現れました。


「人数が少ないね」とその男の子が言うので、「君たちが(小学校を)卒業してからは小学生の参加があまりないからね。中3が部活を引退したり部活が冬時間になったりする秋の頃になるとまた増えると思うよ」と言うと、その時には僕も来ますからという感じで私に手を差し伸べて握手をして、その男の子は体育館から出て行きました。


・・・


これでいいのです。


集う場としてのクラブです。

2017-05-05

連休中のクラブと片付けおじさん

22:16 | 連休中のクラブと片付けおじさん - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 連休中のクラブと片付けおじさん - bunbunの記 連休中のクラブと片付けおじさん - bunbunの記 のブックマークコメント

5月4日(木) 小5:2人、中1:2人、計4人(男)


もともと片付けるのは好きなのです。


勤め人時代には異動する度に書類や倉庫の片づけを時間を見つけてはやっていました。


そんな私なので、今自分にできることはやっぱりあれなんだろうなと思ったのでしょう。


先週のクラブの後にいろいろと考え事をしていてふと思いついたのです。


さっそく翌日には、体育館を管理している地元の公民館の事務室に行って言いました。


「体育館の倉庫の片付けをやってもいい?」


倉庫には、一般の利用者が自由に使える体育館の備品(バレーボールバドミントンの支柱とネット、モップなどの掃除用具、その他)と、学校の体育館が老朽化して使えなくなった隣接する小学校が10数年前から平日の日中はこの体育館を授業などに使っているために小学校の備品(ボール、得点板、電光表示機など)も置かれています。


もちろん利用するには困らない程度の整頓はされているのですが、それでも倉庫のあちらこちらの吹き溜まりのようなところには、どう見ても不要としか思えないものが無秩序に堆積したりもしているのです。


それは善意というよりも、10年間も気ままなクラブを続けさせてもらったことへの罪滅ぼし(恩返しも)とか、この辺りで少しポイントを稼いでおいた方が良いかなとかの、どちらかと言えば打算的な思いつきなのです。


予定としてはゴールデンウィークも残り2日となる6日の土曜日が天気予報では雨だったので、その日にやろうかと考えていたのですが、クラブのために体育館に行くと、そのまま倉庫の片づけを始めました。


連休中なので誰も来ないかもしれないから、少しだけでも片づけをしておこうと考えたのです。





片づけをしていたら、クラブ開始時間の6時を少し回ったころに常連の小5の男の子がやって来ました。


それから新顔であるその男の子の同級生がやって来ました。


(連休中でスポ小の野球部の練習が休みなので来れたそうです)


そして、最初にやって来た方の子の中1の兄とその同級生もやって来ました。


「倉庫の片づけをしてるからね。いつものようにやっててね」


そう言って私は片づけを続けました。


狭い倉庫だということもあって、片付けは1時間ぐらいで終わりました。


その間ずっとドッジボール(子供たちはそれをバレーと言っていた)のようなことをしている子供たちの声がしていました。

2017-04-28

なごやかな光景

21:39 | なごやかな光景 - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - なごやかな光景 - bunbunの記 なごやかな光景 - bunbunの記 のブックマークコメント

4月27日(木) 小5:2人(男、女)、小6:4人(男1、女3)、中1:3人(男)、中2:1人(女)、高2:3人(男)、計13人


中学校も高等学校も、ともに部活の終了が冬時間から夏時間に変わって遅くなり、新入生たちも体験入部から本格的な入部へ移行したこともあって、ずいぶんと久しぶりに参加者のほとんどが小学生だけという今日のクラブの始まりでした。(小5:2人、小6:3人、高2:1人)


小5の男の子と小6の男の子と女の子2人の4人はバスケの試合をして、もう一方のコートでは高校生と小5の女の子の2人がバレーのパスなどをしています。


なごやかな光景です。


それから、それぞれが遅れて体育館にやって来たのですが、小6の女の子がバスケの試合に加わり、中1の男の子の3人が「さっき部活で11kmも走ったんでー」と言いながらバスケの試合に加わり、高校生と一緒にバレーをしていた小5の女の子もバスケの試合に加わり、最後に、お家の人が迎えに来るまでの間にと、中2の女の子がバスケの試合に加わって、小5から中2までの10人による試合がクラブの最後まで続いていました。


(残り15分ぐらいのところで、部活を終えた高2の2人がやって来ました)

2017-04-21

女の子たち

21:30 | 女の子たち - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 女の子たち - bunbunの記 女の子たち - bunbunの記 のブックマークコメント

4月20日(木) 小3:1人(女)、小5:1人(女)、中1:2人(男)、高1:2人(男)、高2:4人(男)、計10人


「体育館の近くに住んでいる小5の女の子と、その女の子に誘われてやって来たのではないかと推測される同じくこちらも体育館の近くに住んでいる小3(前々回に同級生と一緒に初めて参加した女の子)の2人」・・・


これは先週のこのブログの冒頭に書いたものなのですが、今日のクラブにも「体育館の近くに住んでいる小5の女の子と、その女の子に誘われてやって来たのではないかと推測される・・・小3(前々前回に同級生と一緒に初めて参加した女の子)の2人」がやって来ました。


でも先週と違うのは、小3の方の女の子が先週のクラブにやって来た子ではなくて、「前々前回に同級生と一緒に初めて参加して、先週のクラブに来た体育館の近くに住む女の子よりもほんのちょっと遠いところに住んでいる女の子」だったということなのです。


ところで、新しい年度がやって来ました。


これからしばらくはクラブの参加者が少なくなるものと思われます。


参加者のほとんどを小学生が占めていたころとは違って、中・高校生の参加者の方が多くなったこの数年は、春から夏に掛けて参加者が少なくなって、部活を引退した中3と、部活の終了時間が夏時間から冬時間になって早く下校できるようになった中1・中2の子供たちがやって来る秋以降からぐんと増えるのが最近の傾向なのです。


でも、今年はちょっとした変化が起こるかもしれません。(起きないかもしれないけど)


まずは小5と小3の女の子たちの動向に注目したいと思います。


(そっと期待しています)

2017-04-14

どちらに転んでも意味のあるクラブ

20:50 | どちらに転んでも意味のあるクラブ - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - どちらに転んでも意味のあるクラブ - bunbunの記 どちらに転んでも意味のあるクラブ - bunbunの記 のブックマークコメント

4月13日(木) 小3:1人(女)、小5:1人(女)、中1:4人(男)、高1:1人(男)、高2:2人(男)、計9人


体育館の近くに住んでいる小5の女の子と、その女の子に誘われてやって来たのではないかと推測される同じくこちらも体育館の近くに住んでいる小3(前々回に同級生と一緒に初めて参加した女の子)の2人は、今日はあまり活動することもなく、多くの時間を壁際に座って過ごしていました。


クラブの状況としては最初から最後までずっと、高2の2人の男の子はバレースパイクサーブ練習をして、中1の4人の男の子はバスケの2対2の試合をし、高1の男の子は1人でバスケのシュート練習をしていました。


1時間30分のクラブの時間も30分を残すばかりになった頃に、壁際に座って過ごしていた2人のうちの小5の方の女の子が中1の男の子たちのバスケの試合に加わったので、小3の女の子は1人で座ったままで、そのバスケの試合を見ていることになったのです。


なんとなく私はその1人残された小3の女の子の座っている反対側の壁際に、その女の子と同じように座って子供たちの様子を眺めながら、その女の子は取り残されたような気持ちにはなっていないのではないかと考えたりしていました。


その①として:向こうにいる「おっちゃん(私のこと)」も自分と同じように1人で見ているんだから、1人で見ているのは自分だけではない。


その②として:体育館のなかで、自分以外の人たちがみんなで同じことをしていたら、自分だけがのけ者になっているような気持ちがするかもしれないけど、ここはそうでないからそんな感じがしない。


その子の気持ちは実際のところは分からない訳で、場違いな感じを持ったりして来週からは同じようにクラブにやって来ないかも知れないのですが、続けてクラブに参加するよりも、数年先になって成長して(そのときにもクラブが続いていればの話ですが)そろそろあのクラブに行ってみようかなあと思うことにも大切な意味があるのではないかと、遠い先のことなどを考えたりしたのでした。


(でも、できたら来週も来てね)

2017-04-07

新年度

15:56 | 新年度 - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新年度 - bunbunの記 新年度 - bunbunの記 のブックマークコメント

4月6日(木) 小5:2人(男、女)、小6:1人(男)、中1:4人(男)、中3:2人(男)、高1:1人(男)、高2:5人(男)、計15人


新年度になったので新しい学年で参加人数を書きました。


小4は小5に、小5は小6に、小6は中1に、中1は中2に、中2は中3に、中3は高1に、そして高1は高2になります。


学年が変わるのは当たり前のことですが、なんだか不思議な感じもします。


クラブはいよいよ10年目に入りました。


節目の年に入ったのですが、しかしなにも変わりはありません。


子供たちはいつもと同じで、のびのびと活動をしていました。


そして、今回もお休みにすることなくクラブができたことも、不思議な感じがしています。


有難いことでした。

2017-04-01

・・・

07:37 | ・・・ - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ・・・ - bunbunの記 ・・・ - bunbunの記 のブックマークコメント

午前3時でした。好転した状況は3日間ほどでした。一眠りして昼食をとってから我が子2人を連れて妻の実家へまた行きます。残念だけど仕方がありません。でも孫2人(我が子2人)が間に合ってよかったです。

kasa1121kasa11212017/04/17 00:38大変残念です。奥様をはじめご家族の皆さんの心労がゆっくりと癒えていきますよう、祈っています。

bunbun-hbunbun-h2017/04/17 20:00ありがとうございます。生涯お世話になりました。
先日の土曜日に義父が夢に出てきたんです。夢の内容は忘れたのだけど、その夢の余韻をずっと抱えて過ごしたようだったその日の夕方に義父の家で葬儀後の最初の仏事があって、その仏事での説教でお寺さんが、「私の父親は30年ばかり前に亡くなって、その後に母親がせめて夢の中ででも会うことができたらと思うのだけどなかなかそれも叶わない、などと言っていたものだ」と話されたので、その偶然にちょっとびっくりして目の前の遺影のなかの義父の顔をまじまじと見たりしたのでした。

2017-03-31

9年経過(そして2年も)

12:45 | 9年経過(そして2年も) - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 9年経過(そして2年も) - bunbunの記 9年経過(そして2年も) - bunbunの記 のブックマークコメント

3月30日(木) 小2:2人(女)、小4:2人(男、女)、小5:1人(男)、小6:3人(男)、中1:1人(男)、中2:1人(男)、中3:4人(男)、高1:6人(男)、計20人


クラブを始めてから9年が経過しました。


その9年目の最後の日に、小2の女の子が2人やって来ました。


こんな小さな子供たちが新たに参加するということは何年ぶりなのでしょうか。


たぶん数年前から時折参加している小4の女の子が誘ったのではないかと推測しているのですが、その小4の女の子は体育館に来るなりこう言いました。


「急いで来たけど先にとられてた。でも、いいもん。関係なしにやるから」


女の子たちが来たときには、体育館の玄関側のコートには小・中学生の男の子たちがバスケをしていて、その向こう側のもう半分のコートでは何人かの高校生たちが集まって「だべって」いたのですが、その小4の女の子は小2の2人を連れて高校生のいる側のコートに行き、3人でバスケを始めました。


いつもならば高校生たちがネットを張ってバレーボールの試合をするコートで女の子たちがバスケを始めたので、どうなるのだろうかと思いながら見ていたのですが、高校生たちは思い思いにそれぞれが、バスケのシュートをしたり、2~3人で「だべって」いたり、壁に向かってバレースパイク(壁打ち)をしたり、小学生の女の子たちとバレーのパスや、壁に腹ばいになって腕相撲をしたり、そしてひと時は高校生全員でバスケの試合をしたりして、結局最後までネットを張ることはなく、小学生の女の子たちと場所を共有して過ごしていました。


クラブの時間も残り30分になったころに、小2の女の子のお祖母さんが体育館をのぞき、私に終了時間を確認して一旦帰宅したのですが、そんなときには私も外部の人の目でクラブを見るような感じになります。


高校生たちは上述したような終始ゆるい状態でしたし、お祖母さんが来られたときには、玄関側のコートで小学生の男子5人がバスケの試合を続けていたものの(彼らは最初から最後までずっと試合を続けていました)、中学生たちのほとんどの者は少し前までやっていたバスケを中断して壁際に集まって雑談などをしていたので、体育館内の全体的な状況としてはずいぶんと弛緩したものに見えるのだろうと、そのときには考えたのです。


そして、同時に思ったのは「このゆるい状況さえもクラブの大切な一部分なのだ」ということでもあったのです。


ところで、義父の容態も安定しました。(唐突ですが)


ギリギリのタイミングでかなり困難な状況ではあったようなのですが、人口呼吸機を外すことができて会話もできるようになりました。(人口呼吸機を外すことに成功したときには本人と握手をしましたよ、と主治医はおっしゃいました。ありがたいことです)


依然として予断を許さないことには変わりがないのですが、状況の好転ではあります。


我々が扱うミツバチの巣箱は、義父の巣箱が加わるのでこれまでの4倍の60箱になります。


なんとか絶やさないように維持していかなければなりません。(養蜂というものはとても手間の掛かる仕事なのです)


今年2年目となる農業の方は、栽培する野菜の種類を昨年の2倍近くに増やしました。(総面積は昨年より少し増えたぐらいです)


女房はパートの仕事の日数を減らして今後に臨みます。


私の方は早期退職をして早や2年が過ぎました。


義父の病気という残念なことによるのでもあるのですが、状況的には落ち着くところに落ち着いたということでもあるのです。


さて、クラブの10年目と退職後の3年目が始まります。

2017-03-27

メモ

20:55 | メモ - bunbunの記 を含むブックマーク はてなブックマーク - メモ - bunbunの記 メモ - bunbunの記 のブックマークコメント

(容態が安定して麻酔薬の注入がなくなったら)意識が戻った義父が口を動かしながら、そしてシーツの上に指をわずかに動かしながら私に伝えようとするのが何なのか分からなかったけど、その後に病院に行って戻って来た女房(義父の娘)の話で、そのときもそうだったのだろうというのは、「えんぴつ」。